あなたがあなたの救世主

あなたがあなたの救世主

「悟り」のこととか、この世界から「戦争」「差別」「暴力」を本当になくすという無謀な挑戦とか

あなたがあなたの救世主

NESARAとGESARA
アドレノクロム
淡路島とパソナ
ロジャー・ストーン
ロックステップ計画
火ヴァッチャ経

【海外記事より】賭け - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その6

f:id:kazzhirock:20210416180326p:plain

賭け - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その6

Pandemic Panic

As early as February 2020, with the pandemic looming on the horizon as a huge potential liability for the Republicans, the Council for National Policy (CNP) identified three strategies that might help to avoid a loss—or at the very least muddy the waters. According to author Anne Nelson:

 2020年2月の時点で、パンデミック共和党の巨大な潜在的負債として迫ってきている中、国家政策評議会(CNP)は、損失を回避する、あるいは少なくとも水を濁すのに役立つかもしれない3つの戦略を明らかにしました。著者のアン・ネルソンによれば

washingtonspectator.org

The first involved expanding their use of data to juice Republican votes and suppress Democratic turnout. The second was to mobilize supporters in swing states to ignite Tea Party–like protests against the virus-related public safety lockdowns. The third was to deploy physicians with dubious credentials to dismiss the dangers of Covid-19 through a massive media blitz.

 1つ目は、データを利用して共和党の票を増やし、民主党投票率を下げること。2つ目は、ウイルスによる治安の悪化に抗議するティーパーティー(茶会)のような抗議活動を、有力州で支持者を集めて行うこと。3つ目は、疑わしい資格を持つ医師を派遣し、大規模なメディアを使って「Covid-19」の危険性を否定すること。

It wasn’t a great strategy, and they knew they had a weak hand. They figured that the only solution would be to somehow prevent certification of the vote, such that they could put results in play in at least a few states.

 これはあまり良い戦略ではなく、彼らは自分たちの打つ手が弱いことを知っていました。唯一の解決策は、投票の認証をどうにかして阻止し、少なくともいくつかの州で結果が出るようにすることだと考えたのです。

https://miro.medium.com/max/700/1*kI4WfZ5r54ryu9FK9K6paA.png

※ 反ロックダウンの抗議活動は、2020年4月に始まり、夏まで続きました。2020年4月、「プランデミック」のジュディ・ミコビッツ博士。(BBC; Mikki Willis, Washington Post)

www.washingtonpost.com

In April 2020, shortly after Easter, and after just about a month of lockdowns, coordinated protests emerged in about eighteen states. Filmmaker Mikki Willis, a propagandist who had also been present at Standing Rock, released the propaganda film Plandemic in April featuring discredited researcher Dr. Judy Mikovits.

 2020年4月、イースターの直後、ロックダウンが始まってから約1カ月後、約18の州で協調的な抗議活動が始まった。スタンディングロックにも参加していたプロパガンダ活動家の映画監督ミッキー・ウィリスは、4月に、信用を失った研究者ジュディ・ミコビッツ博士を起用したプロパガンダ映画『プランデミック』を公開した。

www.bbc.com

https://miro.medium.com/max/700/1*tt0VTEc0p5DVnq9evo1obw.jpeg

※ イリノイ州シカゴで行われたジョージ・フロイドの殺害事件に対する抗議活動の様子。2020年5月30日(ボイス・オブ・アメリカ

www.voanews.com

Violence over the summer in response to the murder of George Floyd helped to crystallize “Antifa” as a rhetorical foil to any right-wing factions such as the Proud Boys, Three Percenters or Oath Keepers—despite the false equivalence. While there had been established white supremacist groups for many decades, anti-fascist groups had considerably less history and organizational heft. But this ersatz match-up between two opposing “sides” imparted a menacing atmosphere of conflict.

 夏に起きたジョージ・フロイド殺害事件を受けた暴力行為により、「アンティファ」は、プラウド・ボーイズ、スリー・パーセントズ、オウス・キーパーズなどの右翼団体に対抗するレトリックとして結晶化しましたが、それは誤った同等性を示すものでした。白人至上主義のグループは何十年も前から存在していましたが、反ファシストのグループは歴史も組織力もかなり劣っていました。しかし、このような対立する2つの「サイド」の架け橋は、脅威的な対立の雰囲気を醸し出していました。

By the time people began to go to the polls in October, concerns about the integrity of the US Postal Service (vital for mail-in ballots) had reached a fever pitch, leaving many with feelings of uncertainty, and that “anything might happen.”

 10月に人々が投票に行き始める頃には、郵便投票に欠かせない米国郵政公社の健全性に対する懸念が熱を帯び、多くの人が「何が起こるかわからない」という不安を感じていました。

Meanwhile, leading CNP figures had begun to realize that they would need to deploy their full range of capabilities to retain control of power—or, crucially, to forcefully seize it in the event of an election loss. Advisors began exploring strategies they could use in the event of the loss of either the popular vote or the Electoral College, or both.

 その一方で、CNPの有力者たちは、権力を維持するために、あるいは重要なことですが、選挙で敗北した場合に権力を強引に掌握するために、あらゆる能力を展開する必要があることを認識し始めていました。アドバイザーたちは、一般投票か選挙人団のいずれか、あるいは両方で敗北した場合に使える戦略を検討し始めました

Also in February 2020, CNP member Lisa Nelson, the CEO of the American Legislative Exchange Council (ALEC), launched a strategic push to ensure state legislatures knew they would be part of any strategy to challenge the electoral vote, and that they planned to challenge individual secretaries of state and inquire “what really did happen that night?” (Ultimately, they set out to physically intervene in the states’ certification, and reportedly aimed to intercept the electoral ballots themselves.)

 また、2020年2月には、CNPのメンバーであるアメリカ立法交流協議会(ALEC)のCEO、リサ・ネルソンが、州議会が選挙投票に異議を唱える戦略の一端を担うこと、そして個々の国務長官に異議を唱えて "あの夜、本当に何が起こったのか "を問いただす計画であることを知ってもらうための戦略的な働きかけを開始した。(最終的には、州の認証に物理的に介入し、選挙投票そのものを妨害することを目指していたと言われている)。

www.cnbc.com

 

The Base

The network behind January 6th had been coalescing in 2018–2019 in meetings of CNP and the Schlafly Eagles. On September 14, 2018 at the Schlafly Eagles annual conference in St. Louis, Lt. Gen. Michael T. Flynn was awarded the inaugural “Jack Singlaub Award.” Presented by Ed Martin of the Schlafly Eagles and also of Singlaub’s own group, America’s Future, Flynn graciously accepted the award. Many people involved in promoting aspects of the operation were present, including Jack Posobiec, Cassandra Fairbanks, Mike Cernovich, Jim Hoft, and of course, Michael Flynn, his brother Joe, and his son Michael.

 1月6日の背後にあるネットワークは、2018年から2019年にかけて、CNPとシュラフライ・イーグルスの会合で合体していた。2018年9月14日、セントルイスで開催されたシュラフライ・イーグルスの年次会議で、マイケル・T・フリン中将が初代 "ジャック・シングローブ賞 "を受賞した。シュラフライ・イーグルスエド・マーティン氏と、シングローブ氏自身のグループ「America's Future」のエド・マーティン氏から贈られたフリン氏は、快く賞を受け取りました。ジャック・ポソビエック、カサンドラ・フェアバンクス、マイク・サーノヴィッチ、ジム・ホフト、そしてもちろんマイケル・フリン、弟のジョー、息子のマイケルなど、活動を推進してきた多くの人々が出席しました。

www.phyllisschlafly.com

https://miro.medium.com/max/700/1*gaVGmLwuBY4u63EtgP42kw.jpeg

※ 2018年9月14日、「2018 Schlafly Eagle Forum Award Dinner」を開催しました。(ツイッター) 

In 2019, the same gathering included even more characters who would go on to become involved in the lead up to and events of January 6th, including Scott Presler, Ali Alexander, Brandon Straka (Walkaway), Jack Posobiec, Logan Cook (Carpe Donktum), and Tony “Spooky” Shaffer. Steve Bannon, who would later go on to say on January 5th, “All hell is going to break loose tomorrow,” also spoke at the Schlafly Eagle Forum in 2019.

 2019年、同じ集まりには、スコット・プレスラー、アリ・アレクサンダー、ブランドン・ストラカ(Walkaway)、ジャック・ポソビエック、ローガン・クック(Carpe Donktum)、トニー・"Spooky"・シェイファーなど、1月6日の出来事に関わることになる人物がさらに多く参加していました。後に1月5日に「明日は大混乱になる」と発言することになるスティーブ・バノンも、2019年のシュラフライ・イーグル・フォーラムで講演を行いました。

www.cnn.com

https://miro.medium.com/max/700/1*TcJI70FA7i9CpBI1mazl_g.jpeg

※ 2019年シュラフライ・イーグル・フォーラム、9月14日開催。(ツイッター)

Stop The Steal 2020

Jack Posobiec first signaled the intention to pursue a 2020 #StopTheSteal strategy via Twitter, on September 7, 2020.

 ジャック・ポソビエックは、2020年9月7日、Twitterを通じて、2020年の「#StopTheSteal」戦略を追求する意思を初めて表明しました。

https://miro.medium.com/max/700/1*Ywpa7l3d8GlpIpGOmrOE1w.png

Two months later, when the election was called for Joe Biden on Saturday, November 7, 2020 (a moment I remember well, as I was standing on the Ellipse at the White House that morning—the same site where the January 6th rally would be organized by CNP member Kylie Kremer just two months later), the CNP network and all its allies were fully activated. This was war.

 その2ヵ月後、2020年11月7日(土)にジョー・バイデンの当選が決まったとき(その朝、ホワイトハウスのエリプスに立っていたのでよく覚えている瞬間だが、ちょうど2ヵ月後にCNPメンバーのカイリー・クレマーが1月6日の集会を主催することになる同じ場所である)、CNPネットワークとそのすべての同盟国が完全に起動した。これは戦争だった。

https://miro.medium.com/max/700/1*XDDdhMCK_u7-9DfeAE5ElQ.png

※ Cohen-Watnick, Patel, Tata, and Ellis (New York Times)

https://miro.medium.com/max/700/1*9PKoVT774ZCCKe-RQvmang.png

The New York Times, November 11, 2020.

www.nytimes.com

On November 10, Trump installed a clique of four loyalists at the Pentagon and NSA, several notches above their normal pay-grade. He placed Ezra Cohen-Watnick (a former aide to both Flynn and Devin Nunes) as Acting Under Secretary of Defense for Intelligence and Security; Anthony Tata as Acting Under Secretary of Defense for Policy; Kash Patel as Chief of staff, Defense Department; and Michael Ellis as General Counsel at NSA. This seemed to be a strategic move, but it wasn’t entirely clear why at the time.

 11月10日、トランプはペンタゴンNSAに、通常の給与等級よりも数段上の4人の忠誠者の徒党を組んだ。エズラ・コーエン=ワトニック(フリンとデビン・ヌーンズの元側近)を情報・安全保障担当国防次官代理に、アンソニー・タタを政策担当国防次官代理に、カシュ・パテルを国防総省の首席補佐官に、マイケル・エリスをNSAの法律顧問に据えたのだ。これは戦略的な動きと思われたが、当時はその理由がはっきりしなかった。

threader.app

www.nytimes.com

https://miro.medium.com/max/700/1*IvyJfnnRKHxt9O2XoUtahQ.png

※ パウエル、フリン、トランプJr. "The Plot Against the President "にて。(アマンダ・ミリウス、2020年) 

Several co-conspirators, including Patel, Stone, Flynn attorney Sidney Powell, Rudy Giuliani, Jack Posobiec, and many others, also appeared in the propaganda film, “The Plot Against the President,” available free on Amazon Prime. The film suggests that Trump was framed in an attempted deep state “coup” during the 2016 transition period—a projection of what was actually happening in 2020.

 また、パテル、ストーン、フリン、弁護士のシドニー・パウエル、ルディ・ジュリアーニ、ジャック・ポソビエックなど、複数の共犯者が、アマゾン・プライムで無料公開されているプロパガンダ映画「The Plot Against the President」に出演しています。この映画では、トランプ大統領が2016年の政権移行期にディープステートによる「クーデター」を企てられたことを示唆しており、2020年に実際に起こっていたことを投影しています。

www.amazon.com

en.wikipedia.org

Parler, a conservative clone of Twitter (created in 2018, following the suggestion by Konstantin Malofeev), had seen a massive uptick in downloads in the days following the election and was being used to attract an audience for planned Stop The Steal rallies. On November 13, I exposed details that raised questions about Parler’s possible links to Russia and to Rebekah Mercer.

 Twitterの保守的なクローンであるParler(Konstantin Malofeevの提案を受けて2018年に作成)は、選挙後の数日間でダウンロード数が大幅に増加し、計画されている「Stop The Steal」の集会の聴衆を集めるために使用されていました。11月13日、私はパーラーがロシアやレベッカ・マーサーとつながっている可能性について疑問を呈する詳細を暴露しました。

www.motherjones.com

https://miro.medium.com/max/700/1*KBYEPre0LuHCATSLrZhw4A.png

※ 11月14日と12月12日にDCで集会、11月18日にジョージア州の国会議事堂でアレクサンダーとジョーンズが集会。(NPR, Reuters, @bgonthescene)

On November 14, the date of the first Stop The Steal Rally in Washington, the Wall Street Journal confirmed that Parler was owned by an opaque shell corporation said to be funded primarily by Rebekah Mercer. (In January, she would fire CEO John Matze, replacing him with CNP member and founder of Tea Party Patriots, Mark Meckler. Parler is now the subject of an inquiry by the House Oversight committee.)

 ワシントンで行われた第1回「Stop The Steal Rally」の開催日である11月14日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、パーラー社の所有者がレベッカ・マーサーが主に出資しているとされる不透明なシェル企業であることを確認しました。レベッカ・マーサーは、1月にCEOのジョン・マッツェを解雇し、CNPのメンバーでTea Party Patriotsの創設者であるマーク・メクラーを後任に任命しています。パーラーは現在、下院の監視委員会の調査対象となっている)。

www.wsj.com

www.reuters.com

oversight.house.gov

Alexander and Alex Jones did a dry run at the Georgia capitol on November 18. A second stop the steal rally was organized for December 12. Jones, Flynn, Stone, and Alexander were speakers at all three main events on November 14, December 12, and January 5–6.

 アレクサンダーとアレックス・ジョーンズは、11月18日にジョージア州の国会議事堂で予行演習を行いました。12月12日には2回目のstop the steal集会が開催されました。ジョーンズ、フリン、ストーン、アレクサンダーは、11月14日、12月12日、1月5~6日の3つのメインイベントすべてで講演を行いました。

Michael Flynn was pardoned by the president and by William Barr on November 30, 2020. He and his attorney Sidney Powell met with the president on December 18 to convince him to declare martial law. White House Counsel Pat Cipillone is said to have talked him out of it.

 マイケル・フリンは、2020年11月30日に大統領とウィリアム・バーから恩赦を受けた。彼は弁護士のシドニー・パウエルと共に12月18日に大統領と会い、戒厳令を宣言するよう説得した。ホワイトハウス・カウンセルのパット・チピローンが彼を説得したと言われている。

www.politico.com

abcnews.go.com

The danger was palpable. On Sunday, January 3, anticipating what appeared to be brewing within the defense and intelligence community, all ten living former Secretaries of Defense issued a joint letter, stating: “Civilian and military officials who direct or carry out such measures would be accountable, including potentially facing criminal penalties, for the grave consequences of their actions on our republic.

 危機感が走りました。1月3日(日)、国防・情報コミュニティで何かが起こりそうな気配を察知した元国防長官10人全員が、次のような共同書簡を発表しました。「このような措置を指示・実行した文民・軍人は、その行動が共和国にもたらす重大な結果に対して、刑事罰を受ける可能性を含めた説明責任を負うことになる」と述べている。

For a full account of the lead-up, see this exhaustive play-by-play going back to September from The Atlantic Council’s Digital Forensics Lab.

 これまでの経緯については、アトランティック・カウンシルのデジタル・フォレンジック・ラボが9月に発表した詳細な記録をご覧ください。

www.justsecurity.org

 

A Disaster Unfolds

https://miro.medium.com/max/700/1*Ioqq9A-rx0ZAEETdPyTKwQ.jpeg

※ 2020年11月の選挙結果に対する米議会の認証を前に、フリーダムプラザで行われた集会で警備員に挟まれるロジャー・ストーン氏(ドナルド・トランプ米大統領の元顧問)=2021年1月5日、米ワシントンでの抗議活動中。(CNN)

www.cnn.com

By January 5, the chief conspirators were chanting in unison. From a later CNN report (“How Trump allies stoked the flames ahead of Capitol riot”) about that day:

 1月5日には、主な共犯者たちが一斉に唱和していた。その日のことを後のCNN報道(「How Trump allies stoked the flames ahead of Capitol riot」)から。

www.cnn.com 

Steve Bannon evoked the beaches of Normandy. Michael Flynn drew comparisons to Civil War battlefields and spoke of Americans who died for their country. Roger Stone called it a struggle “between the godly and the godless, between good and evil.” Rudy Giuliani called for “trial by combat.” Ali Alexander said it would be a “knife fight.”

 スティーブ・バノンは、ノルマンディーの海岸を連想させました。マイケル・フリンは南北戦争の戦場になぞらえて、国のために死んだアメリカ人について語りました。ロジャー・ストーンは、この戦いを「神を信じている者と信じていない者、善と悪の戦い」と呼びました。ルディ・ジュリアーニは、"戦闘による裁判 "を呼びかけました。アリ・アレクサンダーは、"ナイフの戦い "になるだろうと言いました。

 

CNP members were key players in the preparation and execution of the failed coup. Author Anne Nelson has documented CNP’s extensive involvement in her excellent piece published February 22. Dr. Simone Gold pushed COVID disinformation, and was inside the Capitol on January 6th. Sidney Powell worked with Flynn and lawyer Lin Wood on ludicrous legal strategies and typo-laden lawsuits. Cleta Mitchell pleaded, with Trump, to Georgia’s Brad Raffensperger for 11,781 votes. Dr. Scott Magill, of Veterans in Defense of Liberty, summoned veterans and bikers to participate, saying “our battle cry shall be, ‘We will not concede!’”

 CNPのメンバーは、失敗したクーデターの準備と実行に重要な役割を果たした。作家のアン・ネルソンは、2月22日に発表された素晴らしい記事の中で、CNPの広範な関与を記録しています。シモーネ・ゴールド博士は、COVIDの偽情報を流し、1月6日には国会議事堂内にいた。シドニー・パウエルは、フリンやリン・ウッド弁護士と協力して、おかしな法的戦略や誤字脱字の多い訴訟を行った。クレタ・ミッチェルは、トランプと一緒に、ジョージア州のブラッド・ラフェンスパーガーに11,781票を嘆願しました。Veterans in Defense of LibertyのScott Magill博士は、退役軍人やバイカーを召集し、"我々の戦闘の掛け声は、「我々は譲歩しない!」とする "と述べました。

washingtonspectator.org

www.washingtonpost.com

www.exposedbycmd.org

CNP heavyweight Ginni Thomas, wife of Clarence Thomas, enthusiastically supported the January 6th coup; she recanted weeks later. Charlie Kirk helped coordinate transportation to the rally. Brent Bozell IV, son of CNP 30-year executive committee veteran Brent Bozell III, entered the Senate chamber and directed C-SPAN’s camera at the floor.

 クラレンス・トーマスの妻であるCNPの重鎮ジニー・トーマスは、1月6日のクーデターを熱心に支持していましたが、数週間後に撤回しました。チャーリー・カークは、集会への交通手段の手配をしてくれました。CNP執行委員会歴30年のベテラン、ブレント・ボーゼル3世の息子、ブレント・ボーゼル4世が上院議員会館に入り、C-SPANのカメラを議場に向けた。

www.washingtonpost.com

www.washingtonpost.com

https://miro.medium.com/max/1000/1*joK6wPFV2q1Seu1bL1KphA.png

※ CNPのシモーネ・ゴールド博士、1月6日にキャピトルで開催された Mikki Willisと "Plandemic "のDavid Martin博士が出演するイベントの広告。(Washington Post, Facebook)

On January 3rd, Kylie Kremer, daughter of CNP’s Amy Kremer (who founded Tea Party Patriots with now-Parler CEO Mark Meckler), took out the permit for the rally at the Ellipse. “Plandemic” filmmaker and Standing Rock operative Mikki Willis joined and praised the violent mob, and David E. Martin from Plandemic II spoke at the MAGA Freedom Rally on January 5th. Ali Alexander is, at the time of this writing, “at large,” hosting chats on social audio app Clubhouse, even as others whose involvement was minimal in comparison have been arrested.

 1月3日には、CNPのエイミー・クレマー(現パーラーCEOのマーク・メクラーと一緒にティーパーティー・パトリオットを設立した)の娘であるカイリー・クレマーがエリプスでの集会の許可証を出した。"Plandemic "の映画監督でスタンディングロック工作員であるミッキー・ウィリスは、この暴力的な暴徒に参加して賞賛し、"Plandemic II "のデビッド・E・マーティンは、1月5日に開催されたMAGAフリーダムラリーで講演しました。アリ・アレクサンダーはこの記事を書いている時点では「逃亡中」で、ソーシャル・オーディオ・アプリ「Clubhouse」でチャットを主催していますが、それに比べれば関与の度合いが低い他の人々は逮捕されています。

www.washingtonpost.com

conspirituality.net

magafreedomrallydc.com

※ 1月8日、ワシントン・ポストの国家安全保障担当記者グレッグ・ミラーは、この遅れはトランプが設置した忠誠主義者たちのせいだとしている--実際には11月に設置されたのだが。(Twitter)

The Pentagon’s three hour and 19 minute delay in sending National Guard troops was a key cause of the breach of the US Capitol. Capitol Police and the Pentagon have advanced conflicting narratives. The Washington Post reported that some of the delays in making the decision to send troops to the Capitol were caused by the team of loyalists installed by Trump on November 10. Additionally, Michael Flynn’s brother, Lt. Gen. Charles Flynn, was part of that decision—a fact that the Army initially lied about. We still do not have a coherent explanation for what happened at the Pentagon that day, and where Flynn himself was as this unfolded. Congress must launch a full investigation.

 ペンタゴンが州兵の派遣を3時間19分遅らせたことが、米国連邦議会議事堂の侵入の重要な原因となった。議事堂警察とペンタゴンは、相反するシナリオを進めています。ワシントン・ポスト紙は、連邦議会議事堂への部隊派遣の決定が遅れた原因の一部は、11月10日にトランプ大統領が設置した忠実なチームにあると報じた。また、マイケル・フリンの弟であるチャールズ・フリン中将がその決定に参加していたという事実は、当初、陸軍が嘘をついていたことになります。あの日、ペンタゴンで何が起きたのか、そしてフリン自身がどこにいたのか、いまだにまとまった説明ができていない。議会は完全な調査を開始すべきである。

www.politico.com

www.washingtonpost.com

https://miro.medium.com/max/700/1*ePsTYj54BrOO1V_8v9Zhnw.png

※ TheRightSide TVのビデオで、1月6日の事件に深く関与していると研究者が考えているVCDL(Virginia Citizens Defense League)のポスターを見せるマイケル・フリン(左)。(vcdl.org)

Heavy participation from people in the military and intelligence community in promotion, preparation, and execution of the event suggests a coordinated networked insurgency. As reported in Part 4, a network of former military and intelligence veterans were instrumental in promoting and advancing the narratives associated with QAnon and that ultimately led to the insurrection.

 イベントの推進、準備、実行に軍や情報機関の関係者が深く関わっていたことは、ネットワークで連携した反乱を示唆しています。第4回で報告したように、元軍人や情報機関のベテランたちのネットワークが、QAnonに関連したナラティブを促進・推進し、最終的に反乱につながったのです。

davetroy.medium.com

https://miro.medium.com/max/125/1*Fph8eU1nxFNw59wm09XBRA.gif

VCDL logo (vcdl.org)

Additionally, researchers examining the Virginia Citizens Defense League believe that Flynn was directly networked with that group, per the poster on his wall in the video above bearing their logo.

 さらに、バージニア州の市民防衛リーグを調査している研究者は、上のビデオでフリンの壁に貼られていたポスターに同リーグのロゴがあることから、フリンは同グループと直接つながっていたと考えている。

https://miro.medium.com/max/1000/1*TLmJDVVqAzn9I8JJq6VnTg.png

※ "フィアット・カレンシーに反対するプロ・ゴールドの「民間軍事企業」ゴールド・コープ社の "ジョーク "です。(2021年1月5日、2020年12月5日)

Another group, GoldCorp (said to be a “joke meme group,” with the Twitter bio “PREMIER NON-FIAT PMC”), toured the Capitol on January 5th and left menacing stickers, with the help of collaborators inside Congress.

 また、GoldCorpというグループ(「ジョーク・ミーム・グループ」と言われており、ツイッターでは「PREMIER NON-FIAT PMC」という経歴を持つ)は、議会内部の協力者の助けを借りて、1月5日に国会議事堂を巡回し、威嚇的なステッカーを残しました。

twitter.com

www.radio.com

www.rollcall.com

Marjorie Taylor Greene (who now represents much of Larry McDonald’s Georgia district 🤯 ) told people in a 2019 video to “flood the Capitol.”

 Marjorie Taylor Greene(現在、ラリー・マクドナルドのジョージア州の地区の多くを代表しています🤯)は、2019年のビデオで人々に "議事堂に殺到するように "と伝えました。

www.cnn.com 

What We Think We Know

The events of January 6th were the expression of a long-standing conflict between two powerful networks. Like two tectonic plates colliding, the conflict resulted in the release of energy in the form of violence, bewilderment, and the rupture of the values and norms of democracy.

 1月6日の出来事は、2つの強力なネットワーク間の長年にわたる対立の表れでした。この対立は、2つの地殻プレートが衝突するように、暴力、困惑、民主主義の価値観や規範の崩壊という形でエネルギーを放出する結果となりました。

The paradigms of left or right and Democrat or Republican have negative utility when trying to evaluate what occurred here, as these networked conflicts are longstanding and have persisted through time. This conflict has roots in the 20th century world wars, and in the US civil war. In history, themes ebb and flow, and some long-standing conflicts return repeatedly over time until a new consensus can be synthesized.

 このようなネットワーク化された紛争は、長期にわたって持続しているため、ここで起こったことを評価しようとする場合、左派や右派、民主党共和党といったパラダイムは否定的な効用しかありません。この対立は、20世紀の世界大戦やアメリカの内戦にルーツがあります。歴史上、テーマには波があり、長年の対立は、新たなコンセンサスが得られるまで、時間をかけて繰り返し起こるものです。

In this case, I believe the primary conflict can be traced back to the idea of “molestation,” and a deep-seated human obsession with the idea of “property.” For some, it is a primary concern. For others, it is secondary to the well-being of society as a whole. We may never fully resolve this, and indeed people who are most enamored with “property,” have developed extensive frameworks predicated on the concept and informed by the non-aggression principle: libertarianism and paleo-conservatism.

 この場合、主な対立点は、「痴漢」という考え方と、「財産」という考え方に対する人間の根深い執着心にまで遡ることができると思います。ある人にとっては、それが第一の関心事です。ある人にとっては第一の関心事であり、ある人にとっては社会全体の幸福のための二次的な関心事です。この問題を完全に解決することはできないかもしれませんが、実際、「財産」に最も強い関心を持つ人々は、「財産」の概念を前提とし、不可侵原則に基づいて、リバタリアニズムや古来の保守主義といった大規模なフレームワークを開発してきました。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

A world rooted in the “gold standard” is closer to what libertarians think is a “just” system. Opponents suggest it is also one more likely to fall victim to boom and bust cycles, fascist and authoritarian tendencies, and war and famine. Bitcoin is an attempt to enshrine the libertarian value system in code, and its advocates would very much like to migrate global finances entirely to it. They also tend to believe that intelligence should be used as a tool to keep “subversives” (namely, anti-property ‘communists’) in line.

 「金本位制」に根ざした世界は、自由主義者が考える「正義」のシステムに近い。反対派は、好景気と不景気のサイクル、ファシスト権威主義の傾向、戦争と飢餓の犠牲になる可能性が高いと指摘している。ビットコインは、リバタリアンの価値観をコード化したもので、提唱者は世界の金融をすべてビットコインに移行させたいと考えています。また、彼らは「破壊者」(つまり反財産主義の「共産主義者」)を抑えるためのツールとして、インテリジェンスを利用すべきだと考える傾向がある。

For most people, these are arcane and counterproductive points of debate. Most people just want to have a comfortable life where they can stay healthy, do some good, achieve some goals, and enjoy the comforts of family.

 ほとんどの人にとって、これらは難解で逆効果の議論です。ほとんどの人は、健康を維持し、良いことをし、目標を達成し、家族との団らんを楽しむことができる快適な生活を望んでいる。

In the end, it’s about trust. Ideological libertarians want a world where trust is not necessary, because they do not think people or institutions are trustworthy. Most other people feel differently, and believe that trust is not only possible but necessary in order to build a workable world. And some see positive points on both sides of the argument.

 最終的には「信頼」の問題です。イデオロギー的なリバタリアンは、人や組織が信頼できないと考えているため、信頼が必要ない世界を望んでいます。しかし、他の多くの人々はそうではなく、実行可能な世界を構築するためには、信頼が可能であるだけでなく、必要であると考えています。また、双方に良い点があると考える人もいます。

https://miro.medium.com/max/1000/1*xDmrCjOeACvUtZUf_5nemg.jpeg

 ※ 2021年1月6日に至るまでの出来事やグループを描いたラフスケッチです。

At this point, you will not be surprised to learn that Jack Singlaub was obsessed with gold, and traveled to the Phillippines in 1988 to recover Yamashita’s gold, stashed at the end of World War II. CNP researcher Anne Nelson was in the room in 1988 when he delivered funds to Malacanang Palace, related to his hunt for gold—a hunt that may have been partly successful. Pieces of this story even became part of QAnon folklore, whether true or not.

 ジャック・シングローブが金に執着し、第二次世界大戦末期に隠した山下の金塊を取り戻すために1988年にフィリピンに渡ったことを知っても、皆さんは驚かないだろう。1988年、ジャック・シングラウブがマラカナン宮殿に金塊を届けたとき、CNP研究員のアン・ネルソンはその場にいた。彼の金塊探しは一部成功したかもしれない。この話の一部は、事実かどうかにかかわらず、QAnonのフォークロアの一部となった。

www.washingtonpost.com

web.archive.org

Others have begun to notice that the same people who infiltrated Standing Rock and promoted QAnon were deeply involved in Occupy Wall Street chapters around the world. Lisa Clapier, the QAnon figure known as “SnowWhite7IAM” ran communications for Occupy LA.

 スタンディングロックに潜入してQAnonを推進した人物が、世界各地のウォール街を占拠する支部に深く関わっていたことに気づく人も出てきました。「SnowWhite7IAM」として知られるQAnonの人物、Lisa Clapierは、Occupy LAのコミュニケーションを担当していました。

This won’t be settled anytime soon. But we can expose it to sunlight. We can stop bickering over the daily stream of provocations and focus on the broader themes of history. We can understand that political technologists are using our “common sense” notions as leverage to radicalize people into increasingly unruly factions.

 これはすぐには決着がつかないだろう。しかし、私たちはこの問題に日の光を当てることができます。日々繰り返される挑発行為に喧嘩を売るのではなく、歴史上のより広いテーマに焦点を当てることができるのです。政治的な技術者たちが、私たちの「常識」という概念を梃子にして、人々をますます手に負えない派閥に過激化させていることを理解することができるのです。

davetroy.medium.com

https://miro.medium.com/max/1000/1*DcbtJBmwKYeIA44Ih-yFcA.png

※ スティーブ・バノンと郭文貴(ツイッター)、法輪功の「Epoch Times」など2021年1月6日の反中共の様子(パーラー

The concept of “Russian meddling” was a bad frame. Rather, we are confronting a global network of ruthless aligned interests that is willing to use fascism and the banner of “anti-communism” to gain and retain power. And that network includes participants in the United States, Russia, UK, Europe and many other countries. Russia’s activity in the United States was a collaboration between peers—not an outside intervention. And we must also hold the Chinese Communist Party accountable for its many gross human rights violations.

 「ロシアのお節介」という概念は、悪いフレームでした。むしろ私たちが直面しているのは、ファシズムや「反共産主義」の旗印を利用して権力を獲得・維持しようとする、冷酷な利害関係者のグローバルネットワークなのです。そのネットワークには、アメリカ、ロシア、イギリス、ヨーロッパなど、さまざまな国の参加者が含まれています。ロシアの米国での活動は、仲間同士の協力関係であり、外部からの介入ではありません。また、中国共産党が行っている数々の重大な人権侵害の責任を追及しなければなりません。

The lust for power, sex, and wealth knows no bounds, and unless we expose and control it, it will fully and permanently overwhelm the institutions of democracy.

 権力欲、性欲、富欲はとどまるところを知らず、我々がそれを暴き、コントロールしない限り、民主主義の制度を完全かつ永久に圧倒してしまうだろう。

The good news is we know what’s happening. Now, we need to tell the story— and do something about it.

 良いニュースは、何が起こっているかがわかっていることです。今、私たちはその事実を伝え、何かをしなければなりません。

 

(翻訳ここまで) 

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】痴漢行為、キャンセルカルチャー、QAnon - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その5

f:id:kazzhirock:20210415161936p:plain

痴漢行為、キャンセルカルチャー、QAnon - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その5

https://miro.medium.com/max/1400/1*BnM-BoaMfLqHnHVvG7TkNg.png

※ ロバート・ルフェーヴル監督作品「A Basis for Morality」より(Rampart College; YouTube

 

痴漢行為リバタリアニズム

Today when people talk about molestation, they are almost always talking about sexual molestation. This wasn’t always the case. In the past, it had been used in connection in discussion of libertarian theory, which has since gone on to inform so-called “paleoconservative” political philosophies.

 現在、痴漢といえば、ほとんどが性的な痴漢のことを指しています。しかし、以前はそうではありませんでした。過去には、いわゆる「古保守」と呼ばれる政治哲学に影響を与えたリバタリアン理論の議論に関連して使われていました。

en.wikipedia.org

In libertarianism, molestation describes the subversion of the will of another. If someone has a cookie, and someone else takes it, the taker is “molesting” the cookie’s owner. This sounds nutty to a modern reader, but when this theory was being advanced in the 1950’s, it sounded more normal than it does today.

 リバタリアニズムでは、痴漢行為は他人の意志を破壊することを説明します。誰かがクッキーを持っていて、他の誰かがそれを取ったら、取った人はクッキーの持ち主に「痴漢」をしていることになります。これは現代の読者には奇妙に聞こえるかもしれませんが、この理論が提唱されていた1950年代には、現在よりも普通に聞こえました。

https://miro.medium.com/max/880/1*7eoa5qIvekhbtuTUCJDbTg.png

※ 米陸軍航空隊の制服を着たロバート・ルフェーヴル(1944年)。(ウィキペディア)

One of the best known advocates of this concept was Robert LeFevre. He lectured extensively on the idea of molestation and what he saw as the cure to the so-called “non-aggression principle.”

 この概念を提唱した最も有名な人物の一人がロバート・ルフェーヴルである。彼は、痴漢の考え方や、いわゆる "非侵略主義 "の治療法として、広範囲に渡って講義を行いました。

en.wikipedia.org

wiki.mises.org

LeFevre and other hardline libertarian thinkers asserted that any “aggression” is inherently illegitimate, where “aggression” is defined as the “initiation” of physical force against persons or property, the threat of such, or fraud upon persons or their property.

 ルフェーヴルをはじめとする強硬なリバタリアン思想家は、いかなる「侵略」も本質的に違法であると主張しました。ここでいう「侵略」とは、人や財産に対する物理的な力の「開始」、そのような脅威、または人やその財産に対する詐欺行為と定義されます。

wiki.mises.org

wiki.mises.org

youtu.be

“Sacrifice and Molestation” by Robert LeFevre, distributed by the Ludwig von Mises Institute (YouTube)

To followers of this philosophy, taxation was a kind of aggression, as was any sort of intervention of any kind—to the point where government itself was seen as a violation of one’s individual rights. Because he was opposed to government, critics called LeFevre an “anarchist.” LeFevre responded by refining his views, claiming he was an “autarchist” — in favor of individual sovereign self-rule. He claimed that “natural law” is above the law of the state.

 この思想の信奉者にとって、税金は一種の侵略であり、あらゆる種類の介入であり、政府そのものが個人の権利を侵害するものと考えられていた。政府に反対していることから、評論家はルフェーヴルを「無政府主義者」と呼んだ。これに対してルフェーヴルは、個人の主権による自己統治を支持する「オートアーキスト」であると主張し、意見を変えた。彼は、「自然法」が国家の法よりも上位にあると主張した。

en.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

LeFevre was extremely influential, and advanced his philosophies to high-profile students through multiple educational institutions he founded, including Freedom School, Rampart College, and The Rampart Institute. LeFevre recruited notable proto-libertarian thinkers such as Ludwig von Mises, Milton Friedman, and Rose Wilder Lane as teachers.

 ルフェーヴルは非常に大きな影響力を持ち、フリーダム・スクール、ランパート・カレッジ、ランパート・インスティテュートといった複数の教育機関を設立して、自分の哲学を著名な学生たちに伝えていた。ルフェーヴルは、ルートヴィヒ・フォン・ミーゼスミルトン・フリードマン、ローズ・ワイルダー・レーンなどの著名な原始的リバタリアン思想家を教師として採用した。

mises.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/1400/1*ufSivkR6SJJcTWnSPsUujg.png※ ジェーン・メイヤー著『Dark Money』より抜粋。(2017)

 

Jane Mayer reported in her book Dark Money (2017) that LeFevre recruited one follower who would go on to become very influential, Charles Koch. Through his father Fred’s connection to the John Birch Society, Robert Love of the Love Box Company introduced Charles to LeFevre’s school. Koch would go on to provide financial support to the Freedom School and also serve as an executive and trustee.

 ジェーン・メイヤーは、著書『ダーク・マネー』(2017年)の中で、ルフェーヴルが、後に大きな影響力を持つことになるチャールズ・コッチという一人のフォロワーを勧誘したことを報告している。父フレッドのジョン・バーチ・ソサエティとのつながりで、ラブ・ボックス・カンパニーのロバート・ラブがチャールズにルフェーヴルの学校を紹介したのだ。コッチはその後、フリーダムスクールに資金面での支援を行うとともに、役員や評議員を務めることになる。

www.amazon.com

Another notable graduate of the Freedom School was Kerry Thornley, one of the founders of Discordianism, a kind of “parody religion” which exerted an outsized influence on later cultural movements.

 また、フリーダムスクールの卒業生には、後の文化運動に多大な影響を与えた「パロディ宗教」であるディスコーディアニズムの創始者の一人、ケリー・ソーンリーがいます。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/880/1*q4fgL9bB-pgcsH752EMaXw.jpeg

※ ガイ・バラードとエドナ・バラード、背景にはサン・ジェルマン。(ウィキペディア)

en.wikipedia.org

But before LeFevre founded the Freedom school, and a brief stint in the US Army Air Corps, he had been indicted in 1940 for his participation in the “I AM” movement, along with its founders, Guy and Edna Ballard. According to Mayer, “I AM” was a movement that “worked audiences into frenzies as they chanted in response to Franklin and Eleanor Roosevelt’s names, ‘Annihilate them!’.” The growth of the “I AM” activity was closely aligned with rise of American fascism in the 1930’s.

 しかし、ルフェーヴルはフリーダムスクールを設立し、アメリカ陸軍航空隊に短期留学する前に、1940年に「I AM」運動に参加したことで、その創始者であるガイ・バラードとエドナ・バラードとともに起訴されていたのである。メイヤーによると、「I AM」は、"フランクリンとエレノア・ルーズベルトの名前に呼応して「奴らを殲滅せよ!」と唱え、聴衆を熱狂させた "運動であった。「I AM」の活動の拡大は、1930年代のアメリカのファシズムの台頭と密接に関係していた。

ja.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/1400/1*WZvsSsrAItvjHfKpQERIsA.png※ ジェーン・メイヤー著『ダーク・マネー』(2017年)より抜粋、『ロサンゼルス・タイムズ』(1940年8月29日付)。また、マーク・エイムズの記事「Meet Charles Koch's Brain」も引用しています。

www.nsfwcorp.com

The “Mighty I AM” movement persists today in the form of the St. Germain Foundation, based near Chicago, as well as through another branch, the Church Universal and Triumphant, based in Livingston, Montana.

 この「マイティ・アイ・アム」運動は、現在、シカゴ近郊に拠点を置く「サンジェルマン財団」や、モンタナ州リビングストンに拠点を置く「普遍的で勝利に満ちた教会」という形で存続しています。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/2400/1*sw3yj1ubVBnJULbiM9IrMA.jpeg

キャンセルカルチャー(粛清文化)

For centuries, there have periodically been false allegations that Jews murder Christians — especially children — to use their blood for ritual purposes. It has persisted despite Jewish denials and official repudiations by the Catholic Church and many secular authorities. Most commonly, this is called the “Blood Libel Myth.”

 何世紀にもわたって「ユダヤ人がキリスト教徒(特に子供)を殺害し、その血を儀式に利用している」という誤った疑惑が定期的に提起されてきた。ユダヤ人が否定し、カトリック教会や多くの世俗的権威が公式に否定しているにもかかわらず、このようなデマは続いている。一般的にこれは "血の名誉毀損 "と呼ばれている。

www.adl.org

Around 1902, a new piece of propaganda, The Protocols of the Elders of Zion appeared in Russia and was quickly disseminated around the world. A hoax, it alleged a global Jewish conspiracy to control the world. Today, holocaust deniers such as David Icke wrongly assert the factuality of “Protocols.” Both ‘Blood Libel’ and ‘Protocols’ have been readily incorporated into modern conspiracy thinking and have proven to be very resilient, if false, myths. On March 16, 2021, (the day this piece was published), a Capitol Police officer was suspended for having a copy of “Protocols” at his desk.

 1902年頃、新たなプロパガンダシオン長老の議定書ロシアで発表され、瞬く間に世界中に広まった。その内容は、世界を支配するユダヤ人の陰謀を主張するデマであった。今日、デイビッド・アイクのようなホロコースト否定派は、『議定書』の事実性を誤って主張している。「血の名誉毀損」も『議定書』も、現代の陰謀論に容易に取り入れられ、誤った神話であっても、非常に弾力性のあるものであることが証明されている。2021年3月16日(この記事が掲載された日)、国会議事堂の警察官が『議定書』のコピーを机に置いていたことで停職処分を受けた。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

www.washingtonpost.com

https://miro.medium.com/max/1400/1*BvczFxBsYGVzpiRwCz15sg.png

In recent years we have seen the rise of what’s come to be called “cancel culture,” wherein people who have been revealed as sexually transgressive are subjected to public reprobation. Whether it is for alleged abuse of children (Woody Allen), abuse of women (Harvey Weinstein; Bill Cosby), or even just behavioral impropriety in this area (Al Franken; Garrison Keillor; Andrew Cuomo), we are now all very familiar with what it means to be culturally “cancelled.” (And to be clear, there is no excuse for abusive behavior.)

 近年、「キャンセル・カルチャー(粛清文化)」と呼ばれるものが台頭してきています。これは、性的に不適切であることが明らかになった人々が、世間から非難されるというものです。子供への虐待(ウディ・アレン)、女性への虐待(ハーヴェイ・ワインスタインビル・コスビー)、あるいはこの分野での不適切な行為(アル・フランケン、ガリソン・ケイラー、アンドリュー・クオモ)などの疑惑にかかわらず、私たちは今や文化的に「キャンセル」されることが何を意味するのかをよく知っています。虐待行為の言い訳にはなりません。

A 2001 paper, commissioned by 4th Generation Warfare architects Paul Weyrich and William Lind, and authored by Catholic activist Eric Heubeck, offers a preview of what would become “cancel culture”:

 第4世代戦争の設計者であるポール・ウェイリッチとウィリアム・リンドに依頼され、カトリックの活動家であるエリック・ホイベックが執筆した2001年の論文は、後に「粛清文化」となるものを予見させるものである。

web.archive.org

www.politicalresearch.org

lithub.com

“Our strategy will be to bleed this corrupt culture dry,” the document declares. “We will pick off the most intelligent and creative individuals in our society, the individuals who help give credibility to the current regime.” … “Our movement will be entirely destructive, and entirely constructive. We will not try to reform the existing institutions. We only intend to weaken them, and eventually destroy them…. We will maintain a constant barrage of criticism against the Left. We will attack the very legitimacy of the Left…. We will use guerrilla tactics to undermine the legitimacy of the dominant regime” (emphasis added).

 「我々の戦略は、この腐敗した文化から血を搾り取ることである」と文書は宣言している。「我々は社会の中で最も知的で創造的な人々、つまり現体制に信頼性を与えている人々を選び出すだろう」...。「我々の運動は、完全に破壊的であり、完全に建設的である。我々は既存の制度を改革しようとはしない。我々が意図するのは、それらを弱体化させ、最終的には破壊することだけだ....私たちは、左派に対する批判の絶え間ない集中砲火を浴びせ続ける。左翼の正統性そのものを攻撃する....私たちはゲリラ戦術を用いて、支配的な体制の正当性を弱める」(強調)

Taken in the context of a 4th Generation “total war,” systematically “picking off” prominent figures is an effective way to shift cultural norms and mores. By conflating libertarian “molestation” of property with that of children and women — particularly when wielded against enemies such as immigrants, central bankers, and people deemed culturally transgressive—it is possible to effectively mobilize a wide swath of the population in service of the libertarian and right-wing agenda.

 第4世代の「総力戦」の文脈では、著名な人物を組織的に「つまみ食い」することは、文化的規範やモラルを変化させる効果的な方法である。財産に対するリバタリアン的な「痴漢行為」を、子供や女性に対するそれと混同することで、特に移民や中央銀行員、文化的に違反しているとみなされる人々などの敵に対して行使される場合には、リバタリアンや右翼のアジェンダのために人口の広い範囲を効果的に動員することができる。

After all, who is willing to stand up in favor of “molestation?”

 結局のところ、誰が "痴漢 "を支持し立ち上がるのだろうか?

Robert David Steele, presiding over the International Tribunal of Natural Justice, discussing child trafficking.
 ロバート・デビッド・スティー(元CIA捜査官)、自然正義の国際法廷を主宰し、子供の人身売買について議論している。

QAnon: Save The Children

One of the central narratives in the QAnon myth is that a cabal of Satanic pedophiles runs the world and drinks the blood of terrified children in order to obtain “adrenochrome,” enabling them to live forever. This is, of course, nonsense and a blatant recycling of the Blood Libel Myth.

 QAnon神話の中心的な物語の1つは、悪魔のような小児性愛者の陰謀が世界を支配しており、永遠に生きることを可能にする「アドレノクロム」を手に入れるために、怯えた子供たちの血を飲むというものだ。もちろん、これはナンセンスであり、「血の名誉毀損」神話の露骨な再利用である。

While no one is sure of the exact origins of QAnon, by 2020 it had crawled from the sewer of obscure internet message boards to earn the endorsement of a long list of former military and intelligence professionals we cited in Part 4 of this series.

 QAnonの正確な起源を知る者はいないが、2020年までに、QAnonはインターネット上の無名の掲示板から這い上がり、本連載の第4回で紹介した元軍人や諜報員の長いリストに支持されるようになった。

https://miro.medium.com/max/1200/1*6vAQBoBw3EPf_Dq2v5lhwA.jpeg

※ QAnonの忠誠の誓いをするマイク・フリン(Twitter/@GenFlynn)

Michael Flynn has been deeply engaged in promoting QAnon and its many narratives, including pro-Trump missives penned by Archbishop Carlo Maria Viganò—an ally of Steve Bannon’s connected with the far-right Catholic faction Opus Dei. And Flynn is still promoting in QAnon in 2021, despite the fact that the last “Q” post was on December 8, 2020.

 マイケル・フリンは、QAnonとその多くの物語の「宣伝に深く関わって」きました。その中には、カルロ・マリア・ビガノ大司教カトリックの極右派閥オプス・デイとつながっているスティーブ・バノンの盟友)が執筆したトランプ支持のミスリードも含まれています。そしてフリンは、最後の「Q」の投稿が2020年12月8日であったにもかかわらず、2021年もQAnonでプロモーションを行っている。

www.salon.com

www.yahoo.com

qanon.pub

Investigations into QAnon have shown that Robert David Steele (video shown above) pushed the Pizzagate child sex abuse scandal as far back as 2016. Thomas Schoenberger, another person cited in investigations and linked to Flynn through mutual associates Nasser Kazeminy and Bijan Kian as far back as 2010, uses the alias “Thomas St. Germain”— a reference to “St. Germain,” the chief spiritual entity in the “I AM” cult movement.

 QAnonの調査では、ロバート・デビッド・スティール(上のビデオ)が、2016年までさかのぼってPizzagateの児童性的虐待スキャンダルを推し進めていたことが明らかになっています。トーマス・ショーンバーガーは、2010年にナセル・カゼミニィとビジャン・キアンという共通の仲間を介してフリンとつながっていたことが調査で明らかになっており、"トーマス・サン・ジェルマン "という別名を使っています。 - これは、「I AM」カルト運動の主要な精神的存在である「サンジェルマン」を意味しています。

www.vicetv.com

www.amazon.com

talkingpointsmemo.com

theiamdiscourses.com

(訳注)そして「サンジェルマン」自体は「(オカルト界隈で有名な)サンジェルマン伯爵」からきているものと思われます。

ja.wikipedia.org 

Lisa Clapier, known as “SnowWhite7IAM” has also promoted “I AM” cult content, and was part of Occupy LA in 2011. Manuel Chavez III, known as “Defango,” worked with Schoenberger on an internet puzzle called Cicada 3301. Chavez also claims to have worked with Brittany Kaiser on the Obama campaign—before she joined Cambridge Analytica (see Part 1).

 "SnowWhite7IAM "として知られるリサ・クラピエは、"I AM "のカルトコンテンツを宣伝しており、2011年には "Occupy LA "にも参加していました。「Defango」ことManuel Chavez IIIは、Schoenbergerと一緒に「Cicada 3301(シケイダ3301」というインターネットパズルを作っていました。また、チャベスは、ケンブリッジ・アナリティカに入社する前のブリタニー・カイザーとオバマキャンペーンで一緒に働いていたと主張している(第1回参照)。

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by Lisa Clapier (@lisa.clapier)

www.instagram.com

burners.me

davetroy.medium.com

ja.wikipedia.org

www.youtube.com

※ 『スライブI』&『スライブII』は、リバタリアンの不可侵原則と "オートアキー "を推進しています。

Both Steele and Clapier have promoted a two-part series of new-agey films called “Thrive” made by Foster Gamble, an heir to the Procter & Gamble fortune. The film made something of a splash when it premiered in 2011, but reviewers quickly found that it in addition to being new age woo nonsense, it was anti-Semitic libertarian propaganda that used LeFevre’s non-aggression principle as a cudgel against central banks and government alike.

 スティールとクラピエは、プロクター・アンド・ギャンブル社の後継者であるフォスター・ギャンブルが製作した「Thrive(スライブ)」というニューエイジ系映画の2部作を宣伝しました。この映画は2011年に公開されて話題になりましたが、すぐに批評家たちは、この映画が「ニューエイジ的で唸ってしまうようなナンセンスなもの」であることに加えて、反ユダヤ的なリバタリアンプロパガンダであり、ルフェーヴルの不可侵原則を中央銀行や政府に対する棍棒として使っていることに気付きました。

web.archive.org

web.archive.org

www.thriveon.com

en.wikipedia.org

www.huffpost.com

QAnon combines LeFevre’s “I AM”, Freedom School, and Rampart teachings into a cultish one-size-fits-all religion—modeled on the Discordianism created by LeFevre’s student Kerry Thornley in 1963, and pushed by Flynn and a network of former military and intelligence officials.

 QAnonは、ルフェーヴルの「I AM」、フリーダム・スクール、ランパートの教えを組み合わせて、カルト的な「一人一人に合った宗教」を作っている。これは、1963年にルフェーヴルの弟子であるケリー・ソーンリーが作った「ディスコーディアニズム」をモデルにしたもので、フリンや元軍人・諜報員のネットワークが後押ししている。

en.wikipedia.org 

And it’s all born from a decades-long grudge rooted in rage over Roosevelt’s New Deal and the departure from the gold standard.

 その背景には「ルーズベルトニューディール政策」と「金本位制からの脱却」に対する怒りが、数十年にわたる恨みとなって表れています。

 

(翻訳ここまで)

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】 インテリジェンス、ビッグオイル、そしてオクトパス- 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その4

インテリジェンス、ビッグオイル、そしてオクトパス - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その4

https://miro.medium.com/max/640/1*2Lvr8HfxzHcnMUrZO_Y8cQ.png

バート・ランカスターがジェームズ・マトーン・スコット将軍役で出演した「5月の七日間(Seven Days in May.)」。ワーナー・ブラザース、1964年

Anti-communist hard-liners in the military and intelligence community have been in conflict with the idea of civilian oversight for decades. The novel “Seven Days In May,”released in September 1962, depicts this conflict in gripping detail. A film adaptation began production in 1963. Inspired in part by the 1933 “Business Plot” exposed by Maj. Gen. Smedley Butler, it also deftly spoke to current events.

 軍部や情報部の反共強硬派は、何十年にもわたって文民の監視という考え方と対立してきた。1962年9月に発表された小説「5月の七日間」は、この対立を克明に描いている。1963年には映画化もされた。スメドレー・バトラー元帥が1933年に発表した「ビジネス・プロット」にヒントを得て、時事問題を巧みに取り入れた作品である。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/216/1*xGuz66A1h7YKopYpAsYwIQ.jpeg

John Birch (Wikipedia)

The John Birch Society, created in late 1958 by publisher Robert Welch and other co-founders including oil magnate Fred C. Koch, had been gaining in influence. The group was named after John Birch, who had served as a military intelligence officer in China during World War II, and then in August 1945 served in the OSS—the military intelligence division that later became the CIA. Birch was killed by Chinese communists in late August 1945, and Welch wanted to make sure his story was never forgotten: he wrote a biography of Birch in 1954 and then formed the Society in 1958. (It is unclear whether Birch would have approved of this use of his name.) 

 1958年末、出版社のロバート・ウェルチを中心に、石油王のフレッド・C・コッチらが設立した「ジョン・バーチ・ソサエティ」は、影響力を増していた。名前の由来は、第二次世界大戦中に中国で軍事情報将校として活躍し、1945年8月には後にCIAとなる軍事情報部門OSSに所属していたジョン・バーチにちなんでいる。バーチは1945年8月末に中国の共産主義者に殺害されたが、ウェルチはバーチの話を決して忘れないようにしたいと考え、1954年にバーチの伝記を書き、1958年にソサエティを設立したのである。1954年にはバーチの伝記を書き、1958年にはソサエティを設立した(バーチが自分の名前を使うことに賛成したかどうかは不明)。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

General Edwin Walker met Welch in 1959 and became well-known for his far-right anti-communist rhetoric, going so far to claim that President Eisenhower was a communist, citing his continuance of support for New Deal programs. In late 1961, Walker began his political career and by February 1962 had launched a campaign to become governor of Texas. His caustic rhetoric had attracted the praise of American Nazi-party leaders, a fact that did not go unnoticed by Kennedy.

 エドウィン・ウォーカー将軍は、1959年にウェルチと出会い、アイゼンハワー大統領がニューディール計画への支援を続けていたことを理由に、共産主義者であると主張するほど、極右の反共産主義者として有名になった。1961年末、ウォーカーは政治活動を開始し、1962年2月にはテキサス州知事選に立候補した。ウォーカーの辛辣な発言は、アメリカのナチス党員からも賞賛されていたが、このことはケネディも気にしていなかった。

en.wikipedia.org

President Kennedy offered director John Frankenheimer support in making “Seven Days In May,” including permission to film scenes around the White House while Kennedy vacationed. The film was released in February, 1964—just months after Kennedy’s assassination—to critical acclaim.

 ケネディ大統領は、ジョン・フランケンハイマー監督に、ケネディ大統領の休暇中にホワイトハウス周辺での撮影を許可するなど、「5月の七日間」の製作を支援した。映画は1964年2月に公開されたが、ケネディ大統領が暗殺された数ヵ月後に公開され、高い評価を得た。

Spoiler alert: the plot centers on the attempted military takeover of the US Government by the Joint Chiefs of Staff, and a secret military base where resources were being staged. The President discovered the scheme, fired those involved in the conspiracy, and opted to keep the details secret, lest its exposure would reveal the country’s internal weakness to the Soviet Union. The plotters, led by Gen. James Mattoon Scott, were concerned that the president was being too soft on the Soviets. But the real conflict was over democracy or fascism, as illustrated in this scene below.

 《ネタバレ》 統合参謀本部によるアメリカ政府の軍事占領の企てと、資源が演出されていた秘密軍事基地を中心に描かれています。この計画を発見した大統領は、陰謀に関わった者を解雇し、それが露見することで国の内部の弱点がソ連にバレないように、詳細を秘密にすることを選んだ。ジェームズ・マトーン・スコット元帥を中心とする陰謀家たちは、大統領がソ連に甘えすぎていることを懸念していた。しかし、実際には民主主義かファシズムかという対立があったのである。

General James Mattoon Scott: James Mattoon Scott, as you put it, hasn’t the slightest interest in his own glorification. But he does have an abiding interest in the survival of this country.

ジェームズ・マトゥーン・スコット将軍:ジェームズ・マトゥーン・スコットは、あなたが言うように、自分の栄光には微塵も興味がありません。しかし、彼はこの国の存続に永遠の関心を持っています。

President Jordan Lyman: Then, by God, run for office. You have such a fervent, passionate, evangelical faith in this country — why in the name of God don’t you have any faith in the system of government you’re so hell-bent to protect?

ジョーダン・ライマン大統領:ならば、神に誓って、選挙に出てください。あなたはこの国に熱烈で、情熱的で、福音主義的な信仰を持っていますが、なぜ神の名のもとに、あなたが必死で守ろうとしている政府のシステムに何の信仰も持たないのですか? 

The tension captured in Seven Days between fascism and democratic principles continues to this day, often defying strict party lines. The John Birch Society network has had allies inside government and in industry, while those more inclined towards civilian control (or who are otherwise competing with the Birch-aligned network) have their own goals and centers of power.

 『5月の七日間』で描かれた、ファシズムと民主主義の原則の間の緊張関係は、今日まで続いており、しばしば厳格な党派性を無視している。ジョン・バーチ・ソサエティのネットワークは、政府や産業界に味方を持っていたが、一方で、より市民的な管理に傾いている人々(あるいは、バーチ系のネットワークと競合している人々)は、それぞれ独自の目標と権力の中心を持っている。

https://miro.medium.com/max/700/1*0xhpsDvrXo70hBvfPLj6RA.jpeg

※ ジョン・バーチ・ソサエティのネットワークは、ほとんどの大統領を嫌っているが、中には "役に立つ "と判断された大統領もいる。

The idea of civilian control has always been accompanied by an exaggerated fear of “communist infiltration.” So champions of Congressional oversight and of democratic processes had always been viewed with suspicion.

 シビリアンコントロール文民統制)という考え方には、常に「共産主義者の侵入」という誇張された恐れがつきまとっていた。そのため、議会の監視や民主主義プロセスの擁護者は、常に疑惑の目で見られていた。

Truman and Eisenhower were disliked because of their support for New Deal programs, and Ike earned special ire for his warnings about the “military industrial complex.” Nixon was disliked because he pushed the country even further off of the gold standard, ending the convertibility of dollars into gold and introducing market interventions such as wage and price controls. Ford continued many of Nixon’s policies.

 トルーマンアイゼンハワーは、ニューディール政策を支持したことで嫌われ、アイゼンハワーは「軍産複合体」に警鐘を鳴らしたことで特に嫌われた。ニクソンが嫌われたのは、国を金本位制からさらに遠ざけ、ドルの金への兌換をやめ、賃金や価格の統制などの市場介入を導入したからである。フォードは、ニクソンの政策の多くを継続した。

www.federalreservehistory.org

The election of Ronald Reagan, however, introduced a new era of opportunity. Weyrich, Singlaub, and the hardliners in the intelligence community rallied around Reagan’s staunch anti-communist stance, even as they were increasingly constrained by a Congress controlled by the Democratic Party. Undeterred, they initiated a series of covert programs ranging from Western Goals to Center for National Policy (CNP), Iran-Contra, BCCI, and the banking mess that would culminate with the savings and loan crisis of 1986–1995. The goal was to fight communism globally by any means necessary—including at home.

 しかし、ロナルド・レーガンの当選は、新たなチャンスの時代をもたらした。ウェイリッチ、シングローブをはじめとする情報機関の強硬派は、民主党が支配する議会の制約を受けながらも、レーガンの断固たる反共産主義の姿勢に賛同した。それでも彼らは、「ウエスタン・ゴールズ」から「国家政策センター(CNP)」、「イラン・コントラ」、「BCCI」、そして1986年から1995年にかけての「貯蓄貸付危機」に代表される銀行の混乱に至るまで、一連の秘密プログラムを開始した。その目的は「どんな手段を使っても、国内も含めて、グローバルに共産主義と戦うこと」だった。

2021年のクーデターを支える軍事+諜報活動

Narratives connected to CNP’s 2020 election strategy (promoting Republican votes, and suppressing Democratic votes; COVID denial; denial of Trump’s loss) have enjoyed considerable support of former intelligence and military professionals, a fact I have documented in considerable detail.

 CNPの2020年の選挙戦略に関連する物語(共和党票の促進、民主党票の抑制、COVIDの否定、トランプの敗北の否定)は、元諜報機関や軍の専門家からかなりの支持を得ており、その事実は私がかなり詳細に記録している。

https://miro.medium.com/max/1920/1*c31yjWV91AcI5mGxXd7zxw.jpeg

※ 元軍人+諜報関係者が「Stop The Steal」と「QAnon」に隣接したシナリオを推進していることが判明しました。(Twitterスレッド)

This is a network, and many of them frequently reference each other’s posts and appearances on internet videos and podcasts. And this is not an exhaustive inventory. NPR noted that of the arrests made in the days following January 6th, about one in five had connections to the military. Looking at who promoted these stories, this is not surprising.

 これはネットワークであり、多くの人が互いの投稿やインターネットビデオやポッドキャストへの出演を頻繁に参照しています。また、これはすべてを網羅したものではありません。NPRは、1月6日から数日間に行われた逮捕者のうち、約5人に1人が軍関係者だったと指摘しています。誰がこれらの記事を宣伝したかを見れば、これは驚くべきことではありません。

www.npr.org

Lt. Gen. Charles Flynn, brother of Michael Flynn, was in the room when the decision was being made about whether to send National Guard troops to the Capitol, a fact the Army lied about. Trump’s decision to replace multiple people at the Pentagon and the NSA with loyalists (who despise the CIA) just a week after the election is especially troubling in this broader context.

 マイケル・フリンの弟であるチャールズ・フリン中将は、国会議事堂に州兵を派遣するかどうかの決定がなされていたときに部屋にいたが、この事実は陸軍が嘘をついていた。トランプが選挙のわずか1週間後に、ペンタゴンNSAの複数の人間を(CIAを蔑ろにする)忠実な人間に置き換えるという決定をしたことは、この広い文脈の中で特に問題となる。

www.washingtonpost.com

Multiple media outlets are aware of the disinformation that was pushed by this network of military and intelligence networks. Citing concerns about “mental health” of the subjects as well as complexity, there has not been substantive journalistic coverage of the consistent support from this network. A full Congressional investigation is needed.

 複数のメディアが、この軍と情報機関のネットワークが推し進めた偽情報を知っている。対象者の「精神的健康」への懸念や複雑さを理由に、このネットワークからの一貫した支援について、実質的なジャーナリズムの報道は行われていない。米国議会による全面的な調査が必要である。

People radicalized by a network of disaffected network of military and intelligence people (all of whom seem to have a beef with the civilian control of the CIA) tried to overthrow the US government—just as Kennedy had been concerned about when he lent his support to Seven Days In May.

 軍人や諜報員(全員がCIAの文民統制に不満を持っているようだ)の不満なネットワークによって過激化した人々が、アメリカ政府を転覆させようとした。 - ちょうど、ケネディが「5月の七日間」に支持を与えたときに懸念していたように。

 

 
※ スタンディングロックノースダコタの水を守る人たち - #NoDAPL アーカイブ

スタンディング・ロックとビッグ・オイル

In late 2016, a group of native people and their allies began organizing in Standing Rock, South Dakota to oppose the planned Dakota Access Pipeline. Their protest movement organized as “Water Protectors” under the banner #NoDAPL.

 2016年末、サウスダコタ州スタンディングロックで、計画中のダコタ・アクセス・パイプラインに反対するために、先住民とその同盟者たちが組織化を始めました。彼らの抗議運動は、「#NoDAPL」を旗印に「ウォータープロテクターズ」として組織されました。

The protest, which lasted for months, was quickly infiltrated by private military contractors. Notably, the firm TigerSwan, a spinoff of Erik Prince’s notorious military contracting firm Blackwater, deployed a range of covert operations designed to break up the protests so that the pipeline could continue. Prince, a CNP member, had a long history with this kind of operation.

 数ヶ月に及んだ抗議活動は、すぐに民間軍事会社に浸透していきました。特に、エリック・プリンスが経営する悪名高い軍事請負会社「ブラックウォーター」の分社である「タイガースワン」は、パイプラインを継続させるために抗議活動を中断させるべく、さまざまな秘密工作を展開した。CNPのメンバーであるプリンスは、この種の作戦に長い経験を持っていました。

theintercept.com

theintercept.com

A Jesuit-backed organization known as the Romero Institute (named for Óscar Arnulfo Romero, a Catholic archbishop of El Salvador assassinated in 1980 by right-wing death squads) was also involved in running opposing operations (which had their own issues) at Standing Rock.

 イエズス会が支援する「ロメロ・インスティテュート」(1980年に右翼の決死隊に暗殺されたエルサルバドルカトリック大司教オスカー・アルヌルフォ・ロメロにちなんで命名)は、スタンディング・ロックでの反対活動の運営にも関わっていました(それぞれに問題がありました)。

en.wikipedia.org

The Romero Institute is a project of Danny Sheehan, a Jesuit-backed lawyer who had had another notable brush with the spotlight: in the wake of the Iran Contra scandal, he sued Jack Singlaub, Oliver North, and a long list of other participants in the affair under the banner of a different Jesuit-backed organization, the Christic Institute.

 ロメロ・インスティテュートは、イエズス会系の弁護士であるダニー・シーハンのプロジェクトである。彼は、イラン・コントラ疑惑の後、ジャック・シングラブ、オリバー・ノース、その他多くの事件参加者をイエズス会系の別の組織であるクリスティック・インスティテュートの旗の下に訴えた。

www.romeroinstitute.org

www.c-span.org

You may now detect a theme: Iran-Contra and Standing Rock both contained a deep conflict between Jesuit-backed left-leaning factions vs. right-wing business interests backed by Catholic factions such as Opus Dei, connected to Prince and his peers.

 ここで一つのテーマが見えてくる。「イラン・コントラ」と「スタンディング・ロック」には、イエズス会を中心とした左派勢力と、(エリック)プリンスやその仲間につながるオプス・デイなどのカトリック系団体を中心とした右派財閥との深い対立がありました。

ja.wikipedia.org

Even stranger, we know from multiple first-hand accounts that operatives connected later to QAnon (Lisa Clapier; Sean Stone) and January 6th (Plandemic filmmaker Mikki Willis) were also involved in covert operations at Standing Rock.

 さらに奇妙なことに、後にQAnon(リサ・クラピア、ショーン・ストーン)や「January 6th」(『プランデミック』の映画監督ミッキー・ウィリス作品)につながる工作員が、スタンディング・ロックでの秘密工作にも関わっていたことが、複数の証言からわかっている。

www.youtube.com

conspirituality.net

Iran-Contra alumnus Bud McFarlane wrote in 2006 that it would be advantageous to get access to Russia’s oil reserves, much of which is concentrated in the Arctic shelf. For this to be possible, climate change would need to continue apace. Blocking climate change would thus mean constrained access to oil.

 イラン・コントラのOBであるバド・マクファーレンは、2006年に「北極棚に集中しているロシアの石油埋蔵量を手に入れることができれば有利である」と書いている。それを可能にするには、気候変動の進行が必要である。気候変動を阻止することは、石油へのアクセスを制限することを意味します。

washingtonrealist.blogspot.com

https://miro.medium.com/max/700/1*nUPSj7CvYQVbXf2jPqMRaA.png

※ マクファーレンが2006年に発表した、石油への戦略的アクセスに関する記事からの抜粋です。

McFarlane was present at Trump’s foreign policy speech to allies including Russian ambassador Sergei Kislyak on April 27, 2016 at Washington’s Mayflower Hotel. Subsequent deals involving Russian oil and gas firms Rosneft and Gazprom may have advanced the policy McFarlane advocated.

 マクファーレンは、2016年4月27日にワシントンのメイフラワー・ホテルで行われた、ロシアのセルゲイ・キスリャク大使を含む同盟国に対するトランプの外交政策演説に出席した。その後のロシアの石油・ガス企業であるロスネフチやガスプロムが関与する取引は、マクファーレンが提唱した政策を進めた可能性がある。

www.nytimes.com

www.reuters.com

Steve Bannon also noted this schism in the Catholic Church, broadly between the Jesuit faction (Pope Francis was the first Jesuit Pope) and the right wing factions (Opus Dei, Knights of Malta, Legatus). And he’s been working for years to advance this wedge. Weyrich himself was a member of the Melkite Greek Catholic Church, a conservative sect based in Syria.

 スティーブ・バノンはまた、カトリック教会におけるこの分裂、大まかにはイエズス会派(フランシスコ法王はイエズス会の初代法王)と右翼派(オプス・デイ、マルタ騎士団、レガトゥス)の間の分裂に注目した。そして、彼はこの楔を進めるために何年も活動してきた。ウェイリッチ自身は、シリアに本拠を置く保守的な宗派であるメルキト・ギリシャカトリック東方典礼カトリック)教会のメンバーだった。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

legatus.org

ja.wikipedia.org

www.buzzfeednews.com

At issue? The Second Vatican Council (1962–1965), which resulted in a sweeping set of reforms introduced by the Roman Catholic Church, which many considered to be too progressive. While there are many Catholic traditionalists who might prefer to return to such rituals as the Latin mass, Bannon is trying to drive a cultural wedge between the Jesuits and the traditionalists as a whole.

 問題となったのは 第二バチカン公会議(1962-1965)は、ローマ・カトリック教会が導入した大規模な改革をもたらしました。その結果、ローマ・カトリック教会が導入した一連の改革は、あまりにも進歩的であると考えられるようになりました。カトリックの伝統主義者の中には、ラテン・ミサなどの儀式に戻ることを望む人も多いが、バノンはイエズス会と伝統主義者全体の間に文化的なくさびを打ち込もうとしているのである。

en.wikipedia.org

www.reuters.com

https://miro.medium.com/max/1620/1*5DrduOozAR15SXOxtjuzVw.png

In multiple interviews, Bannon has amplified Archibishop Carlo Maria Viganò, a conservative Vatican operative who has accused Pope Francis of covering up sexual abuse in the church. Letters by Viganò have been amplified by both Lt. Gen. Flynn and in QAnon posts, leading some to think QAnon may be affiliated with Flynn, Bannon or both.

 バノンは複数のインタビューで「フランシスコ法王が教会内の性的虐待を隠蔽している」と告発した、バチカンの保守派工作員であるカルロ・マリア・ビガノ大司教の意見を増幅させている。ヴィガノの書簡は、フリン中将とQAnonの投稿の両方で増幅されており、QAnonがフリン、バノン、あるいはその両方と関係があるのではないかと考える人もいる。

www.nytimes.com

www.yahoo.com

qanon.pub 

Bannon’s efforts to repurpose an 800 year-old Italian monastery as a school for right-wing warriors were recently thwarted when the lease was revoked.

 バノンは、800年の歴史を持つイタリアの修道院を右翼戦士の学校として再利用しようとしていたが、最近になってリース契約が取り消され、挫折した。 

「オクトパス」との出会い

With the convergence of intelligence, oil interests, and the Catholic Church, we arrive at what some have come to call “The Octopus.”

 諜報機関、石油利権、そしてカトリック教会が融合することで、「オクトパス」と呼ばれるようになった。

https://miro.medium.com/max/700/1*FAc_AnEXBcWD19Dn49m5Jg.jpeg

※ 注意点:これは包括的なものではありません。絶対的なものはありません。

Outside of its retail offerings, the Catholic Church has two major lines of business: banking and global intelligence. As such, it is the largest and oldest such entity in the world. It should not be surprising that it has developed factions and long-standing alliances that connect with other global entities engaged in the same enterprises.

 カトリック教会は、小売業以外では「銀行業」と「グローバル・インテリジェンス」という2つの大きな事業を展開しています。カトリック教会は、世界最大かつ最古の組織である。そのため、同じ事業を行っている他のグローバル企業との間に派閥や長年の提携関係が生まれても不思議ではありません。

https://miro.medium.com/max/254/1*kjKQWZMn0WHpDjzUG3xfWQ.jpeg

 
※ "Interlock "は、ロンバルディの研究とそのプロセスを紹介する決定版です。

We are not the first to encounter the Octopus. A reporter named Danny Casolaro found it in 1991, but died of apparent suicide the night before he was to meet with a source. An artist named Mark Lombardi found it in the late 90’s and died of an apparent suicide in March 2000. A woman named Rachel Begley found it in 2007, when she wondered about her father’s 1981 murder in southern California. Danny Sheehan (of the Jesuit Romero institute) is still talking about it. Supporters of Smedley Butler even talked about it in 1934.

 「オクトパス」に出会ったのは我々が初めてではない。1991年にダニー・カソラロという記者が発見したが、取材の前夜に自殺とみられる死を遂げている。90年代後半にはマーク・ロンバルディというアーティストが発見し、2000年3月に自殺とみられる死を遂げている。レイチェル・ベグリーという女性は、1981年に南カリフォルニアで起きた父親の殺人事件を疑問に思い、2007年にそれを見つけた。ダニー・シーハン(イエズス会ロメロ研究所の)は、今でもそれについて話している。スメドレー・バトラーの支持者は、1934年にもそれについて話していた。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

www.amazon.com

www.wired.com

There isn’t much evidence to suggest that Casolaro or Lombardi’s deaths were suspicious; both were investigated by the FBI. However, they may have become disillusioned upon learning about The Octopus and its scope.

 カソラロやロンバルディの死が不審であったことを示す証拠はあまりなく、どちらもFBIが調査している。しかし、彼らは「オクトパス」の存在とその範囲を知り、幻滅したのかもしれない。

https://miro.medium.com/max/1920/1*3FDN0GQ6Kw7JBCA4IAs8tQ.jpeg

※ 2020年12月、BBCが使用する「ポピッシュ・オクトパス」(1800年代後半)と「ザ・クラーケン」。

 

In December 2020, attorney Sidney Powell (a CNP member) promised to “unleash the Kraken” (a narrative amplified in QAnon), a mythical sea-cephalopod able to take down ships. Interestingly, the term “octopus” had been used pejoritavely to describe the Catholic Church’s negative influence for a very long time. And it’s also worth noting that “the octopus” has been used as an anti-Semitic slur, describing a global Jewish conspiracy.

 2020年12月、弁護士のシドニー・パウエル(CNPメンバー)は、船を倒すことができる神話上の海の頭脳である「クラーケンを解き放つ」(QAnonで増幅された物語)ことを約束した。興味深いことに、「タコ」という言葉は、非常に長い間、カトリック教会の負の影響力を表すために蔑称的に使われていた。また、「タコ」が世界的なユダヤ人の陰謀を表現する反ユダヤ的な中傷として使われてきたことも注目に値する。

www.bbc.com

www.forbes.com

www.amazon.com

Whether Powell intended to invoke “The Octopus” or not (and it seems unlikely she did), historical evidence suggests that the events that culminated on January 6th are rooted in long-standing conflicts between powerful networks.

 パウエルが "The Octopus "を引き合いに出すことを意図していたかどうかは別にして(そうではなさそうだが)、1月6日に起こった出来事の根底には、強力なネットワーク間の長年にわたる対立があることを歴史的に示している。

 

(翻訳ここまで)

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】第四世代戦争、国家戦略会議、そして「選挙泥棒をやめろ(Stop The Steal)」- 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その3

f:id:kazzhirock:20210413151213p:plain

 

第四世代戦争、国家戦略会議、そして「選挙泥棒をやめろ(Stop The Steal)」- 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その3

https://miro.medium.com/max/700/1*b9vMw35nQC4FpzgdAaaNhw.png

※ トム・フィトンは1994年から1995年にかけて、ヘザー・ナウアート、ノラ・オドネルとともに「ヤングブラッド」に出演しました。

Tom Fitton is an idea. In 1989, William S. Lind formalized the principles of what he called “Fourth Generation Warfare.” Without getting too technical, fourth generation warfare is all about messing with the minds of your opponent, and getting ahead of their decision-making processes.

 トム・フィトンは思想家である。1989年、ウィリアム・S・リンドは、"第4世代戦争 "と呼ばれる原則を公式化しました。第4世代戦争とは、専門的なことは抜きにして「相手の心を揺さぶり、相手の意思決定プロセスを先取りすること」です。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/700/1*rq2V53_57BuENN4iGhcfnw.png

 

※ ジョン・ボイド大佐が描いた「OODAループ」(Wikipedia)

Lind drew heavily on the ideas of Col. John Boyd, who described the idea of the “OODA loop,” or the mental process of “observe, orient, decide, act” used by pilots. Boyd argued that if you could get inside of this OODA loop, and act faster than an opponent, you can outpace their ability to make sense of the world.

 リンドが参考にしたのは、ジョン・ボイド大佐が提唱した「OODAループ」、つまりパイロットが使う「観察、方向付け、判断、行動」という精神的プロセスの考え方である。ボイドは、このOODAループの中に入り、相手よりも早く行動することができれば、相手の判断力を上回ることができると主張した。

ja.wikipedia.org

William Lind partnered up with Paul Weyrich, founder of both the Heritage Foundation and the Council for National Policy, to bring Fourth Generation Warfare techniques to Republican organizing strategy. Among the ideas they had in the early 1990’s was to lay the groundwork for a generation of future leaders.

 ウィリアム・リンドは、「ヘリテージ財団」や「CNO(国家政策評議会)」の創設者であるポール・ウェイリッチ(「ヘリテージ財団」初代代表)と提携し、第4世代戦争の手法を共和党の組織戦略に導入しました。1990年代初頭に彼らが考えたのは、将来のリーダーとなる世代の基礎を築くことだった。

ja.wikipedia.org

In late 1993, Weyrich founded National Empowerment Television, a cable channel that reached 11 million homes at its peak. In addition to shows that featured Weyrich, the Family Research Council, and the NRA, they featured a show called “Youngbloods,” (pitched as NET’s answer to MTV’s “The Real World”) featuring aspiring conservative stars Tom Fitton (described as “the resident flamethrower”), along with Norah O’Donnell, and Heather Nauert. Arianna Huffington served briefly as a spokesperson for the network in 1995.

 1993年末、ウェイリッチは「ナショナル・エンパワーメント・テレビジョン」を設立し、ピーク時には1,100万世帯が視聴したケーブルチャンネルとなりました。ウェイリッチ、Family Research Council、NRAを特集した番組に加え、保守派のスターを目指すトム・フィトン(「専属の火炎放射器」と呼ばれている)、ノラ・オドネル、ヘザー・ナウアートらが出演する「Youngbloods」(MTVの「The Real World」に対するNETの回答)という番組を放送しました。1995年には、アリアナ・ハフィントンが一時的にスポークスマンを務めました。

www.c-span.org

www.washingtonpost.com

twitter.com

en.wikipedia.org

twitter.com

www.c-span.org

ja.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/700/1*mW2fMtKCOhkkJ5c7ZZ-Bww.png

Today, Tom Fitton leads Judicial Watch, a conservative activist group founded in 1994 by Larry Klayman. Fitton has been one of the most vocal advocates for the right, especially on Twitter. But he did not come out of nowhere; indeed he, Nauert, and O’Donnell are the product of over 25 years of planning, and the direct result of ideas initiated by Lind and Weyrich. CNP member Charlie Kirk is an example of someone following Fitton’s trajectory today.

 現在、トム・フィトンは、ラリー・クレイマンが1994年に設立した保守系活動団体「ジュディシャル・ウォッチ」を率いています。フィトンは、特にツイッター上で最も声高に右派を主張している人物の一人です。しかし、彼は突然現れたわけではない。実際、彼、ナウアート、オドネルの3人は「25年以上にわたる計画の産物」であり、リンドとウェイリッチが始めたアイデアの直接的な成果でもある。CNPのメンバーであるチャーリー・カークは、今日、フィトンの軌跡をたどる人物の一例である。

en.wikipedia.org

www.splcenter.org

twitter.com

www.politicalresearch.org

en.wikipedia.org

Over time, the principles of fourth generation warfare came to dominate Republican politics. In October 2004, Ron Suskind reported in the New York Times this anecdote about an interaction with a senior G.W. Bush adviser.

 「第4世代の戦争原理」は、時を経て共和党の政治を支配するようになった。2004年10月、ロン・サスキンドニューヨーク・タイムズ紙で、G.W.ブッシュの上級顧問とのやりとりについて、こんな逸話を紹介している。

en.wikipedia.org

www.nytimes.com 

In the summer of 2002, after I had written an article in Esquire that the White House didn’t like about Bush’s former communications director, Karen Hughes, I had a meeting with a senior adviser to Bush. He expressed the White House’s displeasure, and then he told me something that at the time I didn’t fully comprehend — but which I now believe gets to the very heart of the Bush presidency.

 2002年の夏、ブッシュの元コミュニケーション・ディレクター、カレン・ヒューズについてホワイトハウスが好まない記事をエスクァイアに書いた後、私はブッシュの上級顧問と会った。彼はホワイトハウスの不快感を表明した後、当時の私には理解できなかったことを話してくれました。- 当時の私には理解できなかったが、今ではブッシュ大統領の核心に迫るものだと思っている。

ja.wikipedia.org

 

The aide said that guys like me were “in what we call the reality-based community,” which he defined as people who “believe that solutions emerge from your judicious study of discernible reality.” I nodded and murmured something about enlightenment principles and empiricism. He cut me off. “That’s not the way the world really works anymore,” he continued. “We’re an empire now, and when we act, we create our own reality. And while you’re studying that reality — judiciously, as you will — we’ll act again, creating other new realities, which you can study too, and that’s how things will sort out. We’re history’s actors . . . and you, all of you, will be left to just study what we do.”

 補佐官は、私のような人間は「リアリティ・ベース・コミュニティと呼ばれるものに属している」と言いました。リアリティ・ベース・コミュニティとは、「識別可能な現実を賢明に研究することで解決策が生まれると信じている」人々のことです。私はうなずきながら、啓蒙主義や経験主義について何かつぶやいた。彼はそれを遮った。彼は続けて、「それはもう世界が実際に機能する方法ではない。我々は今や帝国であり、行動することで自分たちの現実を作り出すことができる - そして、あなた方がその現実を注意深く研究している間に、私たちはまた行動し、別の新しい現実を作り、あなたもそれを研究することができ、それによって物事が解決するのです。私たちは歴史の役者であり、あなた方は、私たちが何をするのかを研究するだけです」と語った。

This exchange captures exactly what Fourth Generation Warfare is all about. It’s about creating reality and forcing others to react to it, placing opponents at a continuous strategic disadvantage.

 このやりとりは、まさに「第四世代戦争の本質」を捉えています。現実を作り出し、それに相手を反応させることで、相手を継続的に戦略的に不利な立場に置くことです。

https://miro.medium.com/max/700/1*T_ibAATiQxla7bdksQ8bgA.png

※ 1991年に開催されたポール・ウェイリッチの祝賀会(司会はラッシュ・リンボー)。(C-Span)

www.c-span.org

en.wikipedia.org

In 1980, the Council on Foreign Policy and its magazine Foreign Affairs was one of the most influential policy-crafting organizations in the country, if not the world. While it maintained a liberal orientation, its open membership and wide-ranging mission as a think-tank allowed it to secure a tax exempt 501(c)(3) status, thus securing an advantage with individual and corporate donors.

 1980年当時、Council on Foreign Policy(CFR:外交問題評議会)とその雑誌『Foreign Affairs(フォーリン・アフェアーズ)』は、世界はおろか米国でも最も影響力のある政策立案機関のひとつでした。リベラルな方向性を維持しながらも、会員をオープンにし、シンクタンクとしての幅広い使命を果たすことで「501(c)(3)」の免税資格を得て、個人や企業の寄付者に有利な立場を確保していました。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/700/1*gcKPSp9caxc2_rvyHJOK7Q.png

※ フィリス・シュラフリーとリチャード・ヴィグリー(未公開写真)。米国議会図書館 / ウィキペディア

Paul Weyrich and his allies, direct mail wizard Richard Viguerie and constitutional lawyer turned ERA-opponent Phyllis Schlafly decided they needed a comparable organization in order to advance their long term strategies. In 1981, they created the Council for National Policy (CNP) as a long-term counterweight. It was funded by Weyrich’s patrons, the Hunt brothers and by Joseph Coors, with whom Weyrich had founded the Heritage Foundation, Western Goals, and ALEC, with similar objectives.

 ポール・ウェイリッチとその盟友、ダイレクトメールの魔術師リチャード・ヴィグリー、憲法学者でERA反対派のフィリス・シュラフリーは、自分たちの長期的な戦略を進めるために、これに匹敵する組織が必要だと考えました。1981年、彼らは長期的に対抗する組織として「国家政策評議会」(CNP)を設立した。CNPは、ウェイリッチの後援者であるハント兄弟と、ウェイリッチが同様の目的で「ヘリテージ財団」「ウェスタン・ゴールズ」「ALEC」を設立したジョセフ・クアーズが資金を提供した。

ja.wikipedia.org

en.wikipedia.org

forgeorganizing.org

en.wikipedia.org

But the CNP was something of a different beast from anything that had been previously tried by Weyrich and his allies. Think-tanks like Heritage Foundation were one thing, but CNP was all about action. The goal was to network powerful individuals, place them for long term success, and enact specific policies with clear outcomes.

 しかし、CNPは、それまでウェイリッチとその仲間たちが試みてきたものとは、何か違うものだった。ヘリテージ財団のようなシンクタンクもそうですが、CNPは行動がすべてでした。その目的は、強力な個人をネットワーク化し、長期的な成功のために彼らを配置し、明確な結果を伴う具体的な政策を制定することだった。

CNP in its early days was a hotbed of fundraising for conservative causes like the Nicaraguan Contras, and Jack Singlaub and Oliver North were participants and speakers in many early CNP meetings. While CNP met only a few times per year, and its membership was secret, it was laying the groundwork for decades of conservative activism.

 初期のCNPは、ニカラグアコントラのような保守的な活動のための資金調達の温床であり、ジャック・シングローブやオリバー・ノースは、初期のCNPの多くの会合に参加したり講演したりしていた。CNPは年に数回しか会合を開かず、メンバーも秘密にされていたが、何十年にもわたって保守派の活動の基礎を築いていた。

Other CNP participants in years to come read like a who’s who of the Trump years: Kellyanne Conway, Steve Bannon, Ginni Thomas, Michael Flynn, Herman Cain, Ted Cruz, Ken Cuccinelli, Brent Bozell, Betsy DeVos, Erik Prince, Donna Rice Hughes, Tom Fitton, Sidney Powell, and dozens more.

 今後のCNPの参加者は、まるでトランプ時代の「誰々」のようです。ケリーアンコンウェイ、スティーブ・バノン、ジニー・トーマス、マイケル・フリン、ハーマン・ケイン、テッド・クルーズ、ケン・カッチネリ、ブレント・ボゼル、ベッツィ・デヴォス、エリック・プリンス、ドナ・ライス・ヒューズ、トム・フィトン、シドニー・パウエルなどなど、数え切れないほどだ。

https://miro.medium.com/max/700/1*9M-rx3wUamtuRuGKyS0O3Q.jpeg

※ アリ・アクバル・アレキサンダーウェスタン・ゴールズの仲間、ロジャー・ストーン。(Twitter/Right Wing Watch)

www.rightwingwatch.org

And by 2017, the CNP membership would include one more figure prominently associated with January 6th: Ali Akbar, or as he has become more popularly known after he changed his name due to his criminal record, Ali Alexander.

 そして2017年には、CNPのメンバーに、1月6日に関連する人物がもうひとり加わることになった。アリ・アクバル、あるいは前科があるために改名してからは、アリ・アレクサンダーと呼ばれるようになった。

www.dailydot.com

The night before the 2016 election, a PAC run by Alexander and co-founded by an old friend of Larry MacDonald’s, Roger Stone, received $60,000 from Robert Mercer. His group, called “Stop The Steal,” issued guidance on November 7, 2016: “Your help is needed, it is respected, and it is appreciated… With this movement, you will one day be able to tell your grandchildren about what you did to help SAVE AMERICA!!!”

 2016年の選挙の前夜、アレクサンダーが運営し、ラリー・マクドナルドの旧友であるロジャー・ストーンが共同設立したPACが、ロバート・マーサーから6万ドルを受け取っていた。「Stop The Steal」という名の彼のグループは、2016年11月7日にガイダンスを出しました。「あなたの助けは必要とされ、尊敬され、感謝されています...この運動によって、あなたはいつの日か自分の孫に、アメリカを救うために何をしたかを伝えることができるでしょう!」

www.politico.com

www.politico.com

abcnews.go.com

Stone and Alexander revived “Stop The Steal” in 2018 as well, particularly in Florida where they rallied against a ballot recount in the U.S. Senate race between Republican Rick Scott and Democrat Bill Nelson. And in fact, Stone was practicing these maneuvers as early as 2000 in Florida, in the Bush v. Gore case. He was part of an incident that became known as the “Brooks Brothers Riot.”

 ストーンとアレクサンダーは、2018年にも「Stop The Steal」を復活させ、特にフロリダでは、共和党のリック・スコットと民主党のビル・ネルソンの間で行われた連邦上院選の投票再集計に反対する活動を行いました。そして実は、ストーンは2000年の時点でフロリダで、ブッシュ対ゴアの裁判でこうした作戦を実践していました。"ブルックスブラザーズの暴動 "と呼ばれる事件に参加していたのです。

www.huffpost.com

www.rightwingwatch.org

www.businessinsider.com

By 2020, Alexander and Stone had a well-oiled machine at the ready to organize around Trump’s losing turn in the November 3 election. The CNP leadership had decided as early as February 2020 that the election would need to be contested at the state level, and they pursued that strategy well before the first vote was even cast.

 2020年までに、アレキサンダーとストーンは、11月3日の選挙でトランプが敗北した際に組織化するための、整備されたマシンを用意していた。CNPのリーダーたちは、2020年2月の時点で、選挙は州レベルで争う必要があると判断し、最初の投票が行われる前からその戦略を追求していた。

www.splcenter.org

washingtonspectator.org

 

(翻訳ここまで)

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】金・銀・暗号通貨 - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その2

f:id:kazzhirock:20210412093727p:plain

金・銀・暗号通貨 - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その2 

https://miro.medium.com/max/1400/1*7DpvOnZx0PWqNooGPsfKkQ.png

※ 1993~1994年頃、BioSphere 2の開発に携わっていたスティーブ・バノン氏(C-Span)

Before Steve Bannon’s name was well-known in the realm of politics, he was known for intervening in the strange, cultish science experiment known as Biosphere 2. He was hired by Texas oil billionaire Ed Bass to help curb costs on the project as it was widely seen as getting out of control. In broad strokes, Biosphere 2 was a kind of “Burning Man” happening, but re-cast as science fair project set in the Arizona desert. Run by a collective of theater geeks, it arguably was as much a product of the counter-culture as it was any kind of scientific exploration. Its purpose? To discover the effects of climate change. Bannon was the perfect person to put a pin it, and in early 1994, he did.

 スティーブ・バノンの名が政治の世界で知られる前に、彼は「バイオスフィア2」という奇妙でカルト的な科学実験に介入したことで知られている。彼は、テキサス州の石油王エド・バスに雇われ、制御不能に陥ったと思われるプロジェクトのコストを抑制するために働いた。大まかに言えば、バイオスフィア2は「バーニングマン」のようなものだが、アリゾナの砂漠を舞台にした科学博覧会プロジェクトとして再構築されたものだ。演劇オタクの集団によって運営されたこのプロジェクトは、カウンターカルチャーの産物であると同時に、ある種の科学的探究でもあったと言える。その目的は?気候変動の影響を調べるためだ。バノンは、このプロジェクトにピンを刺すのに最適な人物であり、1994年初頭、彼はそのピンを刺した。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

www.vice.com

www.vulture.com

www.chicagotribune.com

In May 2001, former child actor Brock Pierce (First Kid, The Mighty Ducks), then aged 20, started a company called Internet Gaming Entertainment, or IGE. Pierce had found that he could “mine” virtual goods in games like EverQuest that could be sold to other players around the world who wanted a shortcut to success in the game. IGE helped popularize something important: selling intangible goods online for real money, at an arbitrary valuation.

 2001年5月、当時20歳だった元子役のブロック・ピアース(ファースト・キッド、マイティ・ダックス)は、Internet Gaming Entertainment(IGE)という会社を立ち上げました。ピアースは、エバークエストなどのゲームでバーチャルグッズを採掘し、それを世界中のプレイヤーに販売することで、ゲームで成功するための近道になることを発見したのです。IGEは「無形の商品を任意の評価額で実費販売する」という重要なことを世に広めた。

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

en.wikipedia.org

www.wired.com

https://miro.medium.com/max/1400/1*eQzcCRY95GD5Rorh2Lcnlg.jpeg

※ 『マイティ・ダックス』のブロック・ピアース(ディズニー、1992年)

Pierce knew he was onto something big, but he didn’t know how to scale it. He needed an army of freelance “miners,” preferably operating in markets where labor is inexpensive. After several years of trying unsuccessfully to scale, the company brought on the former Goldman Sachs investment banker of Biosphere 2 fame, Steve Bannon, who replaced Pierce as CEO.

 ピアースは、自分が何か大きなことを成し遂げようとしていることは分かっていたが、それをどのようにして拡大していけばよいのか分からなかった。彼は、労働力の安い市場で活動するフリーランスの「採掘者」の軍隊を必要としていた。数年後、同社は規模拡大に失敗し、ピアースの後任として、「バイオスフィア2」で有名なゴールドマン・サックスの元投資銀行家、スティーブ・バノンをCEOに迎えたのである。

On February 7, 2006, Bannon secured a $60 million investment in IGE from Goldman Sachs. $20 million went to Pierce, so he could take some capital off the table. The company went on to expand into selling goods for multiple games including World of Warcraft. When Bannon departed in 2012 to lead Breitbart News, the company floundered, with assets purchased by other firms.

 2006年2月7日、バノンはゴールドマン・サックスからIGEへの6,000万ドルの出資を取り付けた。2,000万ドルはピアースに支払われたため、彼は資本金を手放すことができた。同社はその後、World of Warcraftを含む複数のゲームのグッズ販売に進出した。2012年にBreitbart News社を率いるためにバノンが退社すると、同社は低迷し、資産は他の企業に買収されました。

nymag.com

https://miro.medium.com/max/1400/1*UYjaGQjuc91A-94uo1voug.jpeg

※ ブリタニー・カイザー、ブロック・ピアース、カーラ・バラード、そしてエイコン。これは実際にリアルです。

But in 2009, others had figured out a way to sell a virtual good that wasn’t tied to video games. An anonymous inventor using the name Satoshi Nakamoto unleashed Bitcoin on the world. Brock Pierce went on to become a major investor in Bitcoin and other cryptocurrencies, and in 2020, he ran for president.

 しかし、2009年には、ゲームとは関係のない仮想の商品を販売する方法を考え出した人がいました。サトシ・ナカモトと名乗る匿名の発明家が「ビットコインを世に送り出した」のです。ブロック・ピアスはその後、ビットコインをはじめとする暗号通貨の大口投資家となり、2020年には大統領選に出馬しました。 

ja.wikipedia.org

www.brock.vote

His campaign manager? None other than Cambridge Analytica refugee and Steve Bannon collaborator, Brittany Kaiser

 彼のキャンペーンマネージャーは?ケンブリッジ・アナリティカからの亡命者であり、スティーブ・バノンの協力者であるブリタニー・カイザーに他なりません。

ja.wikipedia.org

en.wikipedia.org

davetroy.medium.com

https://miro.medium.com/max/1400/1*5nlFNXjJLoQPppw3jGy7yA.jpeg

※ フランクリン・デラノ・ルーズベルトの就任式。1933年3月4日 (C-Span)

In 1933, the United States was in the grip of the Great Depression and in need of immediate intervention. Franklin Delano Roosevelt was inaugurated on March 4, 1933, and immediately set about implementing a program of spending — “The New Deal.”

 1933年、アメリカは大恐慌に見舞われ、早急な介入が必要とされていました。1933年3月4日に就任したフランクリン・デラノ・ルーズベルトは、すぐに「ニューディール」と呼ばれる歳出削減策の実施に着手した。

The plan depended on the issuance of new currency (“printing” money, in effect) that could help un-stick the economy, stimulate purchases, help fund government jobs, and the like. Until that time, US currency had been backed by gold. Many businessmen felt that this was a recipe for disaster, and that devaluing the dollar by printing as many as we wanted was, in effect, a kind of theft.

 この計画は、新しい通貨の発行(実質的な「印刷」)によって、経済の停滞を解消し、購買を刺激し、政府の仕事に資金を提供することなどを目的としていた。それまでアメリカの通貨は金に裏付けられていた。これでは、ドルの価値を下げて、好きなだけお金を刷ることは、一種の窃盗ではないかと多くのビジネスマンが考えた。

In 1933, Maj. Gen. Smedley Butler, was approached by a man named Gerald MacGuire about the possibility of intervening to force Roosevelt to return to the gold standard, effectively terminating the New Deal programs. MacGuire attempted to recruit Butler for several months.

 1933年、スメドリー・バトラー元帥は、ジェラルド・マクガイアという人物から、ルーズベルト金本位制への復帰を迫り、ニューディール政策を事実上終了させるための介入の可能性を打診された。マクガイアは、数カ月にわたってバトラーを勧誘しようとした。

connecticuthistory.org

https://miro.medium.com/max/1400/1*Vgd5Kqn1ivsGFoSo-mmaGQ.png

※ ジェラルド・マクガイアとスメドレー・D・バトラー元帥

Butler blew the whistle, and testified to Congress that the plan, backed by a network of industrialists he believed was tied to the American Liberty League, was to raise an army of 500,000 “super soldier” veterans and stage a siege on Washington.Roosevelt would be forced to either accept Butler as a “Secretary of General Affairs” (who, in effect, would be the acting President)—or he would be killed.

 バトラーは、アメリカ自由連盟につながる実業家のネットワークを背景に、50万人の「スーパーソルジャー」と呼ばれる退役軍人の軍隊を編成し、ワシントンを包囲する計画があることを議会で証言した。ルーズベルトは、バトラーを「総務長官」(実質的には大統領代行)として受け入れるか、あるいは殺されるかのどちらかを迫られることになる。

en.wikipedia.org

There are multiple accounts of the plot, but it was generally believed to have been supported by executives from DuPont, J.P. Morgan, Goodyear, Anaconda Copper, and Bethlehem Steel — with ammunition supplied by Remington Arms company, a DuPont subsidiary. The plot was also allegedly supported by J. Howard Pew of Sun Oil, a longtime friend and supporter of Robert W. Welch, who would later found the John Birch Society.

 この計画には複数の説があるが、一般的にはデュポン社、J.P.モルガン社、グッドイヤー社、アナコンダ・カッパー社、ベツレヘム・スチール社の幹部が支援していたと考えられており、弾薬はデュポン社の子会社であるレミントン・アームズ社が供給していた。また、後にジョン・バーチ・ソサエティを設立することになるロバート・W・ウェルチの長年の友人であり支援者でもあったサン・オイル社のJ・ハワード・ピューもこの計画を支援していたと言われています。

connecticuthistory.org

Butler eventually told MacGuire, “If you get 500,000 soldiers advocating anything smelling of Fascism, I am going to get 500,000 more and lick the hell out of you, and we will have a real war right at home.”

 バトラーは最終的にマクガイアに、「もしファシズムの匂いがするものを提唱する兵士が50万人になったら、私はさらに50万人を集めてお前たちをなめ回すつもりだ、そうすれば我々は自国で本当の戦争をすることになるだろう」と言った。

Congress concluded that the plot was real, even if not close to being realized. Contemporary newspaper accounts largely gave the impression that Butler had manufactured the story. Subsequent historical investigation suggests otherwise.

 議会は、この計画は実現には至らないにしても、現実にあったと結論づけた。当時の新聞報道では、バトラーがこの話を作ったという印象が強い。しかし、その後の歴史的調査では、そうではないことがわかってきた。

en.wikisource.org

www.bbc.co.uk 

https://miro.medium.com/max/1400/1*2EdFW1wKL3WhA0-XWHC1zg.jpeg

※ 1980年の銀市場の崩壊を調査する下院小委員会で宣誓するウィリアム・ハーバート・ハント(左)とネルソン・バンカー・ハント。写真:Bettmann/Contributor/Getty Images

On April 5, 1933, Franklin Roosevelt issued Executive Order 6102 which forbade the hoarding of gold coin, gold bullion, and gold certificates in the United States. This was foundational to the New Deal as it underpinned the primacy of the US dollar and did not allow for rich individuals to challenge it by keeping their assets primarily in gold. Wealth would need to be kept and transacted primarily in dollars. This was followed in 1934 by the Gold Reserve Act, which returned all gold certificates to the US Treasury.

 1933年4月5日、フランクリン・ルーズベルト大統領令6102号を発布し、アメリカ国内での金貨、金地金、金券の保有を禁止した。これは、ニューディール政策の根幹を成すものであり、米ドルの優位性を裏付けるものである。富裕層が資産を主に金で維持して、ドルに挑戦することはできない。富は主にドルで維持され、取引されなければならないのだ。その後、1934年に金準備法が制定され、すべての金券が米国財務省に返還された。

en.wikipedia.org

In the late 1970’s, Texas oil barons William Herbert and Nelson Bunker Hunt were feeling the effects of the energy crisis and runaway inflation. Their cash wealth was being eroded annually by the ever-weakening dollar, and they wanted to safeguard their holdings.

 1970年代後半、テキサスの石油王ウィリアム・ハーバートとネルソン・バンカー・ハントは、エネルギー危機と急激なインフレの影響を受けていた。彼らの現金は、ドル安の影響で毎年のように目減りしていたため、なんとか資産を守りたいと考えていた。

So they decided they would try to corner the market for another precious metal: silver. The Hunts went all-in, transferring their holdings almost entirely to the metal. They were seen by many as crazy gamblers, even as others admired their resolve.

 そこで彼らは、もう一つの貴金属である銀の市場を制覇しようと考えたのです。賭けに出て、自分たちの持ち株のほとんどを銀に変えてしまったのだ。狂気のギャンブラーと言われながらも、その決意を称える声もありました。

www.silvermonthly.com

Ultimately their effort to corner the silver market failed due to a combination of market and regulatory shifts, but their connection to the John Birch Society (and its founder Robert Welch and then-president Georgia Rep. Larry McDonald) would lead them to other important developments.

 しかし、ジョン・バーチ・ソサエティ(創設者のロバート・ウェルチと会長のジョージア州議会議員ラリー・マクドナルド)とのつながりは、彼らを別の重要な展開へと導いていくことになる。

In 1979, after helping Paul Weyrich found the Heritage Foundation in 1973, the Hunt brothers helped to fund Western Goals, the private intelligence agency founded by Maj. Gen. Jack Singlaub and Larry McDonald, and which was behind the Iran-Contra affair.

 ハント兄弟は、1973年にポール・ウェイリッチがヘリテージ財団を設立する際に協力した後、1979年には、ジャック・シングラウブ中将とラリー・マクドナルドが設立し、イラン・コントラ事件の背後にあった民間諜報機関「ウエスタン・ゴールズ」への出資に協力した。

https://miro.medium.com/max/300/1*Lgx9DnDBu1uezPAkAdA-pA.jpeg

And in 1981, following the inauguration of Ronald Reagan, they funded the one organization whose membership was most prominent in the January 6, 2021 insurrection: The Council for National Policy.

 そして1981年、ロナルド・レーガンの就任後、2021年1月6日の暴動で最も著名なメンバーが所属していた組織に資金を提供した。CNP(The Council for National Policy)です。 

en.wikipedia.org

 

(翻訳ここまで)


davetroy.medium.com より翻訳引用 

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】反共産主義、国内監視、そしてロシアとの同盟関係 - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その1

f:id:kazzhirock:20210411173128p:plain

共産主義、国内監視、そしてロシアとの同盟関係 - 「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 " その1

https://miro.medium.com/max/882/1*eoSRJDm62xu2Oo5tlBqLHQ.jpeg

※ カーター大統領とフランク・チャーチ(1977年頃)

The New York Times dubbed the year 1975 “the year of intelligence,” as Congress pursued a series of investigations in response to widespread allegations of abuse. From COINTELPRO to revelations about US Army intelligence, to concerns about covert CIA assassination efforts, there was a growing sense that the intelligence community (specificially FBI, the CIA, military intelligence, and other agencies) had gone rogue. Congress demanded answers.

  1975年は、ニューヨーク・タイムズ紙が「諜報活動の年」と呼んだ年で、不正使用の疑惑が広まったことを受けて、議会が一連の調査を進めた。コインテルプロ、米陸軍の情報機関に関する暴露、CIAの秘密暗殺活動に関する懸念など、情報機関(特にFBI、CIA、軍事情報機関、その他の機関)が不正を働いているという認識が広まっていた。議会は答えを求めた。

www.nytimes.comen.wikipedia.orgwww.npr.org

The Church Committee, created in early 1975 and overseen by Sen. Frank Church of Idaho, was perhaps the most influential of these investigations. It led to sweeping reforms in the form of executive orders and other legislation that curtailed the power of the CIA, and further clarified rules about what information could be collected about Americans.

  1975年初めにアイダホ州のフランク・チャーチ上院議員が中心となって設立されたチャーチ委員会は、これらの調査の中でも最も影響力のあるものだった。チャーチ委員会は、CIAの権限を制限し、アメリカ人に関する情報収集のルールを明確にするために、大統領令やその他の法律という形で、徹底的な改革を行った。

en.wikipedia.orgwww.brookings.edu

At the time, Maj. Gen. John K. “Jack” Singlaub was U.S. chief of staff in South Korea, overseeing American troops stationed there. Singlaub saw his mission in South Korea as key to the containment and rollback of communism in the region. Singlaub, along with Chiang Kai-Shek of Taiwan and several other anti-communist leaders, had founded the World Anti-Communist League in 1954. Singlaub was a committed anti-communist and believed strongly that continued presence of troops in Asia was a required element of any deterrence strategy.

  当時、ジョン・K・"ジャック"・シングラウブ元帥は、韓国に駐留する米軍を統括する在韓米軍参謀総長であった。シングラウブは、韓国における自分の任務を、この地域の共産主義を封じ込め、後退させるための鍵と考えていた。シングラウブは、台湾の蒋介石をはじめとする反共産主義者たちと一緒に、1954年に「世界反共産主義連盟」を設立した。シングラウブは熱心な反共主義者であり、アジアに軍隊を駐留させ続けることが抑止戦略の必須要素であると強く信じていた。

www.defensemedianetwork.comen.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/700/1*i0P2U3SLBoiekZh8M21wRA.jpeg

ジャック・シングラウブ元帥(未公開写真)

In early 1977, fulfilling a campaign promise he had made as early as 1975, President Carter announced that he would seek to withdraw troops from the Korean Peninsula. In response, Singlaub told The Washington Post that Carter’s plan was a mistake that would lead to war. Carter promptly fired Singlaub for undermining his authority. It was the first time a general had been fired by a president since MacArthur was recalled from Korea by Truman. Singlaub cultivated this injustice as a badge of honor.

  1977年初め、カーター大統領は1975年の選挙公約を実行し、朝鮮半島からの撤収を目指すことを発表した。これに対し、シングラウブは『ワシントン・ポスト』紙に「カーター大統領の計画は戦争につながる過ちだ」と語った。カーター大統領は、自分の権威を失墜させたとして直ちにシングラウブを解雇した。将軍が大統領から解雇されるのは、トルーマン大統領がマッカーサー朝鮮半島から呼び戻した時以来のことであった。シングラウブは、この不当な扱いを名誉の象徴としていた。

www.washingtonpost.com

www.washingtonpost.com

Larry McDonald was elected to Congress in 1974 and began his term in 1975, in the midst of the Congress’ crackdown on intelligence agencies. Shortly after, Singlaub and McDonald, who had both been active in the John Birch Society (where McDonald served as the group’s second president), came up with a new idea — something called “Western Goals.” Where the CIA and intelligence community was prohibited from collecting information on suspected communist influences in the United States, Western Goals, operating as an independent organization, felt it had no such restrictions.

  ラリー・マクドナルドは、1974年に連邦議会に当選し、1975年に任期を迎えたが、議会が情報機関を取り締まっている最中だった。ジョン・バーチ・ソサエティで活動していたシングラウブとマクドナルド(マクドナルドは同ソサエティの第2代会長を務めた)は、その直後に、"Western Goals "という新しいアイデアを思いついた。CIAや情報機関は、アメリカ国内の共産主義者の影響が疑われる情報を収集することを禁じられていたが、独立した組織として活動していた「ウエスタン・ゴールズ」は、そのような制約を受けないと考えたのである。

en.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/904/1*EGv4ruQrSNuCtH5T4g-aJg.jpeg

※ ウエスタン・ゴールズは、政府の共産主義者が国の情報能力を破壊しようとしていると考えていた。

Western Goals was squarely focused on the threat posed by communist infiltration within the United States — whether that threat was real or not. Roy Cohn, the infamous McCarthy era character who would later serve as mentor to Donald Trump, was on the Western Goals board, as was Larry McDonald’s first cousin, General George S. Patton III.

 ウエスタン・ゴールズは、アメリカ国内に共産主義者が侵入してくるという脅威に真っ向から取り組んでいました。マッカーシー時代の悪名高い人物であり、後にドナルド・トランプ氏の師匠となるロイ・コーン氏もウエスタン・ゴールズの役員であり、ラリー・マクドナルド氏のいとこであるジョージ・S・パットン3世将軍も役員であった。

www.youtube.com

They took records from the Los Angeles Police Department and many other sources and transcribed them into a $100,000 computer system, where they could be indexed and accessed later. Western Goals was a full-fledged Stasi-like intelligence agency, spying on average Americans, with the express goal of fighting perceived socialist and communist bogeymen. (See this 1983 Western Goals-produced documentary, The Subversion Factor.)

 ロサンゼルス市警をはじめとする多くの情報源から記録を取り、10万ドルのコンピューターシステムに書き込んで、後からインデックスを付けてアクセスできるようにしたのだ。ウエスタン・ゴールズは、社会主義者共産主義者と戦うことを明確な目的として、一般のアメリカ人を監視する、本格的なスタージのような諜報機関だったのです。(1983年にウエスタン・ゴールズが制作したドキュメンタリー映画The Subversion Factor」をご覧ください)

www.politico.com

https://miro.medium.com/max/500/1*C4dJ8dvRHSkYZQfGBclmpA.jpeg

※ 1981年1月20日レーガン大統領の最初の就任式にて

When Ronald Reagan was elected in 1980, there was a rush to secure the fruits of power and to enact legislation that would advance the administration’s agenda. A variety of conservative leaders including Singlaub, McDonald, Phyllis Schlafly (who had earned fame for fighting the proposed Equal Rights Amendment), and others formed the Council for National Policy to serve as a counter to the successful left-leaning organization, the Council on Foreign Policy. The group aimed to operationalize their networks for tangible, immediate gains.

 1980年にロナルド・レーガンが当選すると、政権の成果を確保するために、政権の課題を解決するための法案の制定が急がれた。シングラウブ、マクドナルド、フィリス・シュラフライ(平等権修正案に反対して有名になった)など、さまざまな保守派のリーダーたちが、左派組織である外交政策評議会に対抗するために「国家政策評議会」を結成したのだ。彼らは、自分たちのネットワークを活用して、目に見える形で利益を得ることを目指していた。

In a strange and tragic twist of fate, Larry McDonald was killed along with 268 others when his flight, Korean Airlines Flight 007, was shot down by the Soviet Union when it strayed into their airspace. This left Singlaub substantially in control of Western Goals, and he began to use it to continue his singular cause: fighting communism. With the passage of the 1982 Boland Amendment, the US government was explicitly prohibited from assisting the anti-communist Contras in Nicaragua. Singlaub took matters into his own hands.

 ラリー・マクドナルドは、大韓航空007便がソ連の領空に侵入して撃墜され、268人の仲間と一緒に亡くなりました。シングラウブはウエスタン・ゴールを実質的に手中に収め、共産主義との戦いという唯一の目的のためにそれを利用し始めた。1982年のボーランド修正条項により、アメリカ政府はニカラグアの反共産党コントラへの支援を明確に禁止された。シングラウブは、自らの手で問題を解決した。

www.washingtonpost.comen.wikipedia.org

https://miro.medium.com/max/500/1*SIrN6cDdoB4wAo1doIov4Q.jpeg

※ ラリー・マクドナルドは1983年9月1日に亡くなりました。現在、ラリー・マクドナルド氏の地区は、マージョリー・テイラー・グリーン氏が代表を務めています。

At the meeting of the Council for National Policy (CNP) in 1984 and at a 1985 Dallas meeting of Singlaub’s US Council for World Freedom (the US chapter of the World Anti-Communist League, which he also founded), he solicited funds from private donors such as Joseph Coors and heiress Ellen Garwood to fund the Contras. They were happy to oblige. Western Goals was used as the conduit for those funds.

 1984年のCNP(国家政策評議会)の会合や、1985年のダラスでのシングラウブの「米国世界自由評議会」(彼が設立した世界反共産主義者連盟の米国支部)の会合では、ジョセフ・クアーズや相続人のエレン・ガーウッドなどの個人献金者にコントラへの資金提供を呼びかけた。彼らは喜んでそれを受け入れた。ウエスタン・ゴールズは、その資金の窓口として利用された。

https://miro.medium.com/max/400/1*RmmKIN5VQt8SqgCPVBtfQA.png

※ オリバー・ノース中佐は、1987年に一躍有名になりました。彼は全米ライフル協会を率いて、ロシアとの関係を深めていった。

Singlaub would eventually be called to testify before Congress to explain his role in the Iran-Contra affair, which was orchestrated by CNP bigwig (and later NRA president) Lt. Col. Oliver North, on orders from the executive branch. Iran-Contra was the biggest scandal of the Reagan presidency. A messy, complicated affair, it threatened to ruin his legacy and those of several others — among them Robert “Bud” McFarlane, Reagan’s National Security Advisor, who attempted suicide three hours before he was to testify about his involvement.

https://miro.medium.com/max/1128/1*jVH6aSCDYd22ZWlgHtZdUQ.jpeg

Anti-communists: “Now what?” Also notable: the death of Robert Maxwell.

The total collapse of the Soviet Union on Christmas, 1991 presented an unprecedented opportunity for the United States, and the George H.W. Bush administration wasted no time in reorienting itself around this new geopolitical reality. Secretary of Defense Paul Wolfowitz worked with Lewis “Scooter” Libby to draft a document called “Defense Policy Guidance, 1992–1994.” In it, they outlined a vision of the United States presiding over a unipolar world, one in which it explicitly sought to prevent the emergence of any threat to its hegemony. A leaked early draft of the so-called “Wolfowitz Doctrine,” reached without input from Congress or the public, was widely ridiculed. A second and final draft, released in April 1992, softened some edges.

  1991年のクリスマスにソビエト連邦が完全に崩壊したことは、アメリカにとって未曾有のチャンスであり、ジョージ・H・W・ブッシュ政権は、この新しい地政学的現実に基づいて、時間をかけずに自らの方向性を変えていった。ポール・ウォルフォウィッツ国防長官は、ルイス・"スクーター"・リビーと協力して、「国防政策ガイダンス、1992-1994」という文書を作成した。そこには、米国が一極集中の世界を支配し、その覇権を脅かすものの出現を明確に阻止しようとするビジョンが描かれていました。「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」と呼ばれる初期の草案は、議会や一般市民の意見を聞かずにリークされ、広く嘲笑された。1992年4月に発表された第2次最終草案では、いくつかの部分が和らげられた。

nsarchive2.gwu.eduwww.nytimes.com

Dedicated anti-communists such as Singlaub had something of a dilemma. What now? With the Soviet Union consigned to the history books, their attention turned primarily to China. Falun Gong was also formed in 1992, in ostensible opposition to the Chinese Communist Party; Singlaub and his anti-communist friends felt some kinship with their cause.

  シングラウブのような熱心な反共主義者は、ある種のジレンマを抱えていた。さて、どうする?ソビエト連邦が歴史の教科書から消え、彼らの関心は主に中国に向けられた。法輪功も1992年に中国共産党に対抗して結成されたもので、シングラウブら反共産主義者は彼らに親近感を抱いていた。

en.wikipedia.org

Meanwhile in Russia, efforts were made to quickly privatize state-controlled industries. What resulted was a network of oligarchs who derived their power from proximity to the Kremlin. Vladimir V. Putin made a series of moves to wrest control away from Boris N. Yeltsin, who was widely perceived as ineffective, and a drunk.

 一方、ロシアでは国営企業の民営化が急ピッチで進められた。その結果、クレムリンに近いところで力を発揮するオリガルヒのネットワークが形成されていった。ウラジーミル・V・プーチンは、無能で酔っぱらいだと思われていたボリス・N・エリツィンから権力を奪うために次々と行動を起こした

www.institutionalinvestor.comwww.bbc.com

Putin also gained control in 1999 in part by manufacturing a video of a sexual liaison between his chief rival, Yuri Skuratov, and some prostitutes. This “kompromat” served to discredit Skuratov and effectively ended his political career. (These techniques have since expanded to include planting child pornography onto devices of dissidents).

 また、プーチンは1999年、最大のライバルであるユーリ・スクラートフと数人の売春婦との性的関係を撮影したビデオを製作したこともあり、支配権を獲得した。この "kompromat "はスクラトフの信用を失墜させ、彼の政治的キャリアを事実上終わらせた。(この手法は、その後、反体制派の端末に児童ポルノを仕込むことにも拡大している

www.nytimes.com

As power consolidated in Russia, the Orthodox church emerged as a new center of gravity, and a point of commonality between Russia and the United States. Allen Carlson, a religious conservative, traveled to Russia in 1995 on a trip to meet with people also interested in “traditional values.” While there, he had the idea to form the World Congress of Families (WCF), a group focused on international collaboration between Christian-aligned groups and predicated on opposition to gay marriage and LGBT rights.

 ロシアの権力が強化されるにつれ、正教会が新たな重心として浮上し、ロシアとアメリカの共通点となっていった。保守派のアレン・カールソンは、1995年にロシアを訪れ、「伝統的な価値観」に関心のある人々との出会いを求めて旅をした。そこで出会ったアレン・カールソンは、同性婚LGBTの権利に反対することを前提とした、キリスト教系団体の国際的な協力関係を目的とした団体「世界家族会議(WCF)」の結成を思いついた。

www.splcenter.org

Other religious groups such as The Family (documented by Jeff Sharlet) and the NRA also began to provide connective tissue that linked American conservative groups with their Russian counterparts. WCF, through powerful Kremlin-linked figures Alexey Komov, Vladimir Yakunin, and Konstantin Malofeev, developed a distinctly anti-LGBT and anti-women’s rights agenda.

ジェフ・シャーレットが記録した「The Family」や「NRA」といった他の宗教団体も、アメリカの保守派グループとロシアの保守派グループをつなぐ役割を果たすようになりました。WCFは、クレムリンとつながりのある強力な人物、アレクセイ・コモフ、ウラジミール・ヤクーニン、コンスタンチン・マロフェエフを通じて、反LGBT、反女性の権利という明確なアジェンダを展開した。

www.amazon.comwww.npr.orgwww.motherjones.com

Anti-abortion legislation modeled on US laws was advanced and passed in the Duma by conservative politician Elena Mizulina. Russia was learning from Phyllis Schlafly’s playbook. Malofeev began to argue for the creation of “conservative” versions of Google, Facebook, and other popular internet services — advice Rebekah Mercer would eventually take to heart when she funded social media upstart Parler.

 アメリカの法律をモデルにした人工妊娠中絶禁止法案が、保守派の政治家エレナ・ミズリーナによって進められ、下院で可決されました。ロシアはフィリス・シュラフライのプレイブックから学んでいたのだ。マロフェエフは、グーグルやフェイスブックなどの人気インターネットサービスに「保守的な」バージョンを作ることを主張し始めました。このアドバイスを受けたレベッカ・マーサーは、ソーシャルメディアの新興企業であるパーラーに出資します

www.motherjones.comwww.cnn.com

By 2011, WCF had developed a distinct orientation towards Russia—holding the bulk of its meetings in Russia and other Kremlin-friendly countries.

  2011年までに、WCFロシアに対する明確な志向性を持つようになり、会議の大部分をロシアやその他のクレムリンに友好的な国で開催するようになりました。

www.breakingchristiannews.com

Brian Brown, a WCF member, and Thomas Peters worked together at the US-based National Organization for Marriage, a group opposed to gay marriage.

 WCFのメンバーであるブライアン・ブラウンとトーマス・ピータースは、同性婚に反対する米国の団体「National Organization for Marriage」で一緒に働いていました。

www.nationformarriage.org

https://miro.medium.com/max/4000/1*1pOjtYtWlsSL6N13MkmOhA.jpeg

※ uCampaignのアプリは、マーサーの寵児テッド・クルーズや、後にはドナルド・トランプなど、世界中の複数のキャンペーンのためにカスタマイズされました。
 

https://miro.medium.com/max/2800/1*ylCpDLKJxXZasPwGAKHxBw.jpeg

Thomas Peters joined up with a Russian-trained engineer, Vladislav Seryakov, to form the company uCampaign. Funded by an ardent anti-abortion advocate and associate of Rebekah Mercer’s named Sean Fieler, the company developed gamified apps for political candidates in Cyprus and a variety of ideologically-aligned campaigns around the world —including those of Ted Cruz and Donald Trump.

  Thomas Petersは、ロシアで教育を受けたエンジニアVladislav Seryakovと共同でuCampaign社を設立しました。同社は、レベッカ・マーサーの同僚である熱心な中絶反対派のショーン・フィーラーが資金を提供し、キプロスの政治家候補や、テッド・クルーズドナルド・トランプをはじめとする世界中のさまざまなイデオロギーに沿ったキャンペーンのためにゲーミングアプリを開発しました。

https://www.crunchbase.com/organization/ucampaign

news.littlesis.orgmedium.comen.wikipedia.org

By 2014, the anti-communist fervor personified by Singlaub had, ironically, fully merged with the Kremlin agenda, one which was centered on consolidation of power by oligarchs as well as an alliance with the Orthodox church to consolidate their hold over the Russian public.

 2014年になると、シングラウブに代表される反共熱は、皮肉にも、オリガルヒによる権力の強化と、ロシア国民に対する支配力を強化するための正教会との提携を中心としたクレムリンアジェンダと完全に融合した。

https://miro.medium.com/max/700/1*m1Z7VCsWBxt3QWoWhwrUyA.png

※ マイケル・T・フリンは、2018年9月14日に初代「シングラブ賞」を受賞しました。

At the September 14, 2018 gathering of the Schlafly Eagles, Singlaub’s organization, “America’s Future,” presented General Michael T. Flynn with its inaugural “Singlaub Award,” to honor him as the first person deemed fit to carry on Singlaub’s legacy.

 2018年9月14日に開催された「シュラフライ・イーグルス」の集まりで、シングラウブの団体「アメリカの未来」は、マイケル・T・フリン将軍に、シングラウブの遺志を継ぐにふさわしいと判断された最初の人物として彼を称える初の「シングラウブ賞」を授与した

www.army.milwww.phyllisschlafly.comwww.c-span.org

Singlaub, now aged 99, is still alive. On January 23, 2020, he penned a letter to then Attorney General William Barr asking him to “Free Mike Flynn and Drop the Charges.”

 現在99歳のシングラウブは、まだ生きている。2020年1月23日、彼は当時の司法長官ウィリアム・バーに、"マイク・フリンを釈放して告訴を取り下げてくれ "という手紙を書いた。

www.phyllisschlafly.com

Flynn was pardoned by President Donald Trump on November 30, 2020.

 フリンは、2020年11月30日にドナルド・トランプ大統領から恩赦を受けた。

 

(翻訳ここまで)

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 "とは?- シリーズ全体像

f:id:kazzhirock:20210410175220p:plain

「1月6日」の裏に隠された "大きな歴史 "とは? - シリーズ全体像

https://miro.medium.com/max/2000/1*-L5ZpYiVg6ZuW7YmkiO9oQ.png

※ 1月6日に実行された "大きな歴史 "に登場した人物たちを紹介します。

 

For the last fourteen years, I’ve been studying disinformation campaigns and the data trails they leave behind on the Internet. And I’ve conducted countless one-on-one interviews with dozens of sources from government and military, and with journalists, researchers, and defectors from these networks.

 この14年間、私は偽情報キャンペーンと、それがインターネット上に残すデータの痕跡を研究してきた。また、政府や軍の情報源、ジャーナリスト、研究者、ネットワークからの離脱者など、数え切れないほどの一対一のインタビューを行ってきました。

January 6th was the culmination of decades worth of groundwork. We can trace many disinformation and infiltration campaigns back to about 2011. But the broader effort reaches back to the late 1970’s and early 1980’s. And those efforts in turn have roots that go back to the 1930's.

 1月6日は、何十年にもわたる下準備の集大成でした。2011年頃までに行われた多くの情報操作や潜入キャンペーンを追跡することができます。しかし、より広範な活動は、1970年代後半から1980年代前半にまでさかのぼります。そして、それらの活動は、1930年代にまでさかのぼります。

This essay series is an effort to tell this story in a way that is as succinct as possible, but no moreso. Clearly, this narrative is long, complex, and could be expanded to book length. My goal for now is simply to share what I believe is both a correct and sense-making explanation for what we have seen and experienced. Other treatments are likely to follow from myself and others.

 このエッセイシリーズは、この物語をできるだけ簡潔に、しかしそれ以上に伝えようとするものです。明らかに、この物語は長く、複雑で、本の長さにまで広げられるものです。今のところ、私の目標は、私たちが見たこと、経験したことに対して、正しく、かつ理にかなった説明であると信じていることをお伝えすることです。私自身や他の人たちが、他の治療法を紹介することになるでしょう。

Please read these essays, and share them if you also find them instructive. Some may feel bewilderment at the scope of this history, and be tempted to put it aside for that reason. Readers should resist that temptation. This history is well-documented and widely corroborated. When a story is correctly framed, facts are accretive. In all my work on this topic, this story has been augmented and not materially altered with the addition of new information.

 これらのエッセイをお読みになり、ご参考になる点があればご紹介ください。この歴史の広さに戸惑いを感じ、それを理由にこの本を手放そうとする人もいるかもしれません。しかし、そのような誘惑に負けないでください。この歴史は十分に記録されており、広く裏付けられています。物語が正しく組み立てられていれば、事実は後からついてくるものです。このテーマに関する私のすべての仕事において、この物語は新しい情報を加えて増補されたものであり、重要な変更はありません。

 “Facts are stubborn things; and whatever may be our wishes, our inclinations, or the dictates of our passion, they cannot alter the state of facts and evidence.”
― John Adams

"事実とは頑固なものであり、我々の願望、性向、情熱の指示がどうであろうと、事実と証拠の状態を変えることはできない。"
- ジョン・アダムス

 

  • 第1部:反共産主義、国内監視、そしてロシアとの同盟関係
  • 第2部:金・銀・暗号通貨
  • 第3部:第四世代の戦争、国家政策会議、ストップ・ザ・スティー
  • 第4部:インテリジェンス、ビッグオイル、オクトパス
  • 第5部:痴漢、キャンセル文化、QAnon
  • 第6部:The Bet

 

序文

The work of multiple researchers and historians has intersected to provide a fuller picture of the historical forces that led to the events of January 6th. The story centers on the Council for National Policy (CNP) and its members and affiliates who were the most active organizers and participants. But the deeper question is why this history unfolded the way it did.

 複数の研究者や歴史家の仕事が交錯し、1月6日の出来事につながった歴史的な力の全貌が明らかになりました。物語の中心となるのは、最も積極的に組織・参加したCNP(Council for National Policy)とそのメンバー、関連団体である。しかし、より深い疑問は、なぜこの歴史があのように展開したのかということである。

en.wikipedia.org

Where did the CNP come from? What are its goals? Considering this larger historical frame apart from the day-to-day frustrations of party politics reveals a number of key themes. CNP was born from the same network of people who created both the John Birch Society and the World Anti-Communist League. In turn, those networks are also tightly associated with the birth of American libertarianism and also harbor a fervent and lingering passion for the gold standard.

 CNPはどこから来たのか?その目標は何か?政党政治の日々の不満とは別に、この大きな歴史的枠組みを考えてみると、いくつかの重要なテーマが見えてくる。CNPは、「ジョン・バーチ・ソサエティ」や「世界自由民主連盟」を作った人たちと同じネットワークから生まれた。それと同時に、これらのネットワークは、アメリカのリバタリアニズムの誕生にも深く関わっており、金本位制への熱狂的な思いを抱いている。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

Within this community, the fear and distrust of communism cannot be separated from the libertarian “non-aggression principle” and the preference for the gold standard. The fetish for gold is in fact directly tied into the non-aggression principle in that they see inflationary fiat currency as a kind of “molestation,” as articulated by Robert LeFevre, considered by many to be the progenitor of modern American libertarian thought.

 この共同体の中で、共産主義の恐怖と不信は、自由主義の 「不可侵原則」 と金本位制の選好から切り離すことはできない。金への執着は、事実、不可侵原則に直接結びついている。というのは、彼らはインフレの通貨を、ロバート・ルフェーヴルが述べたように一種の 「痴漢行為」 と見ているからである。現代のアメリ自由主義思想の先駆者であると多くによって考えられている。

en.wikipedia.org

The overlap in the work of just these three historians provides the foundation for a deeper understanding of the longer term trends.

 この3人の歴史家の仕事が重なることで、長期的なトレンドをより深く理解するための土台ができあがるのです。

https://miro.medium.com/max/1400/1*8ioC12P7gtTUy_bm4BhA0w.png

Long-term historical conflicts provide a more useful lens for understanding this “big history” than the minutiae of quotidian partisan politics, which should be subordinated to their more important macroeconomic and philosophical drivers. For example, the longer term trends animating current disputes include relitigating the New Deal, the gold standard (now mapped to cryptocurrency), central banks, multilateral alliances, taxation, Vatican II, abortion, women’s rights, climate change, fossil fuel dependence, and anti-Semitism.

 長期的な歴史上の対立は、この「大きな歴史」を理解するために、より重要なマクロ経済的、哲学的な原動力に従属させるべき、時事的な党派政治の瑣末な問題よりも、より有用なレンズを提供する。例えば、ニューディール政策金本位制(現在は暗号通貨に置き換えられている)、中央銀行、多国間同盟、税制、第2バチカン公会議、妊娠中絶、女性の権利、気候変動、化石燃料依存、反ユダヤ主義などが、現在の紛争を引き起こしている長期的な傾向である。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

Because these contentious issues cannot be resolved in a generation, if indeed they ever can be, their study requires consideration of networked interests that persist over time, rather than a focus on specific politicians or personalities. For example, the network of interests that promoted Donald Trump will persist in time and select another avatar for the same purpose; the details about that person are not especially important. They will either be a net positive or a net negative to the network that selects them. And the issues they carry will either be carried forward for later settlement, or an issue may be resolved with a new consensus.

 このような争点は一世代で解決できるものではないので、特定の政治家や人物に焦点を当てるのではなく、時間をかけて持続するネットワーク化された利害関係を考察する必要があります。例えば、ドナルド・トランプを支持した利害関係者のネットワークは、時が経っても持続し、同じ目的のために別のアバターを選択するでしょうが、その人物についての詳細は特に重要ではありません。その人についての詳細は特に重要ではありません。彼らは、彼らを選んだネットワークにとって、ネットでプラスになるか、ネットでマイナスになるかのどちらかです。そして、彼らが抱えている問題は、後の解決のために持ち越されるか、あるいは新たなコンセンサスを得て問題が解決されるかもしれません。

The overarching conflict is over whether the world should seek to pursue democratic or so-called “neofeudal” forms of governance. Advocates of neofeudalism believe that departure from the gold standard was a mistake, and that scarcity of wealth provides a mechanism for keeping score and assignment of value. People with more gold are thus more valuable. And this scoring is immutable and cannot be “molested” by predators such as central bankers. The philosophy is rooted in a literal zero-sum view of value creation and storage.

 世界は、民主主義的な統治形態を目指すべきか、いわゆる「新封建的」な統治形態を目指すべきか、という点が大きな対立点となっています。新封建主義の提唱者は、金本位制からの脱却は誤りであり、富の希少性がスコアと価値の割り当てのメカニズムを提供すると考えている。より多くの金を持っている人は、より価値があるということです。そして、このスコアリングは不変であり、中央銀行のような捕食者が「痴漢」することはできない。この哲学は、価値の創造と保存についての文字通りのゼロサム・ビューに根ざしています。

For neofeudalists, the accumulation of wealth and power rightly allows for those with extreme wealth to capture the institutions of the state and ultimately dismantle them. The goal is what Robert LeFevre described as “autarchy,” or literal self-rule by the individual. Details are scant on chores like trash collection and how that might be handled, except for hand-waving about the “market” taking care of it.

 新封建主義者にとって、富と権力の蓄積は、極端な富を持つ者が国家の制度を取り込み、最終的には解体することを可能にするのが当然である。その目的は、ロバート・ルフェーヴルが言うところの「オートキー」、つまり個人による文字通りの自己統治です。ゴミ収集のような雑用やその処理方法については、「市場」がそれを処理するという手のひらを返したような言い方をしているだけで、詳細は不明です。

In the narrative of the modern enlightenment, “democracy” is held as the most just form of government, despite its flaws. The founding myths of the United States reinforce this story in ways that are both propaganda and also factual. And it is true: most Americans aspire to self-governance by, of, and for the people.

 近代啓蒙主義の物語では、「民主主義」は、その欠陥にもかかわらず、最も公正な政府の形態であるとされている。米国の建国神話は、プロパガンダであると同時に事実に基づいた方法でこの物語を補強している。そしてそれは真実である。ほとんどのアメリカ人は「人民の、人民による、人民のための」自治を望んでいる。

Autarchists, hardline libertarians, and free speech absolutists challenge the authority of the state. When allied with anarchists from the left, they may together form a powerful faction that serves to undermine the authority and function of the state. For this reason, it is necessary to address the legitimate concerns that such a unified faction may hold in order that it not come to subvert the will and interests of the majority of the population.

 オートアーチスト、強硬なリバタリアン言論の自由絶対主義者は、国家の権威に異議を唱えます。左派のアナーキストと一緒になると、彼らは国家の権威と機能を弱体化させるための強力な派閥を形成することになります。そのため、このような統一された派閥が、国民の大多数の意思や利益を覆すようなことにならないように、そのような派閥が抱く正当な懸念に対処する必要があるのです。

 

(訳注)

オートアーキズムとは、個人の自由と自立を目指す道徳的思想である個人主義の原則を推進する政治哲学である。強制的な政府を否定し、他人による支配を排除して自分自身を支配するために、政府を排除することを支持します。

en.wikipedia.org

This set of stories — and it is several stories, too wide in scope to tell in one sitting or a single article — centers on this tension between the state and those who would seek to destroy it; it is about the tension between the institutions that brought relative prosperity and peace in the last half of the 20th century, and those who wish to destroy them in favor of something new and as yet unspecified. It is about the tension between “socialism” (both as it is and as it is imagined to be) and hardline libertarianism. And it is about capitalism and its present and future, and what kind of guardrails and safety nets we choose to attach to it.

 この一連の物語 - そしてそれはいくつかの物語であり、範囲が広すぎて一度に語ることも一度の記事で語ることもできない - は、国家とそれを破壊しようとする者たちとの間のこの緊張関係を中心にしているそれは、20世紀後半に相対的な繁栄と平和をもたらした制度と、それを破壊して何か新しい、まだ特定されていないものを支持しようとする人々との間の緊張についてです。それは 「社会主義」 (ありのままと想像されているものの両方) と強硬な自由主義の間の緊張についてのものだ。資本主義の現状と将来そしてどんなガードレールやセーフティーネットを取り付けるかということです。

Social phenomena such as disinformation and influence campaigns are but symptoms of these conflicts playing out in the heavens above. By developing a better understanding of these historical drivers we can seek to explicate the ephemera we observe within the terms of these long-standing conflicts. Additionally, it is useful to consider these conflicts not in partisan political frames, or as those between nation-states, but rather between factions that are globally networked.

 偽情報や影響力キャンペーンなどの社会現象は、天上で繰り広げられている紛争の症状にすぎません。このような歴史的な要因を理解することで、長年の紛争の中で観察されるエフェメラル(一過性)を説明することができます。さらに、これらの紛争を、党派的な政治的フレームや国民国家間の紛争としてではなく、グローバルにネットワーク化された派閥間の紛争として考えることも有益である。

Americans wishing to curb illiberal forces are as likely to be fighting a network of factions that exists in the US, Russia, Turkey, Israel, Iran, western Europe, and China, and should prepare accordingly. Citizens United opens up a global portal for these networks; it no longer makes sense to consider nation-state boundaries as especially relevant when looking at networks of influence.

 非自由主義的な勢力を抑えようとするアメリカ人は、アメリカ、ロシア、トルコ、イスラエル、イラン、西ヨーロッパ、中国に存在する派閥のネットワークと戦うことになる可能性が高く、それに応じた準備が必要である。市民連合は、こうしたネットワークの世界的な入り口を開いたのであり、影響力のネットワークを考える際に、国民国家の境界を特に意識することはもはや意味がない。

America has had a particularly difficult time the last 5 years trying to deal with well-documented “Russian meddling” and the persistent denial thereof by those who point to Americans as being just as culpable. Ultimately meddling was a counter-descriptive term because a network of Americans, Russians, Europeans, Chinese, Australians, Brazilians and people in many other countries have all collaborated to promote illiberal forces across the globe. It should not be a surprise that Eduardo Bolsonaro was present on January 6th, or that Polish MP Dominik Tarczyński and Germany’s AfD Petr Bystron have attended events hosted by Phyllis Schlafly’s Eagles organization. Indeed, it is a networked coalition.

 アメリカはこの5年間、「ロシアの干渉」という証拠が十分に残っているにもかかわらず、アメリカ人にも同様の罪があると指摘する人々がそれを根強く否定していることに対処するため、特に困難な時期を過ごしてきました。なぜなら、アメリカ人、ロシア人、ヨーロッパ人、中国人、オーストラリア人、ブラジル人、その他多くの国の人々のネットワークが、世界中で非自由主義的な勢力を促進するために協力しているからです。1月6日にエドゥアルド・ボルソナロ(ブラジル大統領)が出席したことや、ポーランドの国会議員ドミニク・タルチニスキやドイツのAfD(ドイツの極右政党「ドイツのための選選択肢」)ペトル・ビストロンがフィリス・シュラフリーの組織「イーグルス」が主催するイベントに参加したことは、驚くべきことではありません。まさに、ネットワーク化された連合なのである。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

Continuous immersion in television news and talk radio has crowded out the opportunity to consider more than the present moment. Perhaps by pausing to wonder at the history that has brought us here, we can regain some perspective on what’s happening, and gain a new footing as we seek to curtail the advancement of illiberalism in the world.

 テレビのニュースやトーク・ラジオを聞き続けていると、現在の状況以上のことを考える機会がなくなってしまいます。私たちをここに連れてきた歴史に思いを馳せることで、今起きていることへの視点を取り戻し、世界における非自由主義の進行を抑制するための新たな足場を得ることができるのではないでしょうか。

 

(翻訳ここまで)

 

davetroy.medium.com より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング

【海外記事より】解説:アドレノクロム


f:id:kazzhirock:20210409170040p:plain

解説:アドレノクロム

Like any number of other conspiracy theories, one of the central pillars of QAnon belief is that there is a shadowy organization that secretly rules the world. As QAnon is often a radicalization of theories that came before, it is not enough for the decision-makers to simply be the mega-wealthy: QAnon heightens the peril by teaching that they are also Satanists. The reason for their continued quest for domination of the earth is not the accumulation of money or power, but in service of their master Lucifer (or Baal, or Moloch, depending on which Anon you ask, as they are all interchangeable within QAnon belief). To this end, the Cabal traffics children to use into their sexual orgies and cannibalistic rituals, for the ultimate purpose of extracting adrenochrome from their terrified bodies, a chemical that QAnon believes gives the user a high as potent as heroin but also extends life itself.

 他の多くの陰謀論と同様に、QAnonの信念の中心的な柱の一つは「世界を密かに支配する影の組織が存在する」というものです。QAnonは、それまでの理論を先鋭化したものであることが多いため、意思決定者が単に巨大な富裕層であるだけでは十分ではない。QAnonは、彼らが悪魔崇拝者でもあることを教えることで、危険性を高めている。QAnonは、彼らが悪魔崇拝者でもあることを教えることで危険性を高めている。彼らが地球の支配を求め続ける理由は、お金や権力の蓄積ではなく、彼らのマスターであるルシファー(あるいはバアル、モロク、どのアノンに尋ねるかによって異なるが、QAnonの信念ではこれらはすべて交換可能である)に仕えるためである。この目的のために、カバルは子供たちを人身売買し、彼らの性的乱交や人肉食の儀式に利用している。その究極の目的は、彼らのおびただしい体からアドレノクロムを抽出することである。この化学物質は、使用者にヘロインと同じくらい強力なハイテンションを与えると同時に、生命そのものを延長するとQAnonは信じている。

But how did they get here? As a syncretic belief system, QAnon’s theories about adrenochrome come from multiple sources, where believers take bits and pieces of science fiction, science fact, and religious traditions and blend them together to construct a mythos that (to them) seems grounded.

 しかし、彼らはどのようにしてここにたどり着いたのか?QAnonの副腎皮質に関する理論は、複数の情報源から構成されており、信奉者はSF、科学的事実、宗教的伝統の断片を組み合わせて、 (彼らにとって) 根拠があるように思える神話を作り上げている。

Some quick facts about adrenochrome

アドレノクロムについての豆知識

Adrenochrome is a real chemical. It is oxidized adrenaline (or epinephrine), and can be found naturally in the body whenever it processes adrenaline. It can also be synthesized in a lab and is readily available for purchase.

アドレノクロムは実在する化学物質です。アドレナリン(またはエピネフリン)を酸化させたもので、体内でアドレナリンを処理する際に自然に見られるものです。また、実験室で合成することも可能で、すぐに購入することができます。

Adrenaline is produced by the adrenal glands that are found atop the kidneys. More specifically, adrenaline is produced by the inner adrenal glands, or the adrenal medulla. Adrenaline is released into the bloodstream during moments of fright or stress (the so-called “fight or flight reflex”) and will increase your heart rate, breathing, and cause vasoconstriction, sending more blood to the major muscle groups. Adrenaline also allows the body to break down more complex sugars to fuel a rush of energy.

 アドレナリンは、腎臓の上部にある副腎で生成されます。具体的には、副腎の内側、つまり副腎髄質でアドレナリンが生成されます。アドレナリンは、恐怖やストレスを感じたときに血液中に放出され(いわゆる「闘争・逃走反射」)、心拍数や呼吸数を増加させ、血管収縮を起こして主要な筋肉群に多くの血液を送り込みます。また、アドレナリンは、体内でより複雑な糖を分解し、エネルギーを急上昇させます。

Importantly, the pineal gland does not produce adrenaline. The pineal gland produces melatonin, which helps regulate the sleep cycle.

 重要なのは、松果体はアドレナリンを生成しないということです。松果体は、睡眠サイクルを調整するメラトニンを生成します。

An origin in science

科学の起源

Adrenochrome was studied during the 1950s as being a possible cause of schizophrenia. Because adrenaline and mescaline have similar molecular structures, and because schizophrenics experienced heightened delusions while under stress, scientists in 1952 published a paper theorizing that adrenaline itself might have psychotomimetic qualities, and that oxidized adrenaline (that is, adrenochrome) might have even stronger effects. They theorized that as adrenochrome was a chemical that naturally occurred in the body, a buildup of adrenochrome might be the true cause of schizophrenic delusions. Even more papers followed between 1954 and 1957, examining its impact on epileptics and schizophrenics, often tested alongside known euphorics and hallucinogens like mescaline and LSD.

 アドレノクロムは、1950年代に統合失調症の原因として研究された。アドレナリンとメスカリンは分子構造が類似しており、統合失調症患者はストレスを受けると妄想が強くなることから、1952年に科学者たちは、アドレナリン自体に精神刺激作用があり、酸化したアドレナリン(アドレノクロム)にはさらに強い作用があるのではないかという理論を発表した。彼らは、アドレノクロムが体内に自然に存在する化学物質であることから、アドレノクロムの蓄積が統合失調症の妄想の真の原因ではないかと考えたのです。1954年から1957年にかけて、さらに多くの論文が発表され、てんかん患者統合失調症患者への影響を調べ、メスカリンやLSDのような既知の陶酔剤や幻覚剤と一緒にテストされました。

Osmond, H. and Smythies, J. (1952) “Schizophrenia: a New Approach
Osmond, H. and Smythies, J. (1952)「統合失調症:新しいアプローチ」

pdfs.semanticscholar.org

Hoffer, A, Osmond, H. and Smythies, J. (1954) “Schizophrenia: a New Approach II, Result of a Year’s Research
Hoffer, A, Osmond, H. and Smythies, J. (1954) 「統合失調症:新しいアプローチII、1年間の研究の結果」

www.cambridge.org

Szatmari, A, Hoffer, A, and Schneider, R (1955) “The Effect of Adrenochrome and Niacin on the Electroencephalogram of Epileptics
Szatmari, A, Hoffer, A, and Schneider, R (1955) 「てんかんの脳波に対するアドレノクロムとナイアシンの影響」

ajp.psychiatryonline.org

Ment, J (1955) “Adrenochrome as the Cause of Schizophrenia: Investigation of Some Deductions from this Hypothesis
Ment, J (1955) 「統合失調症の原因としてのアドレノクロム:この仮説からのいくつかの推論の調査」

pubmed.ncbi.nlm.nih.gov

Schwartz, B, Sem-Jacobsen, C, and Petersen, M (1956) “Effects of Mescaline, LSD-25, and Adrenochrome on Depth Electrograms in Man
Schwartz, B, Sem-Jacobsen, C, and Petersen, M (1956) 「人間の深度電位図に対するメスカリン、LSD-25、アドレノクロムの影響」

Because adrenochrome did not produce the results that were predicted, and the results that were recorded were not comparable to that of mescaline or LSD, that specific line of adrenochrome research did not survive into modern scholarship, dying out almost entirely by 1975. But by then, the notion that adrenochrome was a hallucinogen as potent as mescaline was already firmly planted in pop culture.

 アドレノクロムは予測された結果が得られず、記録された結果もメスカリンやLSDとは比較にならなかったため、アドレノクロムの研究は現代の学問には残らず、1975年にはほとんど消滅してしまった。しかし、その頃には、アドレノクロムがメスカリンと同じくらい強力な幻覚剤であるという考えは、すでにポップカルチャーに定着していた。

The jump from science to science fiction

科学からSFへの跳躍

The emergence of adrenochrome’s supposed effects into popular culture began in 1954, when Aldous Huxley first heard about the 1952 paper examining adrenochrome and its “close biochemical relationship between adrenaline and mescaline.” Huxley was already experimenting with mescaline use, and though he never tried adrenochrome, he included a mention of the substance as a powerful hallucinogen and euphoric in The Doors of Perception.

 アドレノクロムの効果が大衆文化に登場したのは、1954年にオルダス・ハクスリーが、アドレノクロムとその「アドレナリンとメスカリンの間の密接な生化学的関係」を調べた1952年の論文について初めて耳にしたときからである。ハクスリーはすでにメスカリンの使用を試みており、アドレノクロムを試したことはなかったが、『知覚の扉』の中で、強力な幻覚剤や多幸感をもたらす物質として言及していた。

en.wikipedia.org

知覚の扉 (平凡社ライブラリー)

The purported similarities between mescaline and adrenochrome were reinforced with the 1962 publication of A Clockwork Orange, when Alex and his droogs visit the Korova Milk Bar, with two of the listed drug-laced options being drencrom and synthemesc.

 メスカリンとアドレノクロムの類似性が指摘されたのは、1962年に出版された「時計じかけのオレンジ」の中で、アレックスとドロッグたちがコルドバのミルクバーを訪れたときのことで、ドレンクロムとシンテメスクの2種類のドラッグが掲載されている。

en.wikipedia.org

時計じかけのオレンジ (字幕版)

Perhaps the most impactful use of adrenochrome in fiction was Fear and Loathing in Las Vegas, written in 1971 by Hunter S Thompson. Not only did Thompson’s novel introduce the idea that adrenochrome had to be extracted from a living body to retain its hallucinogenic properties, but the 1998 film adaptation repeated the myth for a modern audience.

 アドレノクロムが小説の中で最も衝撃的に使われたのは、1971年にハンター・S・トンプソンが書いた「Fear and Loathing in Las Vegas(邦題:ラスベガスをやっつけろ)」だろう。トンプソンの小説は、アドレノクロムの幻覚作用を維持するためには生体から抽出しなければならないという考えを導入しただけでなく、1998年に映画化された際には、この神話を現代の観客に向けて繰り返し伝えた。

en.wikipedia.org

ラスベガスをやっつけろ (字幕版)

The conspiratorial history of adrenochrome

アドレノクローム陰謀史観

The cultural origin of adrenochrome conspiracy theories is largely twofold.

 アドレノクローム陰謀論の文化的起源は、大きく分けて2つあります。

First, it is a modern retelling of the medieval antisemitic conspiracy theory of blood libel, a belief dating back to the 1100s in England that secret conclaves of Jews abduct and ritually murder Christian children to use their blood for making maztos or to work magic to ensure they would again inherit the Holy Land.

 まず、中世の反ユダヤ陰謀論である「血の名誉毀損」を現代風にアレンジしたものです。血の名誉毀損とは、ユダヤ人の秘密結社がキリスト教徒の子供を誘拐して儀式的に殺害し、その血でマズトを作ったり、再び聖地を受け継ぐための魔法をかけたりするというもので、1100年代のイギリスで生まれました。

en.wikipedia.org

Second, it is an evolution of the common cultural myth of the vampire, a secret aristocracy composed of monsters who rely on drinking the blood of common people (or sometimes more specifically the innocent) to perpetuate their immortality.

 第二に、文化的に一般的な吸血鬼の神話を進化させたものである。吸血鬼とは、一般人(時には罪のない人)の血を飲むことで不老不死を実現しているモンスターで構成された秘密の貴族である。

These two longstanding myths were largely background elements of the Satanic Panic in the 1980s, when many Americans believed that devil-worshiping cults were operating across the United States and that they were kidnapping and abusing children nationwide. While “blood rituals” involving children were common tropes during the Panic, the children were usually cast as unwilling participants in the rituals, and not the ones being sacrificed. The goal of immortality and the mention of adrenochrome was absent entirely.

 この2つの神話は、1980年代にアメリカで起こった「悪魔パニック」の背景となったものです。このパニックでは、子供たちを巻き込んだ「血の儀式」がよく行われていましたが、子供たちは通常、儀式の不本意な参加者として登場し、生贄にされる側ではありませんでした。また、不老不死の目的やアドレノクロームについての言及は全くありませんでした。

www.latimes.com

During the late 1990s and into the 2000s, the theories of the Satanic Panic saw the incorporation of partisan politics, when longstanding hatred for Hillary Clinton was injected into the mythos and she became a full Satanic priestess. As more and more conspiracy believers gained access to the internet, their theories started to blend together even further, becoming as unfocused as the annual tradition of finding occult meaning in the Superbowl Halftime Show.

 1990年代後半から2000年代にかけて、サタニックパニックの理論には党派的な政治が取り入れられました。長年の憎しみを持つヒラリー・クリントンが神話に組み込まれ、彼女は完全な悪魔の巫女となりました。陰謀論者がインターネットにアクセスするようになると、彼らの説はさらに混ざり合い、スーパーボウルのハーフタイムショーにオカルト的な意味を見出すという恒例行事のように、焦点が定まらなくなっていきました。

www.dcclothesline.com

www.amazon.com

By the time Pizzagate reared its head in 2016, the Cabal had already grown to include the near-totality of the Democratic Party and anyone who supported them, which draws in most celebrities and of course the investor and philanthropist George Soros. Pizzagate itself did not introduce much new content to the existing theories, but instead tied all the preexisting elements together with the idea that the Podesta emails leaked by WikiLeaks showed the outlines of the child-murdering sex Cabal operating out of the basement of Comet Pizza.

 2016年に「ピザゲート」が頭をもたげたときには、カバルはすでに民主党のほぼ全員と彼らを支持する者を含むまでに成長しており、ほとんどの有名人や、もちろん投資家で慈善家のジョージ・ソロスも引き込まれています。ピザゲート自体は、既存の理論にあまり新しい内容を導入しなかったが、その代わりに、ウィキリークスによってリークされたポデスタの電子メールが、コメットピザの地下で活動している子供殺しの性のカバルの輪郭を示しているという考えで、既存の要素をすべて結びつけたのである。

en.wikipedia.org

QAnon’s beliefs about adrenochrome are slightly unusual in that Q has never actually said “adrenochrome” in a Drop (though there is the infamous and now-deleted “walnut sauce” Drop made on August 1st 2018). It arrived in QAnon as a fully-formed belief from Pizzagate, and continues to be spread by Q promoters and followers to this day. In this way, the adrenochrome theory bears a similarity to the JFK Jr theory.

 QAnonのアドレノクロムに関する信念は、Qが実際にDropで「アドレノクロム」と言ったことがないという点で、少し変わっています(2018年8月1日に行われた悪名高い、現在は削除されている「くるみソース」のDropはありますが)。それはPizzagateから完全な信念としてQAnonに届き、Qのプロモーターやフォロワーによって今日まで広められ続けている。このようにアドレノクロム説は、JFK.Jr説との類似性を持っている。

Can the adrenochrome harvesting theory possibly be true?

アドレノクローム採取説はありえるのか?

Simply put, no. Not only is there no scientific basis to support the supposed effects of adrenochrome, the theory itself does not stand up to biology, mathematics and economics.

 簡単に言えば、「ない」です。アドレノクロムの効果を裏付ける科学的根拠がないだけでなく、理論自体が生物学、数学、経済学に耐えられないのです。

Basal levels of adrenaline in humans is ~65 pg/ml. In acute stress, levels can raise by as much as 20 times, 1300 pg/ml (or .0013 mg/L). With ~5 liters of blood in an adult, that's .0065 mg circulating in the body. In a child’s body, with only ~2.5 liters of blood, the amount of adrenaline is only .00325 mg.

 人間のアドレナリンの基礎値は約65pg/mlです。急激なストレスがかかると、その20倍の1300pg/ml(0.0013mg/L)にもなります。成人の血液量が約5リットルの場合、0.0065mgが体内を循環していることになります。2.5リットルの血液しかない子供の体内では、アドレナリンの量はわずか0.00325mgです。

www.ncbi.nlm.nih.gov

For reference, a medical dose of epinephrine in an epi-pen is about 50 times the amount a human body produces under acute stress, .3 mg for adults and .15 mg for children.

 参考までに、エピペンに含まれるエピネフリンの医療用投与量は、急性ストレス下で人体が生成する量の約50倍で、大人は0.3mg、子供は0.15mgです。

www.epipen.com

I probably don’t need to belabor the point, but .15 mg is a tiny amount of a substance. I couldn't even find an image of how little that is to show as an illustration.

 今さら言うまでもありませんが、0.15mgというのは物質としてはごくわずかな量です。それがどのくらい少ないのか、図解した画像も見つかりませんでした。

One might imagine that adrenochrome must be very valuable if you only get .00325 mg from the ritual sacrifice of a human child. But one would be imagining incorrectly: adrenochrome is available from medical supply houses, and a bottle containing 25 mg costs between $40-$60. That 25 mg bottle represents 7700 child sacrifices' worth of the chemical.

 人間の子供を生け贄にして0.00325mgしか得られないのであれば、アドレノクロムは非常に貴重なものであると想像するかもしれない。アドレノクロムは医療用品店で購入でき、25mg入りのボトルは40〜60ドルである。その25mgのボトルは、7700人の子供の犠牲に値する化学物質である。

www.sigmaaldrich.com

And this is where the whole adrenochrome conspiracy starts to break down.

 そして、ここからアドレノクロムの陰謀が崩れ始める。

First, the cabal would spend more on a tank of gas to transport a single victim to the ritual site than just buying a bottle of the stuff. It's a colossal waste of money.

 第一に、かバルは一人の犠牲者を儀式の場に運ぶためのガソリン代に、一本のボトルを買うよりも多くの費用をかけるだろう。とんでもない無駄遣いである。

Second, if a dose is ~.3 mg (and it can't be much more, a 2nd dose from an epi-pen is only advised for acute anaphylaxis, and a 3rd dose will likely kill you by cardiac arrest), then the cabal needs to sacrifice 92 kids per ritual per member of the cabal. If a coven has 10 members, they'll need to round up 1000 kids for their ritual sacrifice. Alternatively, they could buy one $60 bottle and still have enough left over for seven more rituals.

 次に、1回の投与量が〜0.3mg(それ以上はありえません、エピペンによる2回目の投与は急性のアナフィラキシーの場合にのみ勧められます、3回目の投与は心停止で死ぬ可能性が高いです)の場合、カバルはカバルのメンバー1人につき1回の儀式で92人の子供を犠牲にする必要があります。仮に10人のメンバーがいるカヴン(魔女の集まり)であれば、1000人の子供を儀式の犠牲にする必要があります。あるいは、60ドルのボトルを1本買っても、あと7回分の儀式に必要な量が残っています。

ja.wikipedia.org

Third, according to the theory, adrenochrome is supposedly highly addictive and its effects sadly temporary. Every time Hillary Clinton has a bad hair day, some Anons will say it's because the effects of adrenochrome are wearing off. According to the believers in the theory, addicts need doses every month, or even every week. If so, that's five thousand kids per year per member of the Cabal.

 第三に、この理論によれば、アドレノクロムは中毒性が高く、その効果は悲しいほど一時的なものだとされています。ヒラリー・クリントンが髪の毛の調子が悪い日には、アドレノクロムの効果が切れているからだと言うアノンもいるだろう。この理論の信奉者によると、中毒者は毎月、あるいは毎週服用する必要があるという。そうだとすると、カバルのメンバー1人あたり年間5000人の子供の犠牲がいることになる。

Finally, the National Center for Missing and Exploited Children keeps track of an average of 450,000 reports of missing children per year. Putting aside for a moment that the NCMEC list does not account for multiple reports filed about the same child, and does not remove a report from their list if the child returns or is recovered, let’s treat the NCMEC list as though it represented a total number of kids gone missing in a year in America.

 最後に、National Center for Missing and Exploited Childrenは、年間平均450,000件の行方不明児童の報告を記録しています。NCMECのリストでは、同じ子供について複数の報告がなされていることは考慮されておらず、子供が戻ってきたり保護されたりしてもリストから削除されないことは一旦置いておいて、NCMECのリストを、アメリカで1年間に行方不明になった子供の総数を表すかのように扱ってみましょう。

www.missingkids.org

Using the NCMEC’s own numbers, 92% of the 450,000 reports are teenaged runaways. According to the adrenochrome harvesting theory, the cabal does not use teenagers for their ritual, because they are too old. Another 3% of those 450,000 are missing young adults, aged 18-20. Once those two groups are eliminated, only 5% of those 450,000 reports are actual abductions of children. That's 22,000 kids per year.

 NCMECの独自の数字を使うと、45万件の報告のうち92%が10代の家出人です。アドレノクロム収穫説によれば、陰謀団は儀式に10代の若者を使わない。また、45万件のうち3%は、18~20歳の若年層の行方不明者である。この2つのグループを除外すると、45万件の報告のうち、実際に子供が誘拐されたという報告は5%しかありません。年間で22,000人の子供が誘拐されていることになります。

The Cabal must therefore only be four and a half people.

 したがって、カバルはその構成人数が「4.5人」でなければならないのです。

(翻訳ここまで)

https://www.patreon.com/posts/explainer-49035859 より翻訳引用

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング