あなたがあなたの救世主

あなたがあなたの救世主

「悟り」のこととか、この世界から「戦争」「差別」「暴力」を本当になくすという無謀な挑戦とか

あなたがあなたの救世主

NESARAとGESARA
アドレノクロム
淡路島とパソナ
ロジャー・ストーン
ロックステップ計画
火ヴァッチャ経

スピリチュアル

「水瓶座の時代」の夜明けを見よ:「グレート・コンジャクション」と「グレート・ミューテーション」

ようこそ、みなさん。 大晦日ですね。 大変な一年になりましたね。 個人的にはとても良いことがありましたし、それがこれからも長年に渡って続いていくことを希望しますし、そのために色々と頑張っていきたいと思います。 「とても良い兆候」と「とても悪い…

スピリチュアリティと陰謀、(そこで)何が起こっているのか?【海外記事より】

ようこそ、みなさん。 はじめに スピリチュアリティと陰謀、何が起こっているのか? 陰謀 vs 腐敗 陰謀と自己の死 陰謀的一体性 デヴィッド・アイクの「長くて奇妙な旅」 手を振っていないが溺れている:精神的な緊急事態の危険性 最後に はじめに このブロ…

「冬至」の意味 - 「グレート・コンジャクション」の夜 - 何にせよ、今日から「新しい時代」へ

ようこそ、みなさん。 はじめに 冬至 冬至:天文と歴史とトリビア 冬至の天文学的解説 古代から存在する冬至の行事 冬至とクリスマスの関係 最後に はじめに 今日は2020年12月21日。 「冬至」ですね。 先日の記事でご紹介した通りに「グレート・コンジャクシ…

ここからが人生のスタート - 大いなる拒絶【海外記事より】

みなさん、ようこそ。 はじめに 最近、少しばかり「暗い話」ばかり取り上げていた気がしますし、お読みいただいている方にも「もうウンザリだよ」と思われている方もいらっしゃられるかもしれません。 ※ まぁ、そういう話もちゃんと受け止めることが大事かと…

トランプ大統領が仕掛けたとされる「電子的な囮捜査」説に関する続報など

ようこそ、みなさん。 昨日の記事の続き(続報が多数出たのとファクトチェックも行われたので)になります。 kazzhirock.hatenablog.jp 調べ始めた(情報に接した)最初から、チラホラ(というより思いっきり)「QAnonの影」がチラついていたのですが、そこ…

トランプ大統領は「電子的な囮捜査」を仕掛け、それが最終的には「グレートリセット後の世界」への布石となるのであろうか?

ようこそ、みなさん。 「アメリカ大統領選挙の行方」について、また面白いというかトンデモないというか、そういう情報が出てきました。 はじめに Twitterでの未確認情報 USPS、郵送による投票を確保するためのブロックチェーン特許を提出 スティーブ・ピチ…

国連におけるオカルト主義者たち【海外記事より】

ようこそ、みなさん。 はじめに The Occult Character Of The United Nations 最後に はじめに 私は、自分で言うのもおかしいかもしれませんが、自分のことを「だいぶ精神的な人間」だと思っています。(笑) ただ、他人から「Kazzhirockさんって『スピリチ…

『ピノキオ』の秘教的解釈【海外記事より】

ようこそ、みなさん。 この記事はディズニーさんに怒られちゃうかもしれないので、すぐに消すかもしれません(笑) はじめに 2009年の記事になります。 それでは早速。 『ピノキオ』の秘教的解釈 The Esoteric Interpretation of Pinocchio 1940年に発表され…

聖なる男女 - 「Syzygy(シュジュギュイ、シュジュギー、シジジー)」の話

ようこそ、みなさん。 本日は、ほとんどの人が聞いたことのないであろう「Syzygy」について。 はじめに 「Syzygy」とは? ウィキペディアより 科学 哲学 プラトンの「饗宴」 「グノーシス主義」において 「ユングの元型象徴」において 「愛情乞食」と「Syzyg…

人智学とエコファシズム part.3

ようこそ、みなさん。 こちらの記事に関連して、先日からは「人智学とエコファシズム」について。 kazzhirock.hatenablog.jp 前回・前々回に引き続きこちらのサイトを翻訳させていただこうと思います。 Anthroposophy and Ecofascism 筆者の方は Peter Staud…

人智学とエコファシズム part.2

ようこそ、みなさん。 こちらの記事に関連して、先日からは「人智学とエコファシズム」について。 kazzhirock.hatenablog.jp 前回に引き続きこちらのサイトを翻訳させていただこうと思います。 Anthroposophy and Ecofascism 筆者の方は Peter Staudenmaier…

人智学とエコファシズム part.1

ようこそ、みなさん。 こちらの記事に関連して、今日からは「人智学とエコファシズム」について。 kazzhirock.hatenablog.jp こちらのサイトを翻訳させていただこうと思います。 Anthroposophy and Ecofascism 筆者の方は Peter Staudenmaierは、現代ヨーロ…