あなたがあなたの救世主

あなたがあなたの救世主

「悟り」のこととか、この世界から「戦争」「差別」「暴力」を本当になくすという無謀な挑戦とか

あなたがあなたの救世主

NESARAとGESARA
アドレノクロム
淡路島とパソナ
ロジャー・ストーン
ロックステップ計画
火ヴァッチャ経

技術と国際開発の未来のためのシナリオ - ロックフェラー財団の計画書(とされるものの翻訳)

Hatena Feedly

ようこそ、みなさん。

 

先日ご紹介した「ロックフェラーの計画書(とされるもの)」を翻訳しました。

kazzhirock.hatenablog.jp

色々と思うところはあるのですが、まずは是非とも一度ご自身で目を通されてみてください。

 

いろんな意味で、多くの人が内容を把握しておくべき報告書だと思います。

 

 

技術と国際開発の未来のためのシナリオ

 

このレポートは、ロックフェラー財団とグローバルビジネスネットワークによって作成されました。

 

2010年5月

 

ジュディス・ロダンからの手紙

ロックフェラー財団の会長

 

 ロックフェラー財団は、機会を拡大し、社会的、経済的、健康的、環境的な課題に対する回復力を強化する活動を支援しています。私たちは、革新的なプロセスを重視し、アイデアを追求する新しい方法を奨励し、サイロを打破し、学際的な思考を奨励する相乗効果のある戦略的なアプローチをとっています。

 

 シナリオ・プランニングとは、特定の課題や機会に影響を与える可能性のある要素を基に、将来のシナリオを作成するプロセスである。シナリオ・プランニングは慈善事業の分野において、ユニークな介入策を特定したり、重要な決定をシミュレートしてリハーサルしたり、これまで知られていなかった分野とのつながりや交差を強調したりするために大いに活用できると考えています。最も重要なことは、既に知っていることよりも、知らないことに焦点を当てるための方法論的な構造を提供することで、より効果的にインパクトを与えることができるということです。

 

 最初のシナリオ・プランニング演習の結果は、テクノロジーの役割とグローバリゼーションの将来についての挑発的で魅力的な探究であることを示しています。このレポートは、私たちの世界がどのように進化していくのか、多様で多様な方法を創造的に検討したいと考えている人にとって、非常に重要な読み物となります。これらの物語は、助成金受給者の代表者、外部の専門家、ロックフェラー財団のスタッフの貴重な協力によって生み出されたものであり、慈善事業全体への影響も含まれています。この刺激的で活力に満ちたプロセスを導いてくれたピーター・シュワルツ氏、アンドリュー・ブラウ氏、グローバル・ビジネス・ネットワークのチーム全員に特別な感謝を捧げます。

 

 ロックフェラー財団でこの取り組みを先導しているのが私たちの研究ユニットで、新たなリスクと機会を分析し、私たちの周りの複雑で急速に変化する世界への対応方法について想像力をもって考えています。 この外向きのインテリジェンス機能は、より迅速かつ効果的に行動する能力を加速する知識を統合および統合する横断的な考え方を採用しています。 また、世界中の貧困層や脆弱な人々の生活を改善するために、将来を見据えたツールや手法を適用することに取り組んでいる「貧困層向けの先見性」の概念を形成し構築するのにも役立ちました。

 

 本書が、私と私の同僚が、シナリオプランニングを使って強固な戦略を立案することに期待を寄せている理由を明確にし、その先にある可能性についての新たな視点を提供してくれることを期待しています。皆様からのご意見をお待ちしております。

 

Judith Rodin
President
The Rockefeller Foundation

 

ピーター・シュワルツからの手紙

グローバルビジネスネットワーク共同設立者兼会長

 

 私たちは今、歴史の中でチャンスに満ちた瞬間を迎えています。テクノロジーは世界中の何百万人もの人々の生活を一変させる可能性を秘めています。特に、これまで家族や地域社会に持続可能な改善をもたらすツールをほとんど、あるいはまったく利用できなかった人々の生活を一変させる可能性があります。携帯電話を使って作物を売買する農家から、農村部で発生したインフルエンザの遠隔監視や治療を行う医師まで、テクノロジーは急速に開発のペースと進歩に不可欠なものになってきています。

 

 慈善活動には、このプロセスで果たすべきユニークで重要な役割があります。 忍耐力、資本、および技術と国際開発の間のリンクに注意を向けることにより、慈善活動は、人生だけでなく、慈善活動の分野が活動するまさにその文脈を変えるでしょう。 このレポートは、その方向への最初のステップを表しています。 それは、将来起こり得る課題と機会を明らかにするために、技術と開発の未来のための4つの非常に異なる(まだ非常に可能性のある)シナリオを探索します。 それは、特に発展途上国での成長、機会、および回復力を促進するテクノロジーの使用を加速または抑制する複雑な力とダイナミクスのより深い理解を促進します。 最後に、政策、プログラム、人間レベルでの技術と開発について、公共、民間、慈善事業の主要な利害関係者の間で新たな戦略的対話が行われます。

 

 ロックフェラー財団が技術と国際開発を探求するためにシナリオ・プランニングを活用することは、インスピレーションを与えてくれると同時に、野心的なものでもあります。シナリオ・プランナーとしての40年以上のキャリアを通じて、私は世界をリードする多くの企業、政府、財団、非営利団体と仕事をしてきましたが、このアプローチの威力を身をもって知っています。シナリオ・プランニングが強力なツールであるのは、未来が予測不可能であり、多くの相互作用する変数によって形作られているからに他なりません。シナリオによって、これらの力が相互に作用するさまざまな方法について、創造的かつ厳密に考えることができるようになり、同時に、未来がどうなると信じているか、あるいはどうなることを望んでいるかについて、自分自身の思い込みに挑戦することを余儀なくされます。シナリオは、複数の視点を包含し、織り交ぜることで、重要な変化を発見し、それを理解するための継続的な枠組みを提供します。おそらく最も重要なことは、シナリオは私たちに新しい共有言語を与え、未来についての会話を深め、未来を形作るために私たちがどのように貢献できるかを教えてくれることです。

 

 ロックフェラー財団はすでにこのプロジェクトを、技術と開発の関係を明確にし、前進させる機会として利用しています。インタビューやシナリオ・ワークショップを通じて、さまざまな地域、分野、セクターからの多様な人々に参加してもらい、変化を推進する主な力を特定し、最も重要な不確実性を探り、挑戦的でありながらも現実的なシナリオとその意味合いを開発してきました。彼らは、テクノロジーの革新と普及に関する理論的なモデルをはるかに超えて、テクノロジーが実際にどのように生活のさまざまな分野の人々の生活を変えることができるのかを想像するために、彼らの思考を拡張してきました。これは、今後もテクノロジーと国際開発の可能性を形作る重要な会話の始まりに過ぎません。私は、この会話の一部であり続け、それがもたらすより良い未来を楽しみにしています。

 

Peter Schwartz
Cofounder and Chairman
Global Business Network

 

前書き

 

 何十年もの間、テクノロジーは、先進国の個人の生活だけでなく、途上国全体の人々の生活や生活を劇的に変化させてきました。 コミュニティの携帯電話、ソーラーパネル、新しい農業慣行、最先端の医療機器など、テクノロジーは、かつて可能性が乏しかった場所で可能性の状況を変えています。

 

 しかし、未来を見据えると、テクノロジー発展途上国の生活を形作る、あるいは革命的なものにしていくためにどのように貢献していくのかについては、一つの物語として語られるべきものはありません。多くの可能性があり、良いものもあればそうでないものもあり、既知のものもあれば未知のものもあります。実際、今後20年以降、テクノロジーと国際開発がどのように相互作用し、絡み合っていくのかについて、私たちが予想できることはすべて予想できても、まだ想像すらできないことがたくさんあります。

 

 慈善事業にとっても他の組織にとっても、これは独特の課題です。将来がどうなるかわからない中で、貧しいコミュニティの生活を向上させる技術を見極めるだけでなく、それを拡大・普及させるためにはどうすればよいか。また、将来の社会的、技術的、経済的、環境的、政治的条件は、私たちの能力をどのように可能にするか、または阻害するでしょうか?

 

 ロックフェラー財団は、テクノロジーが将来的に国際開発に影響を与えるさまざまな方法を理解するためには、まず、その可能性の範囲についての個人的、集団的な理解を広げ、深めていく必要があると考えています。この報告書とその基礎となるプロジェクトは、そのための一つの試みです。本報告書では、ロックフェラー財団とグローバル・ビジネス・ネットワーク(GBN)が、GBN が長年のリーダーであるシナリオ・プランニングの方法論を通じて、国際開発におけるテクノロジーの役割を探求するために実施した 1 年間のプロジェクトから得られた成果と洞察を共有しています。

 

 本報告書は、ロックフェラー財団が貧困削減の先見性という新たな分野で展開している研究を基に作成されたものです。2009年、オルタナティブフューチャーズ研究所はロックフェラー財団の支援を得て、「スマートグローバリゼーションのための予測:貧困削減の促進および促進」というレポートを発表しました。この報告書は、革新的なプロセスを探求し、世界の貧困層を支援することを目的とした洞察のための新しい道筋を受け入れるという、ロックフェラー財団の強いコミットメントを反映したものでした。この取り組みは、革新的なプロセスを模索し、世界の貧困層を支援することを目的とした洞察を得るための新しい道を受け入れるという財団の強い決意を反映したものでした。 今回の報告により、財団は貧困層の先見性の分野をさらに前進させるために、今回はシナリオ計画のレンズを通して進みます。

 

なぜシナリオなのか?

 

 このプロジェクトの目的は、テクノロジーと開発の交差点で現在何が起こっているかについて、すでに何がわかっていて、何がわかっているかを確認することではありませんでした。むしろ、将来的にテクノロジーと開発が共に進化し、互いに押し合い、阻害し合う可能性のある多くの方法を探り、その代替案が世界の貧困層や脆弱な人々にとってどのような意味を持つのかを検討することでした。このような演習では、プロジェクトの参加者は、自分の考えを現状をはるかに超えて、未知の領域へと押し進めることが求められました。

 

 シナリオ・プランニングは、まさにこの創造的なプロセスを通じて、グループや個人を導くために考案された方法論です。このプロセスは、世界に変化をもたらす力を特定することから始まり、それらの力をさまざまな方法で組み合わせて、未来がどのように発展するかについての多様な物語(シナリオ)のセットを作成します。シナリオは、将来に起こりうる可能性のある機会と障害の両方について、私たちの思考を拡張するように設計されています。シナリオは、現在のトレンドを変化させたり、抑制したり、強化したりする可能性のある出来事や力学を、しばしば驚くべき方法で、物語を通して探求します。一連のシナリオを組み合わせると、将来のさまざまな可能性、良いものと悪いもの、予想されるものと驚くべきもの、しかし常にもっともらしいものを捉えることができます。重要なことは、シナリオは予測ではないということです。むしろ、それらは、私たちが想像し、その後、将来のために、またはより野心的に、より良い未来を形作るために自分自身を助ける方法をより準備する方法のためのさまざまな戦略をリハーサルすることを可能にする思慮深い仮説です。

 

なぜテクノロジーなのか?

 

 テクノロジーは、気候変動、ヘルスケア、農業から住宅、輸送、教育に至るまでの幅広い開発課題に対処する上で、ポジティブとネガティブの両面で潜在的に変革的な役割を果たすため、このプロジェクトの焦点として選択されました。 しかし、技術が今後も発展途上国全体の変化の推進力であることに疑いの余地はありませんが、技術革新が進む正確な軌道は非常に不確実です。 例えば、重要な技術的進歩は先進国からもたらされるのか、それともイノベーターとそのイノベーションはより地理的に分散しているのか。あるいは、グローバルな経済・政治環境は、技術開発のペースにどのような影響を与えるのでしょうか?

 

 ここで重要なのは、テクノロジーに焦点を当てることで、このプロジェクトは、未来を形作り、変化させるのに役立つ、まだ発明されていないテクノロジーを正確に特定することを目的としたものではないということです。むしろ、テクノロジーが発展していくさまざまな道筋について、より広く豊かな理解を得ることを目的としています。テクノロジーはカテゴリーとして、それが発展していく文脈から切り離すことはできない。本レポートでは、このような4つの文脈からシナリオを探っていますが、それぞれのシナリオは、発展途上国におけるテクノロジーとその潜在的な影響について、非常に異なる風景を示唆しています。

 

 最後に、"テクノロジー "とは何を意味するのかについての注意点を述べておきます。本報告書では、この用語を、組織化のための幅広いツールや方法を指すために使用しています。テクノロジーには、踏み台式ポンプや基本的なろ過技術のような基本的な生存のためのツールから、健康情報学におけるデータの収集・活用方法や、リアルタイムの環境センシング機能を備えた新しい建材など、より高度なイノベーションまで、さまざまなものがあります。本報告書では、開発途上国における技術の広範なスケーラビリティ、採用、評価に関連したテーマに焦点を当てています。シナリオ自体は地球環境に関する物語であるが、特にサハラ以南のアフリカ、東南アジア、インドでの出来事がどのように展開されるかに注目しています。

 

焦点となる質問

 

 すべてのシナリオプロジェクトには、シナリオのアンカーとなる広範かつ戦略的な質問である「焦点となる質問」が設定されています。このプロジェクトでは、焦点となる質問は以下の通りです。

 

今後15年から20年の間に、開発途上国における回復力と公平な成長を構築するための障壁に、テクノロジーはどのような影響を与えるのでしょうか?

 

 言い換えれば、大きな変化に対応するために個人、コミュニティ、システムの能力を向上させるために、どのような新技術や既存の技術を活用することができるのか、あるいは、世界中の脆弱な人々の生活を向上させることができる技術は何か、ということである。15 年から 20 年という時間枠を選択したのは、十分な期間であるという前提のもとである。

 

用語に関する注記

 

 財団の活動は、「回復力と公平な成長」を促進します。 レジリエンスとは、変化、さらには壊滅的な出来事に直面しても、個人、コミュニティ、およびシステムが生き残り、適応し、成長する能力を指します。 公平な成長には、個人、コミュニティ、機関が新しいツール、慣行、リソース、サービス、製品にアクセスできるようにすることが含まれます。

 

 技術的に大きな変化が起こりうることが十分に可能であり、開発・適用されうる技術の種類についていくつかの可能性を想像することができるほど、十分に短い期間であることが必要である。開発の課題に技術を適用することに伴う一連の障害をどのように克服するかに焦点を当てることは、調査を束縛すると同時に、潜在的で体系的な介入の機会を特定しようとする問題解決アプローチを促進することにも役立ちました。

 

想像力をかきたてる

 

 これらのシナリオが、技術や国際開発に広く関わる他のイニシアティブにおいても、同じような未来志向を喚起する一助となれば幸いです。もちろん、未来についての確固たるデータはありません。新しい開発ニーズや進化する開発ニーズに対応するために、どのような技術が成功するかは、まだ誰にもわかりません。むしろ、シナリオを読みながら、関連性があり、示唆に富み、可能性を秘めた未来への旅(4つの旅)だと考えてください。世界がどのように機能し、それが直面する課題に取り組むためにどのように組織化されるのかを想像してみてください。地域や世界の開発イニシアチブを推進する責任者は誰で、それには何が必要なのでしょうか?そして、あなたの組織、コミュニティ、地域を望ましい未来に導くために、あなた自身の役割は何でしょうか?

 

 シナリオは、大きな変化を思い描くだけでなく、実際に実現するための媒体です。シナリオをよく読めば読むほど、自分や自分の仕事、そしてコミュニティにとって、重要ではあるがそれほど明白ではない意味合いがあることに気づく可能性が高くなります。このレポートを広く共有し、議論し、テクノロジーがどのように開発を形づくるかについてさらに創造的な思考をするための踏み台として利用し、それに応じて戦略や個人的な行動をテストし、調整することを強くお勧めします。

 

 また、これらのシナリオが、政府、慈善事業、企業、非営利団体の将来の仕事の潜在的な分野を特定するのに役立ち、幅広い組織が将来、これらの分野で行うことを望むかもしれない選択とコミットメントを明らかにしてくれることを願っています。

 

技術と開発に関する詳細情報

 

 本報告書は、技術、開発、社会システムの関係に焦点を当てた文献が増えてきていることに加え、その中でも特に技術、開発、社会システムの関係に焦点を当てた文献が増えてきている。包括的なリストではありませんが、以下の文献はこのトピックに関する追加的な洞察を提供しています。

 

• Caroline Wagner, The New Invisible College: Science for Development, 2008.
• Institute for the Future, Science and Technology Outlook: 2005-2055, 2006.
• RAND Corporation, The Global Technology Revolution 2020, In-Depth Analyses,
2006.

• World Bank, Science, Technology, and Innovation: Capacity Building for Sustainable
Growth and Poverty Reduction, 2008.
• UN Millennium Project, Task Force on Science, Technology, and Innovation,
Innovation: Applying Knowledge in Development, 2006.
• W. Brian Arthur, The Nature of Technology: What It Is and How It Evolves, 2009.
• STEPS Centre Working Papers, Innovation, Sustainability, Development: A New
Manifesto, 2009.

 

シナリオフレームワーク

 

 ロックフェラー財団とGBNは、テクノロジーと国際開発の未来に影響を与える多くの原動力を浮き彫りにすることからシナリオプロセスを開始しました。 これらの力は、財団のスタッフ、財団の助成対象者、および外部の専門家への二次調査と詳細なインタビューの両方によって生成されました。

 

 次に、これらのすべての構成要素は、いくつかの探索的ワークショップに参加して、これらの力の内容をさらにブレインストーミングしました。シナリオを作成する際の良い出発点は、「あらかじめ決められた要素」としても知られている、私たちが記述している世界を形づくると合理的に確信できる原動力を理解することです。例えば、中国、インド、その他の国々の台頭により、多極化したグローバルシステムが出現することは、地政学的にはほぼ確実なことです。人口統計学的には、世界的な人口増加が続き、エネルギー、食糧、水資源、特に発展途上国に圧力がかかることが確実である。もう一つは、世界は再生可能資源からのエネルギーをより多く調達しようと努力し、成功するかもしれないが、エネルギーへの世界的な相互依存度は依然として高いだろうということである。

 

 予測された要素はどのようなシナリオ・ストーリーにとっても重要ですが、これらのストーリーの基礎となるものではありません。むしろ、シナリオは「重要な不確実性」を中心に形成されている。予め決められた要素が予測可能な原動力であるのに対し、不確実性はその性質上、予測不可能なものである。

 

 単一の不確実性が私たちの思考に挑戦する可能性がある一方で、未来は、時間をかけて展開される複数の力によって形作られます。シナリオフレームワークは、これらの重要な不確実性がどのように展開し、組み合わせて進化するかを検討するための構造化された方法を提供します。2つの最も重要な不確実性を特定することで、結果として得られるシナリオが、焦点となる質問に対して重要であると判断された方法で異なることが保証されます。

 

致命的な不確定要素の選択

 

 本プロジェクトのシナリオ作成ワークショップでは、地域や国際的な視点から、シナリオフレームワークの基礎となる2つの重要な不確実性を選択しました。参加者は、社会的、技術的、経済的、環境的、政治的動向など、シナリオのより広い文脈の環境を形成する可能性のある不確実性のリストの中から、この2つの不確実性を選択しました。考慮された不確実性には、以下のものが含まれます。

 

 例えば、開発途上国における紛争の蔓延、経済・政治危機、疾病、自然災害などのショックの頻度と深刻度、開発のための重要な技術のイノベーションの拠点などである。(プロジェクト中に特定された重要な不確実性のリストとプロジェクト参加者のリストは、付録に記載されています)

 

 以下に紹介する 2 つの選択された不確実性は、技術と国際開発の将来に関する 4 つのシナリオを定義するものである。2つの不確実性のそれぞれは、2つのエンドポイント間の可能性の連続性を表す軸として表現されています。

f:id:kazzhirock:20200723171351p:plain 

グローバルな政治的および経済的調整

 

 この不確実性とは、経済統合(モノ、資本、人、考え方の流れ)の度合いと、世界が直面している多くのグローバルな課題に対処することができる永続的かつ効果的な政治構造の度合いの両方を指します。この軸の一方では、貿易量の多い世界経済がより統合され、輸出入を通じてより幅広い財やサービスへのアクセスが可能になり、輸出の特殊化が進むことになる。また、超国家レベルでの協力が進み、協力関係が強化され、グローバルな制度が強化され、効果的な国際問題解決ネットワークが形成される。もう一つの軸のエンドポイントでは、保護主義や貿易の分断化と相まって世界経済全体が脆弱化していることに加えて、協力への障壁を高めるガバナンス体制が弱体化しているため、開発途上国の経済発展の可能性が低下し、差し迫った地球規模の課題に対する大規模で相互に連結した解決策の合意と実施が阻害されることになるだろう。

 

適応能力

 

 この不確実性とは、社会のさまざまなレベルで変化に対処し、効果的に適応する能力のことである。この適応能力とは、既存のシステムや構造を積極的に管理して外力に対する回復力を確保すること、また、文脈が変化してそれらのシステムや構造がもはや適さないことを意味する場合には、それらのシステムや構造を変革する能力を意味します。適応能力は一般的に、社会におけるより高いレベルの教育と関連しており、教育を受けた人々が個人や社会の幸福をさらに高めるための出口を利用できるようになっている。適応能力の高レベルは、典型的には、社会における信頼の存在、新規性と多様性の存在と寛容性、人間の制度の強さ、多様性、および重複、およびコミュニケーションとアイデアの自由な流れ、特に異なるレベル間とレベルを越えて、例えば、ボトムアップトップダウンによって達成される。これらの特性がない場合、適応能力のレベルが低くなり、集団は予期せぬショックによる破壊的な影響に対して特に脆弱になる。

 

 交差すると、これらの軸は4つの非常に異なる未来のマトリックスを作成します。

 

ロックステップ – 革新が制限され、市民の反発が高まっている、トップダウンの政府によるより厳格な統制とより権威主義的なリーダーシップの世界

 

Clever Toghether(共に賢く) – 緊急および根強い世界的な問題に対処するための高度に調整された成功する戦略が出現する世界

 

ハック攻撃 – 経済的に不安定でショックが発生しやすい世界であり、政府は弱体化し、犯罪者は繁栄し、危険なイノベーションが出現しています

 

スマートスクランブル(スマートな奪い合い) – 経済的に低迷している世界で、個人とコミュニティは、増大する一連の問題に対して、ローカライズされたその場しのぎのソリューションを開発しています。

 

 

f:id:kazzhirock:20200723172144p:plain

シナリオ・ナラティブ

 

 ここで紹介するシナリオは、網羅的なものではありません。むしろ、もっともらしいと同時に挑発的なものであり、あなたの想像力をかきたてると同時に、その未来がどのように見え、どのように感じられるのかについて、あなたに新たな疑問を投げかけるように設計されています。各シナリオは、世界、特に開発途上国が今後15年から20年の間にどのように発展していくのかを、さまざまなテクノロジーの利用や、それらのテクノロジー貧困層や脆弱な人々の生活との相互作用に関連した要素に重点を置いて説明しています。それぞれのシナリオには、その世界における生活、テクノロジー、そして慈善活動をさらに明らかにしようとする様々な要素が含まれている。これらには以下の要素が含まれる。

 

• シナリオの期間中に展開される可能性のある見出しと象徴的なイベントのタイムライン

• 目にする可能性のあるテクノロジーとテクノロジートレンドの簡単な説明

• その世界での慈善活動の役割の変化に関する最初の観察。慈善組織が直面する機会と課題、および彼らの運営環境がどのようなものかを明らかにする

• その世界で生活し、働いている人の「人生の1日」のスケッチ

 

 本レポートのシナリオはストーリーであり、予測ではないこと、また、シナリオの信憑性は特定のディテールの発生に依存しないことに留意されたい。例えば、「Clever Together(共に賢く)」と題されたシナリオでは、「各国、NGO(非政府組織)、企業のコンソーシアムが世界技術評価機関(Global Technology Assessment Office)を設立する」とありますが、これは、高度な国際協調と適応が、技術が社会に与える潜在的な影響を予測する機関の形成にいかにつながるかを象徴していると言えます。このディテールは、各シナリオに登場する数十の他のディテールとともに、シナリオで描かれている世界をより具体的に「感じてもらうためのもの」です。各シナリオの名前や日付などは、シナリオを展開するために必要な条件ではなく、あくまでも事象の種類を示すものと考えてください。

 

 未来の世界に没頭し、テクノロジーの発展と2030年までの国際開発に関する4つの異なるビジョンを検討することをお勧めします。

 

ロックステップ

 

 トップダウンによる政府の統制が強化され、権威主義的なリーダーシップが強化され、イノベーションが制限され、市民からの反発が高まっている世界。

 

 2012年、世界が何年も前から予想していたパンデミックがついに発生した。2009年のH1N1とは異なり、野生のキノコを起源とするこの新型インフルエンザは、非常に毒性が強く、致死性の高いものでした。パンデミックに備えていた国でさえも、ウイルスが世界中に蔓延し、世界人口の約20%が感染し、わずか7ヶ月で800万人が死亡しましたが、その大半は健康な若年成人でした。パンデミックは経済にも致命的な影響を与えました。人と物の国際的な移動が止まり、観光業などの産業が衰弱し、世界的なサプライチェーンが崩壊しました。地元でも、普段は賑やかな店やオフィスビルが数ヶ月間空っぽで、従業員も顧客もいない状態が続いていた。

 

 パンデミックは地球上に広がりましたが、アフリカ、東南アジア、中央アメリカでは不釣り合いな数の死者が出たものの、公式の封じ込め手順がなかったために野火のようにウイルスが拡散しました。しかし、先進国でさえ、封じ込めは困難でした。米国の最初の政策である、市民が飛行機に乗ることを「強く禁じる」という方針は、その寛容さが致命的であることを証明し、米国内だけでなく、国境を越えてウイルスの拡散を加速させました。しかし、いくつかの国では、特に中国の方が成功した。中国政府は、すべての市民に強制的な検疫を迅速に実施し、すべての国境を瞬時にかつほぼ密閉したことで、何百万人もの命を救い、他の国よりもはるかに早くウイルスの拡散を止め、パンデミック後の迅速な回復を可能にしたのである。

 

 中国政府だけではなく、国民をリスクや被ばくから守るために極端な措置をとったのは中国だけではない。パンデミックの間、世界中の国の指導者たちは、フェイスマスクの着用の義務化から、駅やスーパーのような共同空間への入場時の体温チェックに至るまで、権限を柔軟にして気密なルールや制限を課した。パンデミックの流行が去った後も、市民とその活動に対するこのような権威主義的な統制と監視は、より強固なものとなり、さらに強化された。パンデミックや国境を越えたテロ、環境危機や貧困の増大など、地球規模で拡大する問題から身を守るために、世界中のリーダーたちは権力をより強固に握った。

 

 最初は、より統制された世界という概念が広く受け入れられ、承認されました。市民は、より大きな安全と安定と引き換えに、主権とプライバシーの一部をより父権的な国家に進んで手放した。市民はトップダウンの指示と監督をより寛容に、さらには熱望し、国家指導者は自分たちが適切と考える方法で秩序を課す余裕を持っていた。先進国では、このような監視の強化は様々な形で行われた。例えば、全国民に生体認証IDを導入したり、国益に不可欠と考えられる主要産業の安定性のために規制を強化したりした。多くの先進国では、一連の新しい規制や協定による強制的な協力が、ゆっくりとではあるが着実に秩序と重要な経済成長の両方を回復させた。

 

 しかし、発展途上国全体では話は違っていたし、もっと変化に富んでいた。トップダウンの権威は国によってさまざまな形をとっており、その主な要因はリーダーの能力、資質、意図にある。強力で思慮深い指導者がいる国では、市民の経済的地位や生活の質が向上した。例えば、インドでは、政府が高排出ガス車を禁止した2016年以降、大気の質が劇的に改善された。ガーナでは、基本的なインフラを改善し、全国民が清潔な水を利用できるようにするための野心的な政府プログラムを導入したことで、水を媒介とする病気が激減した。しかし、より権威主義的なリーダーシップはうまく機能しなかったし、場合によっては悲劇的な結果を招くこともあった。

 

 他にも、悪質なナショナリズムの台頭が新たな危険を生み出したことで、例えば2018年ワールドカップの観戦者など、マイナス面もあった。

 

 我が国では、国旗のワッペンが付いた防弾チョッキを着用していましたが、技術規制が強いため、技術革新が阻害され、コストが高くなり、採用が抑制されていました。強い技術規制がイノベーションを阻害し、コストを高く保ち、採用を抑制していた。発展途上国では、「承認された」技術へのアクセスは増えましたが、それ以上の技術へのアクセスは制限されたままでした。一部の政府はこれを見下し、コンピュータやその他の技術を「中古品」と嘲笑して配布することを拒否した。一方、より多くの資源と能力を持つ発展途上国は、これらのギャップを埋めるために独自の技術革新を始めました。

 

「それは一定期間、一部の社会を規律し、制御することができますが、常に世界中でそれを行うことはできません。」 – GK Bhat、TARU Leading Edge、インド

 

 一方、先進国では、トップダウンのルールや規範が非常に多く、起業家活動を大きく阻害していた。科学者やイノベーターは、政府からどのような研究分野を追求すべきかを指示されることが多く、ほとんどの場合、儲かるプロジェクト(市場主導型の製品開発など)や「確実な賭け」(基礎研究など)に誘導され、よりリスクの高い、革新的な研究分野はほとんど手つかずのままになっていました。裕福な国や大きな研究開発予算を持つ独占企業は、それでも大きな進歩を遂げましたが、彼らのブレークスルーの背後にある知的財産は、依然として厳格な国や企業の保護の下でロックされたままでした。ロシアとインドは、暗号化関連製品とそのサプライヤーを監督し、認証するための厳しい国内基準を課しました。米国とEUは報復的な国内基準で反撃し、世界的な技術の開発と普及に大きな打撃を与えました。

 

 特に発展途上国では、自分の国益のために行動することは、多くの場合、それに見合う現実的な同盟関係を模索することを意味していた。

 

 それが必要な資源へのアクセスを得ることであっても、経済成長を達成するために団結することであっても。南米とアフリカでは、地域的・小地域的な同盟関係がより構造化されました。ケニアは、アフリカ大陸内での新たなパートナーシップの拡大に伴い、アフリカ南部および東部との貿易を倍増させました。中国のアフリカへの投資が拡大したのは、主要な鉱物や食糧輸出のアクセスと引き換えに、新たな雇用やインフラの取引が多くの政府に受け入れられることが証明されたからである。国境を越えた結びつきは、公式の安全保障支援という形で拡大した。最も悲惨な破綻国家の一部では、外国の安全保障チームの派遣が歓迎されていた が、万能型の解決策では肯定的な結果はほとんど得られなかった。

 

 2025年までには、人々はトップダウンでコントロールされ、リーダーや権力者に選択を委ねることに嫌気がさしているようだ。

 

 国の利益と個人の利益が衝突するところはどこでも、対立があった。発展途上国を中心に、自分たちの地位や機会が失われていくのを目の当たりにした不満を持つ若者や人々が市民の不安を煽り、散発的な反撃が組織化され、協調的に行われるようになっていった。2026年には、ナイジェリアで抗議者が政府を倒閣させた。この世界のより安定性や予測可能性を好む人々でさえも、多くの厳しいルールや国境の厳しさによって、居心地の悪さや束縛を感じるようになりました。遅かれ早かれ何かが、世界の政府が懸命に築いてきた整然とした秩序をひっくり返すことになるのではないかという予感が残っていた。

 

「ロックステップ」のヘッドライン

f:id:kazzhirock:20200723173701p:plain

  • 検疫により対面での接触が制限され、携帯電話網は過負荷に (2013年)
  • 厳格な病原体規制がもたらす大陸間貿易の打撃(2015年)
  • イタリアがロボットで「移民介護士」のギャップに対処(2017年)
  • アフリカの中国のような権威主義的資本主義の抱擁は続くのか?(2018)
  • ベトナム、「すべての家庭に太陽光パネル」を義務化へ(2022年)
  • 東部・南部アフリカで増殖する貿易ネットワークは地域の結びつきを強化する(2023年)
  • アフリカの指導者たちはナイジェリアの2026年政権崩壊の繰り返しを恐れている(2028年)

 

「ロックステップ」における慈善事業の役割

 

 慈善活動を行う組織は、この世界で厳しい選択を迫られることになるだろう。政府の役割が大きいことを考えると、慈善活動を行うためには、より高い外交スキルと、非常に多様な環境の中で効果的に活動する能力が必要となるだろう。慈善事業の助成先と市民社会との関係は政府の影響を強く受け、一部の財団は政府の開発援助(ODA)戦略や政府の目的に沿った活動を行うことを選択するかもしれない。大規模な慈善事業は影響力の大きなシェアを維持し、多くの小規模な慈善事業は財政的、人的、運営的なリソースを統合することに価値を見出すかもしれない。

 

 普遍的な権利や自由の促進に関心のある慈善団体は、多くの国の国境で阻止されることになるだろう。このような世界では、賢く、柔軟で、幅広い関係を築くことが鍵となるが、中には、自分たちのスキルやサービスが抵抗を受けない場所でのみ活動することを選ぶ慈善活動団体もいる。多くの政府は、国際的な慈善事業が活動できる地域やプログラムを厳しく制限しており、地域を絞って活動したり、母国のみで助成金を提供したりすることになるだろう

 

 「ロックステップ」のテクノロジー

 

 今後の重要な技術進歩を正確に予測することはできないが、このシナリオにおける物語は、ある種の技術開発を可能にしたり、加速させたりするような状況を指し示している。このように、シナリオごとに、技術革新のペース、地域、主要な創造者などを考慮しながら、技術革新の文脈を提示している。また、それぞれのシナリオの中で発展しそうな技術トレンドやアプリケーションをいくつか提案しています。

 

 「ロック・ステップ」における技術革新は、主に政府によって推進され、国家安全保障と健康と安全の問題に焦点が当てられている。技術革新のほとんどは先進国によって、また先進国のために生み出されたものであり、政府が国民をコントロールしたい、監視したいという二重の欲求によって形成されています。ガバナンスの悪い国では、大規模なプロジェクトが進行しないことが多い。

 

私たちが見るかもしれない技術のトレンドとアプリケーション

 

・空港やその他の公共の場では、"反社会的意図 "を示す可能性のある異常行動を検出するために、高度な機能的磁気共鳴画像法(fMRI)技術を使用したスキャナーが一般的になっています。- パンデミックの後、食品や飲料の包装のスマート化は、大企業や生産者が企業間競争の中でまず適用され、その後、個々の製品や消費者に採用されています。

 

・伝染病を検出するための新しい診断法が開発されています。検診の適用も変化し、検診は病院や刑務所からの退院の前提条件となり、多くの病気の蔓延を遅らせることに成功しています。

 

・テレプレゼンス技術は、移動が制限されている人々のために、より安価で低帯域幅の洗練された通信システムへの要求に応えるものである。

 

保護主義と国家安全保障への懸念から、各国は中国のファイアウォールを模倣して、地域ごとに定義された独立した IT ネットワークを構築している。政府はインターネット・トラフィックを取り締まることに成功しているが、このような努力は「ワールド・ワイド」ウェブを破壊している。

 

ロックステップにおける一日

 

 マニシャはガンジス川を眺め、彼女が見たものに魅了された。2010年、彼女が12歳の時、彼女の両親は彼女がその神聖な水で入浴することができるように、彼女をこの川に連れてきました。しかし、端に立って、マニシャは恐れていた。それは彼女を恐れていた川の深さやその流れではなく、水自体:それは濁っていて、茶色で、ゴミや死んだものの刺激的な臭いがしました。マニシャは躊躇していましたが、母親は「この川はヴィシュヌ神の蓮の足から流れ出ているのだから、入ることを光栄に思うべきだ」と叫びながら、彼女を前に押し出しました。何百万人ものヒンズー教徒と共に、母親はガンジス川の水が人の魂をすべての罪から清め、病気さえも治すことができると信じていました。だからマニシャは、不本意ながら川に身を沈め、誤ってその過程で水を飲み込んでしまい、結果として、ジアルジアの悪いケースと下痢の数ヶ月を受けていました。

 

 その経験を思い出すことが、今日の注目すべきことなのです。それは今、2025年のことだった。マニシャは27歳で、インド政府のガンジス浄化イニシアチブ(GPI)のマネージャーをしていました。最近まで、ガンジス川は世界で最も汚染された川の一つであり、人や動物の死体や下水(2010年には1日8,900万リットル)が頻繁に川に流れ込んでいたため、大腸菌のレベルは天文学的なものになっていました。ガンジス川をきれいにしようとする組織的な試みは、何年にもわたって何十回も失敗してきた。2009年には、世界銀行はインド政府の数十億ドル規模の清掃活動を支援するために10億ドルを融資した。しかし、その後パンデミックが発生し、資金は枯渇してしまった。しかし、ガンジス川の清掃に対する政府の取り組みは、今や公衆衛生の問題だけではなく、国家の誇りとなっています。

 

 マニシャが2020年にGPIに参加したのは、インドで最も貴重な資源である河川の生態系の健全性を回復するという政府の強い姿勢に感銘を受けたこともありました。彼女の故郷であるジャイプールでは、パンデミックの際に政府の検疫によって多くの命が救われたが、その経験が、政府が川の利用についてこれほどまでに厳格であることを確信させたとマニシャは考えている。

 

 他にどのようにして、何百万人ものインド市民を聖地に関連した文化的習慣に完全にシフトさせることができたのでしょうか?ガンジス川で儀式的に焼かれた遺体を捨てることは、今では違法となり、何年もの懲役刑に処される可能性があります。ガンジス川にいかなる種類の廃棄物を投棄していることが判明した企業は、政府によって直ちに閉鎖されました。また、人々が入浴できる場所や衣類を洗う場所にも厳しい制限がありました。川に沿って20メートルごとに「インドで最も貴重な天然資源を軽視すること」の罰則を示す看板が掲げられていました。もちろん、誰もがこれを好んだわけではなく、抗議の声は度々上がっていた。しかし、ガンジス川がかつてないほど美しく、健康的であることは誰もが否定できなかった。

 

 マニシャは、エンジニアリングチームが土手に機材を降ろし始めたのを見ていた。多くのインドのトップ科学者やエンジニアが、よりハイテクな方法でガンジス川を浄化するためのツールや戦略を開発するために、政府に雇われていたのだ。彼女のお気に入りは、化学的病原体の存在をセンサーで検知するために川を継続的に「泳ぐ」水中ロボットだった。汚れた川の水を吸い込み、はるかにきれいな水を吐き出す新しい川辺のろ過システムも印象的でした。実際、マニシャが今日川に来たのは、少女時代に初めてガンジス川に足を踏み入れた場所から100フィートも離れていない場所に設置されたろ過システムの設置を監督するためでした。水は今ではとてもきれいになり、最近のテストでは2035年までに飲用可能な基準を満たすかもしれないことが示唆されていた。マニシャは靴を蹴ってつま先を浸したい誘惑に駆られたが、これは今では制限された領域であり、彼女は、すべての人々のうち、その法律を破ることはないだろう。

 

CLEVER TOGETHER(共に賢く)

 

 世界的な緊急課題と定着した課題の両方に対処するために、高度に連携した戦略が出現し、成功する世界

 

 2008〜10年の不況は、多くの人が恐れていたような数十年に及ぶ世界経済の後退にはならなかった。実際には全く逆で、世界は再び力強い成長を取り戻し、世界は再び景気後退前に予測されていた人口統計学的・経済学的予測に向かっていた。インドと中国では、2020年までに中間層が10億人にまで爆発的に拡大すると予測されていた。サンパウロジャカルタのようなメガシティは、農村部から何百万人もの人々が流入してきたため、瞬く間に拡大した。各国は必要な手段を講じて工業化を進め、世界の市場は活気に満ちていた。

 

 しかし、2つの大きな問題が立ちはだかった。第一に、グローバル化された成長への回帰によって、すべての人々や場所が等しく恩恵を受けているわけではありません。第二に、開発と拡大に必死になっている人々は、無制限の成長がもたらす現実の環境への影響をほとんど無視していた。紛れもなく、地球の気候はますます不安定になってきていました。海水面は急速に上昇しており、各国が沿岸部のメガシティを建設し続けているにもかかわらずです。2014年には、高潮の際にハドソン川ニューヨーク市に氾濫し、世界貿易センターの跡地は水深3フィートの湖になった。モーターボートがマンハッタン下流部を航行する映像は、気候変動が発展途上国だけの問題ではないことを世界の最も強力な国々に認識させた。同年、大気中の二酸化炭素濃度が急激に上昇していることを示す新たな測定結果が発表され、政府(実際には誰もが)が早急に何かをしなければならないという新たな緊急性と圧力が生まれました。

 

 このような相互に関連した世界では、ある国や企業、個人の行動が他のすべての国に大きな影響を与える可能性がありますが、ここでは1つの国が、そこでは1つの小さな環境保護団体が、断片的な試みを行っても、気候災害を食い止めるには十分ではありません。しかし、このような喫緊の課題に対処するための高度に調整された世界的な戦略があれば、それは可能性がある。必要なのは、地球規模でのシステム思考とシステム行動なのである。

 

 国際的な協調はゆっくりと始まり、その後、誰もが想像していた以上の速さで加速しました。2015年には、強い経済成長を遂げている中所得国と先進国が、気候変動をはじめとする地球規模の問題に対処するために、その資源を活用することを公に約束しました。これらの国々の政府は、短期的には温室効果ガスの排出量を監視・削減し、長期的には自然環境の吸収能力を向上させるための計画を策定しました。2017年には、炭素隔離に関する国際的な合意に達し(それまでに、ほとんどの多国籍企業には最高炭素責任者がいた)、地球の生態系を最もよくサポートする炭素隔離プロセスを構築するために、知的資源と資金的資源がプールされた。また、機能する世界的なキャップアンドトレードシステムも確立されました。世界中で、廃棄物を削減し、地球に優しい方法で効率性を高めなければならないというプレッシャーは非常に大きかった。スマートグリッドボトムアップ型のパターン認識技術など、エネルギー使用能力を監視するための新しい世界的に協調したシステムが導入されました。2022年までには、大気中の炭素レベルの上昇が大幅に鈍化するとの新たな予測が示されました。

 

 世界的な集団行動におけるこの実験の成功に触発されて、大規模な協調的イニシアチブが強化されました。エネルギー使用だけでなく、疾病や技術基準についても、集中的な世界的な監視とガバナンスの仕組みが生まれました。このようなシステムと構造は、はるかに高いレベルの透明性を必要とし、その結果、より多くの技術を駆使したデータ収集、処理、フィードバックが必要となった。巨大で良心的な「スー・サーベイランス」システムによって、市民はすべて公開されているデータにリアルタイムでアクセスし、対応することができるようになった。グローバルなアーキテクチャが強化され、地域的なガバナンス構造が出現したことで、国民国家はその力と重要性の一部を失った。国連のような国際的な監督機関は、東南アジア諸国連合ASEAN)、アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)、アジア開発銀行(ADB)のような地域システムと同様に、新たなレベルの権限を持つようになった。世界的な協調の精神はまた、企業、NGO、コミュニティ間の新たな提携や連携を促進した。

 

「新しいテクノロジーについて驚くことがよくあるのは、コラテラル・ダメージ(巻き添え被害)です。別の問題を解決することで生じる問題の範囲は、常に少しの驚きである。」 – Michael Free、健康に適したテクノロジープログラム(PATH)

 

 これらの強力な同盟関係は、大きな問題を解決し、すべての人の生活水準を向上させるための、よりグローバルで参加型の試みの基礎を築いた。飢餓、病気、基本的なニーズへのアクセスなど、長く根付いていた問題に取り組むための協調的な努力が実を結んだ。より優れた診断薬やより効果的なワクチンなどの安価な新技術が、医療の提供と健康の成果を向上させた。企業、NGO、政府が共同で行動することも多く、パイロットプログラムやラーニングラボを立ち上げ、特定のコミュニティのニーズを満たすための最善の方法を見出すことで、何が効果的で何が効果的で何が効果的でないかについての知識ベースを増やしていった。製薬大手は、「オープン・イノベーション」の一環として、マラリアのような病気に有効であることが示された何千もの化合物を公開しました。また、商業的に実行できないと判断された顧みられない病気に関する研究開発のアーカイブを公開し、研究を進めたいと考える科学者にシード・ファンディングを提供しました。

 

 開発途上国のエネルギーと水の分野では、公平性を向上させるための鍵となると考えられていたため、大規模なイノベーシ ョンが推進された。より良い食糧流通も議題の上位に挙げられ、より開放的な市場と南下貿易がこれを現実のものとしました。2022年には、各国、NGO、企業からなるコンソーシアムが「グローバル技術評価オフィス」を設立し、開発途上国と先進国を問わず、さまざまな技術アプリケーションのコストとメリットについて、簡単にアクセスできるリアルタイムの情報を提供しました。これらの努力は、現実の問題を解決するための真の進歩となり、最下位10億人のニーズに対応するための新たな機会が開かれ、開発途上国がそれ自体が成長の原動力となることを可能にしました。

 

 発展途上国の多くの地域では、多くの要因により経済成長率が上昇しました。インフラの改善により、人とモノの移動が加速し、都市部と農村部のつながりが強化された。アフリカでは、沿岸部で始まった成長が、新たな交通回廊に沿って内陸部へと広がった。貿易の増加は、個々の企業の専門化と経済の全体的な多様化を促進した。多くの場所で、多くの人々が使い捨てコンピュータからDIY(自作)風車に至るまで、さまざまな有用なテクノロジーにアクセスできるようになったことで、貧困を克服するための伝統的な社会的障壁は、あまり意味をなさなくなっていった。

 

 世界的な協力と責任という新たな高みを余儀なくされた状況を考えれば、開発途上国の成長の多くが、よりクリーンに、より「グリーンに」達成されたのは当然のことでした。アフリカ大陸では、地理的な条件と人口密度の低さから、太陽光発電所の普及を可能にしたため、太陽エネルギーの普及が進みました。北アフリカ南ヨーロッパの両方に供給するために大規模な火力発電所を建設するデザートック計画は大成功を収めました。2025年までには、マグレブの電力の大部分が太陽光発電で賄われており、その電力の輸出は貴重な外貨を稼いでいました。太陽光発電への切り替えは、新たな「太陽」の雇用を創出し、CO2排出量を大幅に削減し、政府は年間数十億ドルを稼ぎ出した。インドはその地理を利用して同様の「太陽の谷」を作り、サハラ以南のアフリカでは分散型の太陽光発電の点滴灌漑システムが普及した。
 

 エネルギーへの依存度が低下したことで、これらの国や地域のすべてが自らの資源をよりよく管理・管理することが可能になった。アフリカでは、アフリカ連合のような国民国家レベル以上の政治構造が、「良い統治」の推進を強化し、それに貢献した。COMESA(アフリカ東部・南部共通市場)やその他の制度を通じた地域統合により、加盟国は消費者として、また生産者として、集団的なニーズを満たすためのより良い組織化を可能にした。

 

 20年の間に、世界を無駄を減らし、より効率的で、より包括的なものにするために、大きな前進がありました。しかし、世界は完璧とは程遠い状況でした。失敗した国家や資源の乏しい場所がまだ存在していました。さらに、このような急速な進歩は新たな問題を生み出していました。消費基準の上昇は予期せぬ形で新たな圧力をもたらしました。例えば、食品流通システムの改善は、より大きな需要のために食品生産の危機を引き起こしました。実際、あらゆるものに対する需要は指数関数的に増加していた。2028年までには、「スマートな成長」を導くための継続的な努力にもかかわらず、世界がこのような急速な成長を永遠に支えることができないことが明らかになりつつある。

 

「CLEVER TOGETHER」のヘッドライン

f:id:kazzhirock:20200723180118p:plain

  • 世界経済の曲がり角 (2011年)
  • 急進的な米中の排出目標が気候変動交渉の新時代を告げる (2015年)
  • データ時代の幕開けとして「Info Cruncher」は選りすぐりの仕事 (2016年)
  • グリーンインフラが経済景観を変える (2018年)
  • 最初の一枚。石炭よりも安い米国の太陽光発電 (2020年)
  • トランスペアレンシー・インターナショナルが10年連続で「ガバナンスの改善」を報告 (2025年)
  • 財団コンソーシアムが第三次緑の革命を立ち上げ、食糧不足が深刻化する中で (2027年)

 

 「CLEVER TOGETHER」における慈善事業の役割

 

 この世界では、慈善事業組織は最下層の10億人のニーズに焦点を当て、政府や企業、地元のNGOと協力して、世界中の生活水準を向上させることを目指している。運営面では、これは「バーチャル・モデル」の世界であり、慈善活動はあらゆるツールを駆使して活動を強化・強化している。パートナーシップやネットワークがますます重要になってきているため、ウィキやブログ、ワークスペーステレビ会議、バーチャル会議などを活用して、よりバーチャルな形で活動を行っている。発展途上国からの大口寄付者の増加に伴い、小規模な慈善活動ーが増加している。 

 

 慈善団体がベストプラクティスを共有し、普及させ、飛躍の機会を見つけ、失敗した状態や弱体化した状態の問題をより良く発見するためには、システム思考と知識管理が重要なスキルであることが証明されている。営利部門と非営利部門の間にはかなりの人材の流れがあり、これらの組織の境界線はますます曖昧になっている。

 

CLEVER TOGETHER」のテクノロジー

 

 「Clever Together(共に賢く)」では、様々な問題に対する国際的な強力な協力関係が、病気や気候変動、エネルギー不足に対処するための技術的なブレークスルーの原動力となっています。貿易と外国からの直接投資は、あらゆる方向に技術を広め、開発途上国の人々にとって製品を安価にすることで、さまざまな技術へのアクセスを広げています。協力と透明性のある雰囲気の中で、国家や地域は大規模なデータセットから洞察を得て、財源や環境資源の管理や配分を大幅に改善することができます。

 

私たちが見るかもしれない技術のトレンドとアプリケーション

 

・ナノセンサーやスマートネットワークを介してデータを取得するコストは急激に低下します。多くの発展途上国では、このことが、ガバナンスを改善し、政府資源のより効率的な利用を可能にする「スーサーベイランス」メカニズムなど、新たな有用なサービスの普及につながっています。

 

・都市部では、インテリジェントな電気、配水、交通システムが発達している。こうした「スマートシティ」では、2010年代後半にはインターネットへのアクセスが基本的な権利として認められるようになる。

 

マラリアワクチンが開発され、開発途上国で何百万人もの命を救うために広く展開される。

 

・低コストでマインドコントロールが可能な義肢装具の進歩により、開発途上国に住む全世界の80%の切断者が救われました。

 

・ポリマーやナノ粒子などの材料の進歩により、太陽光発電の効率が大幅に向上しています。政府の補助金マイクロファイナンスを効果的に組み合わせることで、太陽光発電は農業用の海水淡水化からWi-Fiネットワークまで、あらゆるものに利用されています。

 

・柔軟で迅速なモバイル決済システムは、開発途上国のダイナミックな経済成長を牽引していますが、先進国では銀行の利害関係や規制の定着が妨げとなっています。

 

「CLEVER TOGETHER」における一日

 

 チューリッヒにある世界食肉科学研究所の机の横に立って、アレクは助手が差し出したばかりのステーキを一口食べて、よく考えて噛んだ。これはただのステーキではない。研究していたのだ。アレックと彼の研究チームは、牛肉のような味でありながら、実際には50%の肉しか含まれていない新しい食肉製品を作るために、何ヶ月もかけて研究を続けてきた。残りの半分は、合成肉、強化穀物、ナノフレーバーの組み合わせである。この組み合わせの「正しい」配合を見つけるために、研究所の従業員はここ数週間、24時間体制で仕事をしていた。そして、アレクの顔を見れば、彼らの仕事は終わっていなかった。"味はまだ数度ずれている "と彼は彼らに言った。"コフィとアラナはこの食感を高めるために何ができるか考えてくれ"

 

 チームが研究室のベンチに戻っていくのを見ていたアレクは、自分たちが発明した新しい食肉製品を発表するのは、そう遠くないだろうと確信していた。そして、実際、アレクの自信は非常に根拠のあるものだった。その理由の一つは、彼の研究室には、世界中から集まった食品科学の世界最高の頭脳が揃っているからです。彼はまた、世界的な味覚の嗜好から食肉の流通パターンまで、一見無限と思われる量のデータや情報にアクセスすることができ、研究室の研究画面を数回タッチするだけで(昔の不便なコンピュータやキーボードよりもはるかに簡単に)、1800年代から現在に至るまで、食肉科学や関連分野で行われた研究のすべての部分に瞬時にアクセスすることができました(文字通り、現在の投稿された科学的研究へのアクセスは、わずか1.3秒遅れでほぼ瞬時に行われました)。

 

 アレクには強いモチベーションもありました。2023年には、数十年前に比べて、食肉科学、つまりすべての科学が、より刺激的で、やりがいのあるものになっていることは間違いありませんでした。一匹狼」の科学から、世界的に協調されたオープンプラットフォームの研究へと移行したことで、あらゆる分野での画期的なアイデアや開発のスピードと普及が大幅に加速したのです。その結果、科学者たちは、これまでは難解に見えていた地球規模の問題に対処するために真の進歩を遂げています。

 

 しかし、他の傾向は、特に食品の研究に彼の全キャリアを費やしていた科学者に厄介だった。子供たちが空腹であるために使用される世界中の都市や村では、高カロリーの食事へのアクセスは、肥満や糖尿病の発症率の驚くべき増加を生み出していた。特に肉の需要は増加していましたが、地球上に動物を増やせば、メタンの排出量が増えたり、水需要が急増したりと、様々な問題が発生していました。そこでアレックは、必要性と機会の両方を感じました。本物の肉の含有量を減らした健康的な代替品を作ることで、地球上の肉の供給をさらに増やすことができないか?

 「アレク、新しいバージョンを試してみてくれ」と、研究室の向こうからコフィが叫んだ。早いな、と思ったアレクは、机の中をフォークを探し回った。

 

ハック攻撃

 

 政府が弱体化し、犯罪が多発し、危険な技術革新が起こる経済的に不安定で衝撃的な世界 

 

 9月11日、2004年の東南アジアの津波、2010年のハイチ地震のような壊滅的な衝撃は、確かに世界が突然の災害に備えていました。しかし、誰も準備をしていなかった。「アレク、新しいバージョンを試してみてくれ」と研究室の向こうからコフィが叫んだ。アレクは、大規模な大災害が息を呑むような頻度で発生する世界を想定して、机の周りをフォークを探し回りながら、早かったと思いました。年から2020年までが「破滅の10年」と呼ばれたのには理由がある。1万3千人が死亡した2012年のオリンピック爆弾テロ、4万人が死亡したインドネシア地震ニカラグアをほぼ全滅させた津波、1000年に一度の干ばつが気候変動と結びついたことで引き起こされた西中国大飢饉の発生などがそれに続いた。

 

 驚くことではないが、この最初の一連の致命的な非同期的な大災害(他にもあった)は、10年に入ってもまだ不況の中にあった世界経済に多大なプレッシャーを与えた。大規模な人道的救援活動には莫大な資金が必要であったが、援助機関から先進国政府に至るまで、主要な資金源は提供できる資金を使い果たしてしまった。ほとんどの国民国家は、より多くの安全保障、より多くの医療保険、より多くの社会プログラムとサービス、より多くのインフラの修理を求める市民の要求の高まりに対応することはおろか、もはや固定化された費用を負担する余裕がなかったのである。2014年、リマで発生した土砂崩れで何千人もの人々が埋まってしまった時には、最低限の支援しか行われず、エコノミスト誌の見出しがついた。「地球はついに破産か?」

 

 このような悲惨な状況は、厳しいトレードオフを余儀なくされた。2015年、米国は国防費の大部分を国内問題に再配分し、復活したタリバンが再び政権を掌握したアフガニスタンから撤退した。ヨーロッパ、アジア、南米、アフリカでは、ますます多くの国民国家が、市民を助け、安定と秩序を維持する能力とともに、財政のコントロールを失った。資源不足と貿易紛争は、深刻な経済的・気候的ストレスと相まって、多くの同盟やパートナーシップを限界点に追い込み、発展途上国の資源が豊富な地域では代理戦争や低レベルの紛争を引き起こした。各国は、輸入から自国の国内部門を守るために貿易障壁を引き上げ、世界的な食糧不足と資源不足に直面して、農産物やその他の商品の輸出を減らした。2016年までには、ポスト・ベルリンの壁の世界を特徴づけていた世界的な協調性と相互接続性は、せいぜい弱くなっていた。

 

 政府の権力が弱まり、秩序が急速に崩壊し、セーフティネットが蒸発していく中で、暴力や犯罪が横行するようになった。民族的、宗教的、階級的に分裂している国では、特に敵対心が急増した。ナクサライトの分離主義者が東インドでゲリラ活動を劇的に拡大し、イスラエルパレスチナの流血がエスカレートし、アフリカでは資源をめぐる争いが民族や部族の境界線に沿って勃発した。その一方で、過大な税金を投入した軍隊や警察は、犯罪者やテロリストのコミュニティが勢力を拡大していくのを食い止めることはほとんどできなかった。テクノロジーを駆使したギャングやネットワーク化された犯罪企業は、国家の弱点と個人の自暴自棄の両方を利用していた。これらの「グローバル・ゲリラ」は、生産国の貧しい国から先進国の市場へと、地下ルートを介して違法な製品を移動させることを容易にしました。引退した727型機やその他の不正な航空機を使って、彼らは南米からアフリカまで大西洋を横断し、コカイン、武器、工作員を輸送しました。麻薬と銃の資金は、絶望的に貧しい人々のための一般的なリクルートツールとなりました。

 

 また、犯罪ネットワークは、リバースエンジニアリングによるライセンス品の偽造に非常に長けていました。これらの「リップオフ」や模倣品の多くは、質が低いか、まったく危険なものであった。脆弱な保健制度、汚職、基準への不注意(国内でも世界保健機関(WHO)のような世界的な組織でも)という状況の中で、アフリカのいくつかの国の公衆衛生制度に汚染されたワクチンが入ってきた。2021年には、コートジボワールで600人の子どもたちが偽のB型肝炎ワクチンによって死亡したが、その数年後に汚染された抗マラリア薬による大量死に端を発したスキャンダルに比べれば、その数は微々たるものであった。死亡者とその結果としてのスキャンダルは、ワクチン接種に対する国民の信頼に大きな影響を与えました。

 

「我々は強い中央国家との恋愛感情を持っていますが、それが唯一の可能性ではありません。 テクノロジーがこれまで以上にアフリカのために実現します。 ルワンダと同様にソマリアにも同じ携帯電話普及率があります。 その点で、ソマリアは機能します。」 – Aidan Eyakuze、国際開発協会、タンザニア

 

 子どもへのワクチン接種を避けるようになり、乳幼児や子どもの死亡率が1970年代以降には見られなかったレベルにまで上昇するまでには、それほど時間はかかりませんでした。 

 

 テクノロジー系のハッカーも懸命に仕事をしていました。インターネット詐欺やマルチ商法が受信箱を悩ませていました。一方、より洗練されたハッカーたちは、フィッシング詐欺やデータベース情報の強奪によって企業、政府システム、銀行を破壊しようとし、多くの成功を収めて数十億ドルの損失を出しました。自身と知的財産を守るために必死になっていた少数の多国籍企業は、いまだに繁栄を続けていたため、強力で複雑化する防御策を実施しました。特許出願が急増し、特許の森が増殖し、企業はわずかなイノベーションでさえも主張し、支配しようと戦いました。セキュリティ対策と審査が強化されました。

 

 この「ワイルド・ウエスト」環境は、イノベーションに大きな影響を与えました。ハッキングされる脅威や、多くの盗難や偽物が存在することで、「私も」ではなく「私が先に」技術を開発するインセンティブが低下したのです。また、多くの特許が密集しているために、アイデアや研究の交配はせいぜい難しくなっていました。ブロックバスター医薬品はすぐに過去の遺物となり、ジェネリック医薬品の増産に取って代わられました。画期的なイノベーションはまだ様々な産業で起こったが、それらは簡単に複製またはリエンジニアリングすることができない技術に焦点を当てていた。また、一度生み出された技術は、発明者、さらには国によって厳重に守られている。2022年には、ブラジルでのバイオ燃料のブレークスルーは国宝として保護され、他国との貿易交渉の切り札として利用されるようになった。

 

 あらゆるものの真正性を確認することは、ますます困難になっていました。認知された安全性と承認のシールを作成しようとするいくつかの企業や NGO の英雄的な努力は、それらのシールでさえもハッキングされたときには効果がないことが証明されました。携帯電話やインターネットの革命がもたらしたプラスの効果は、詐欺やウイルスの蔓延によって脆弱性が増したことで相殺され、これらのネットワークが発展途上国経済の基幹となるために必要とされる信頼性や、誰もが信頼できるa情報源となるために必要とされる信頼性を得ることができなくなったのです。

 

 興味深いことに、「ハッキング」のすべてが悪いことだったわけではありません。遺伝子組み換え作物GMO)やDO-IT-Yourself(DIYバイオテックは、裏庭やガレージでの活動となり、重要な進歩を生み出した。2017年には、欧米の多国籍企業で働いた後に母国に戻ってきたアフリカの科学者たちのネットワークが、大陸の農業生産性を高める新しい遺伝子組み換え作物の第一弾を発表した。

 

 しかし、このような努力にもかかわらず、世界の「持てる者」と「持たざる者」の格差はこれまで以上に拡大した。ニューヨークからラゴスまで、ゲート付きのコミュニティが誕生し、スラム街に囲まれた安全な場所が提供された。2025年には、家を建てるのではなく、武装した人員で守られた高い壁に囲まれた要塞を建てることが一般的になった。富裕層はまた、先進医療やその他の潜入捜査活動を実験するために緩い規制環境を利用した。

 

 混沌とした状況から抜け出すことができない人々、つまりほとんどの人々は、自分たちが見つけられる「安全」な場所へと退却した。機会が凍結され、グローバルな移動がほぼ停止状態にある中で、より多くの人、特により多くの貧しい人々を必要とする場所はなかったため、家族の絆や宗教的な信念、あるいは国への忠誠心など、慣れ親しんだものへの退却がしばしば行われた。信頼は、安全と生存を保証してくれる人たちに与えられていた-それが武将であれ、福音派の伝道師であれ、母親であれ。ある地域では、国家の能力の崩壊が封建主義の復活をもたらした。他の地域では、人々は以前の大規模なシステムの孤立したミクロ版として運営されていた、より弾力性のあるコミュニティを作ることに成功した。国の政府が弱体化したことで、草の根運動が形成され成長し、暗闇の中に希望の光が差し込むようになった。2030年までには、「先進国」と「発展途上国」の区別は、もはや特に説明的ではなく、関連性のあるものではなくなっていた。

 

「ハック攻撃」のヘッドライン

f:id:kazzhirock:20200723193058p:plain

  • ミレニアム開発目標の2020年への押し戻し(2012年)
  • マイノリティと移民に対する暴力がアジア全域で急増(2014年)
  • ラテンアメリカで繁栄するイスラムテロネットワーク(2016年)
  • マラリア薬物スキャンダルでコンゴの死者数が1万人を突破(2018年)
  • 国境内に閉じ込められた国境のない医師 (2020年)
  • 資源制約に悩む国々の合成生物学のスケールアップ競争(2021年)
  • インド・パキスタン水争勃発(2027年)
  • 将軍家が東南アジアのコミュニティに生薬をばら撒く(2028年)

 

「ハック攻撃」における慈善事業の役割

 

 慈善事業とは、変化をもたらすことよりも、安定を促進し、生存に必要な基本的なニーズに対応することを目的としている。慈善事業組織は、草の根レベルで緊急の人道的活動を支援するために動き、現地で変革の触媒となる「ハッカー」やイノベーターを特定することで「ゲリラ・慈善活動」を行う。しかし、プロ社会的起業家を見極めることは、詐欺や詐欺が多い中での検証が困難であるため、難しい課題である。

 

 この世界での運営モデルは「要塞モデル」と呼ばれるもので、慈善団体は不正行為や信頼の欠如に対抗するために、強力な単一のユニットに合体する。慈善団体の最大の資産は、評判、ブランド、法的・財務的能力であり、脅しや不安定化を防ぐことができる。また、慈善事業は、あまりグローバルではないアプローチを追求しており、母国やよく知っていて安全だと思われる数カ国での活動にとどまっている。

 

「ハック攻撃」のテクノロジー

  市場へのアクセスや知識の作成と共有への障害が高まると、技術革新のペースが遅くなります。 既存のテクノロジーをクリエイティブに転用することは、良いものも悪いものも、広く普及しており、元のイノベーションに対する偽造やIP盗難のインセンティブが低下しています。 貿易紛争と資源不足の世界では、多くの努力がもはや利用できないものの代替品を見つけることに集中しています。 広範にわたる不安は、侵略と保護のツール(仮想および肉体的)と、生命のストレスから快楽主義的な脱出を可能にするテクノロジーが高い需要があることを意味します。

 

私たちが見るかもしれない技術のトレンドとアプリケーション

 

・19 世紀に合成化学物質が台頭したことを反映して、合成生物学は、多くの場合、国の資金援助を受けて、希少になった資源や食料を「育てる」ために利用されています。

 

・兵器化された生物病原体や破壊的なボットネットのような新たな脅威が世間の注目を集めていますが、AK-47 のような不朽の技術もまた、世界的なゲリラが選択した武器であり続けています。

 

・インターネットはスパムやセキュリティ上の脅威にあふれ、違法行為、特に政府が活動を監視、特定、制限することができない「ダーク・ウェブ」での活動との関連性が強くなっています。

 

・2017年にハッカーによって盗まれた網膜の記録のデータベースは、2020年代半ばになっても「大規模な」多数の偽の身分証明書を作成するために使用されています。

 

・美容整形手術の費用が下がり、ランチタイムのフェイスリフトのような処置は、新興の中間層の間で日常的になっています。

 

「ハック攻撃」における一日

 

 トレントは、政府の諜報員としての過去の経験が、まさか博愛主義に変わるとは思ってもいませんでした。しかし、欺瞞と詐欺に満ちた世界では、事実と虚構を見分け、迅速かつ深い現地の知識を開発する彼のスキルは、非常に高く評価されていました。ボツワナは、かつては良好なガバナンスで賞賛されていたが、ここ数年で法律や制度が崩壊し、汚職が増加している国であった。トレント氏の指示はシンプルでした。それは、機能不全(トレント氏の目に見えていた)に焦点を当てるのではなく、混沌とした中から何が実際に機能しているのかを見極めることでした。賢くて優れていて、他の場所でも採用されたり、実施されたりする可能性のある地域のイノベーションや実践を見つけることである。"ゲリラ的慈善活動 "と呼ばれていたが、彼はこの言葉を気に入っていた。

 

 彼のボツワナへの旅は、控えめに言っても大変なものでした。最近では定刻通りのフライトは珍しく、着陸許可の不備で3回も飛行機を迂回させられました。ガボローネ空港では、税関と入国審査を通過するのに6時間かかりました。空港には職員がおらず、当直の職員は彼のビザを精査したり、再審査したりするのに時間がかかりました。ボツワナには、先進国の多くが空港や国境沿い、政府の建物に豊富に設置しているハイテクな生体認証スキャン検査場がありませんでした。空港を出ると、トレントは警察官の肩に掛けられた銃だけでなく、一般の人が持っている銃の多さに衝撃を受けた。片腕に赤ちゃんを抱えた母親が、もう片方の腕にはAK-47を持っているのを見たこともありました。20年前、大使館員として赴任していた頃のボツワナではなかったのです。

 

 彼を雇った組織は"ゲリラ的慈善活動 "と呼んでいたが、それは思っていたよりも正しかったようだ。ガボローネで何週間も手がかりを追った後、不運にもカラハリ砂漠を一人で何キロもハイキングした後、トレントはチョベの森の奥深くまで旅をしていることに気がついた。情報提供者の一人が、森の北側の境界を流れるチョベ川のほとりに、頭のいい若者たちがバイオテクノロジーの研究室を設立したことを教えてくれた。森の賄賂ではなく、助成金を得るための資金も十分に用意されていた。トレントはまた、ボツワナで非常に活発で影響力を持つようになったロシア・マフィアや中国の三叉路を含む国際的な犯罪組織に誘拐されないように、身元を隠すことにも気をつけていました。しかし、彼はようやく研究室にたどり着くことができましたが、その研究室は地元の銃の領主の保護下にあることを後に知りました。予想通り、偽造ワクチンが製造されていました。しかし、GMOの種子も同様でした。そして、合成タンパク質。そして、彼を雇った人々が知りたいと思うであろう他の多くの革新。

 

スマートスクランブル

 

 経済的に不況に陥った世界で、個人や地域社会が問題を解決するために、地域に根ざしたその場しのぎの解決策を開発しています。

 

 2008年に始まった世界的な景気後退は2010年には収束せず、その後も続いた。市場や経済を活性化させようとする積極的な試みは効果がなかったし、少なくとも着実に下降している状態を逆転させるほどのスピードではなかった。先進国を覆っている民間と公的債務の重荷は、先進国でも、(かつては)豊かな市場への輸出に依存していた途上国でも、経済活動を低下させ続けています。経済活動を押し上げることができないまま、多くの国で債務が深化し、市民不安や犯罪率が上昇した。米国もまた、債務の深化、市場の衰退、政府の混乱により、国際舞台での存在感と信頼性の大部分を失った。その結果、米国の継続的な力に依存して始まった、あるいは米国の継続的な力に依存して始まった多くの国際的な協力関係が、分断されたり、崩壊されたりすることになったのである。

 

 また、社会の安定性がより不安定になっている中国も問題となっていた。落ち込んだ経済活動と中国の急成長による生態系への影響が相まって、1989年以来の不安定なバランスがついに崩れ始めたのである。中国は、国内の深刻な政治的・経済的不安定さをどうにかすることに集中していたため、アフリカをはじめとする発展途上国への投資を大幅に削減した。実際、アフリカへのほぼすべての外国投資、そして最貧国への正式な、制度的な援助やその他の支援の流れは、最も深刻な人道上の緊急事態を除いて、削減された。全体的に経済の安定性は非常に不安定で、突然の気候ショックやその他の災害が発生すれば、世間を騒がせる可能性が高いと感じていました。幸いなことに、大きなショックは起こらなかったが、将来的には起こりうるという懸念は残っていた。

 

 誰もが未来のことを考えている暇はなく、現在の課題はあまりにも切迫していた。先進国では失業率が急上昇した。外国人恐怖症も同様で、企業や産業界は限られた仕事を母国生まれの市民に与え、外国生まれの応募者を敬遠していた。先進国に定住していた多くの移民が、彼らを惹きつけていた経済的な機会が、今ではせいぜいわずかなものになっていることに突然気付いた。2018年までには、ロンドンは移民が流出し、彼らは教育とスキルを持って母国に戻っていった。逆移住は、社会的にも文字通りにも、出発のコミュニティに穴を残し、移民がかつて所有していた店が空っぽになった。

 

 そして、彼らの故郷は彼らを必要としていた。発展途上国の全域、特にアフリカでは、経済的な生存は地域の手にしっかりと委ねられていた。公式な」組織化されたルートからの援助や援助はほとんどなく、強力な貿易や外貨収入がない中で、ほとんどの人々や地域社会は、自分自身を、そしてますます互いに助け合うしかなかったのである。しかし、「生存」と「成功」は、国だけでなく、都市や地域社会など、場所によって大きく異なっていた。破綻した州内のコミュニティが最も苦しんでおり、貧困層はさらに貧しさを増していた。多くの場所では、政治的リーダーシップの失敗、経済的弱さと社会的対立のストレスが、人々が悲惨な状況を乗り越える能力を抑制していた。

 

 驚くことではないが、開発途上国の多くの地域では、ITや貿易のような資源への アクセスや入手可能性がより限られ、都市部以外の居住者にとっては生存と自給がより困難になったため、 農村と都市の間の格差が拡大した。かつては1つの家族や1つの村、1人の学生と他の場所にいる相手との間の架け橋となっていたコミュニケーションや交流(電子メールから電話、ウェブへの投稿に至るまで)は、信頼性を低下させていた。インターネットへのアクセスは、必要なインフラを構築するために必要な投資額が単に存在しなかったこともあって、2010年の状態をはるかに超えるまでには進展していませんでした。携帯電話のタワーや光ファイバーケーブルが故障した場合、修理が数ヶ月、あるいは数年遅れることもしばしばありました。その結果、特定の地域の人々だけが最新の通信機器やインターネット機器を利用できるようになり、他の人々はそのような接続がないために孤立化してしまいました。

 

イデアの広がりはコミュニケーション、仲間のグループおよび練習の共同体へのアクセスに依存する。誰かが何かを作るためにブループリントを持っていても、材料やノウハウを持っていないかもしれません。このような世界では、どのようにしてこれらのコミュニティの間で研究のエコシステムを作るのでしょうか??」 –ホセゴメスマルケス、MITのInternational Health Initiative(IIH)のイノベーション担当プログラムディレクター

 

 しかし、明るい兆しもあった。インドネシアルワンダ、トルコ、ベトナムなど、2008~2010 年の危機以前にすでに経済が自立し始めていた発展途上国の先進地域では、政府の能力が向上した。天然資源へのアクセスが良く、多様なスキルセットがあり、重複する制度が充実している地域は、他の地域よりもはるかに優れていた。これらの裕福な場所でのイノベーションの多くは、既存の機器や技術を特定の文脈に より適応できるように修正することに関係している。しかし、人々はまた、生存能力を向上させ、場合によっては全体的な生活水準を向上させるために、技術的および非技術的な新しい方法を発見したり、発明したりしていた。アクラでは、ガーナから帰国したMITの教授が、再定住した製薬会社の研究者と協力して、結核に対する安価な食用ワクチンを発明し、大陸全体の小児死亡率を劇的に減少させた。ナイロビでは、帰国者たちが地元の「万人のための職業教育」プロジェクトを立ち上げたが、このプロジェクトは大成功を収め、すぐにサハラ以南のアフリカの他の地域でも再現されるようになった。

 

 水の浄化からエネルギーの利用、作物の収穫量の向上、病気の管理まで、すべてに対応した、その場しのぎの「これで十分」な技術ソリューションが、ギャップを埋めるために登場しました。コミュニティはますます逼迫していきました。マイクロマニュファクチャリング、共同庭園、パッチワーク型のエネルギーグリッドなどが、地域レベルで地域の目的に合わせて作られた。多くのコミュニティは生協のオーラを帯び、地域の貿易を促進し、コミュニティをより緊密にするために通貨を発行するところもあった。インドでは、地域に根ざした実験が増殖し、成功したり失敗したりしたが、国の他の地域や世界にはほとんど影響を与えなかった。

 

 これらの動きは励みになる一方で、フラストレーションも溜まっていた。持続的な貿易やFDIのチャネルがなければ、現地での実験やイノベーションは規模を拡大することも、全体的な成長を後押しすることもできませんでした。模索している人にとっては、創造的なソリューションを見つけたり、アクセスしたりすることは困難でした。さらに、互換性のある技術標準がないために規模拡大が阻害され、イノベーションの複製が困難になっています。中国の農村部で開発されたアプリは、インドの都市部では機能しなかった。

 

 政府や慈善団体の支援が弱かったにもかかわらず、一部の地域では高速インターネットアクセスが徐々に登場し、開発途上国の孤立した地域の学生が、文字やビデオなどのメディアを通じて知識や指導を受けることができるようになった。しかし、現地の製造技術や能力がまだ十分ではない地域では、具体的なデバイスや製品、イノベーションの開発は遅れ続けていた。より複雑なエンジニアリング・ソリューションの開発と普及は、さらに困難であることが判明しました。

 

 2025年までには、研究と共有のエコシステム(その多くは「バーチャル」)が出現し始め、コラボレーショ ンはようやく改善されてきました。しかし、世界的な経済統合とコラボレーションに大きな進展がなければ、多くの人が、優れたアイデアは孤立したままであり、生存と成功はグローバルや国家的な現象ではなく、ローカルな現象に留まるのではないかと心配していました。

 

「スマートスクランブル」でのヘッドライン

f:id:kazzhirock:20200723200914p:plain

  • 東南アジアの国立医科学研究所は、在来病のための新しい診断法を前触れしている(2013年)
  • 低コストの浄水装置でインドで下痢による死亡者数が半減(2015年)
  • 中国政府は抗議が250都市に広がると圧力をかけられる(2017年)
  • 「帰国子女」イノベーターがホームマーケットを超えた販売拡大に奮闘(2020年)
  • 飢饉がエチオピアを襲う(2022年)
  • サハラ以南のアフリカにおけるVCの支出は3倍に増加(2025年)
  • Maker Faire Ghanaは「アイドル」フランチャイズと提携し、若いイノベーターにスポットライトを当てる(2027年)

 

「スマートスクランブル」における慈善事業の役割

 

 慈善事業組織は、より迅速に人々にリーチし、短期的な問題を解決するために、草の根レベルでの資金提供に目を向けています。この世界のメタゴールはスケールアップであり、個人から組織に至るまでのキャパシティを特定し、構築することである。フィランソロピーには、高度にローカライズされた解決策を特定するための鋭いスクリーニング能力が必要であり、専門知識の専門的なポケットを持つことで、パートナーシップをより困難にし、セクター間や課題間の移行をより困難にしている。

 

 慈善活動の運営は分散化されており、本部の重要性は低く、世界のさまざまな地域に迅速にアクセスし、短期間でチームを再構成できる能力が鍵となります。オフィススペースは月や年単位ではなく、日や週単位でレンタルされています。

 

「スマートスクランブル」のテクノロジー

 

 経済的・政治的な不安定さが先進国の社会を分断し、技術開発のための資源が減少し、優秀な移民が出身国に戻ることを余儀なくされています。その結果、能力と知識がより広く分散され、自分でできる小さなイノベーションが数多く生まれるようになりました。ローテクで「十分」なソリューションは、あらゆる材料やデザインを組み合わせて作られています。しかし、海外からの直接投資による最先端技術の移転は稀である。広範なイノベーション・エコシステム(資本、市場、安定したインターネットへのアクセス、ローカル・スタンダードの普及など)の構造的な欠陥が、より広範な成長と発展を制限しています。

 

私たちが見るかもしれない技術のトレンドとアプリケーション

 

・エネルギー技術の改善は、風力や地熱エネルギーの生成と分配において地域的な改善が見られるものの、新世代技術よりも効率性、すなわち既存の電力源からの利益をより多く得ることに重点が置かれている。

 

・世界的な医薬品サプライチェーンの崩壊は、多くの発展途上国の病院の調剤薬局抗生物質に取って代わり、現地でバイオエンジニアリングされた超強力なホメオパシー治療薬の出現を加速させている。

 

3Dプリンターを使ったマイクロマニュファクチャリングの普及により、エンジンや機械の代替部品の製造が可能になり、壊れた貿易リンクを補うための「永久メンテナンス」が可能になる。

 

・メガシティでは、新たな都市生活者が不足する食糧を補い、農業の伝統を維持しようとするため、庭の割り当てが急増している。

 

・技術的に先進的なコミュニティは、高速インターネットアクセスを確保するためにメッシュネットワークを使用しているが、農村部の貧困層のほとんどはアクセスから切り離されたままである。

 

「スマートスクランブル」における一日

 

 リディが一人で乗っていた6人乗りのボロボロの飛行機が突然揺れた.彼女はうめき声をあげて肘掛けをつかみ、飛行機が急激に傾斜してから最終的に滑らかな飛行経路に落ち着くまで持ちこたえた。リディは小さな飛行機が嫌いだった。しかし、最近ではアフリカを横断する民間ジェット機は非常に少なく、彼女には多くの選択肢がありませんでした。エリトリア人として生まれたリディは、社会起業家として、自国大陸の未来にとって重要な使命を担っていましたが、飛行機の飛行に耐えることは、不幸なことでしたが、必要な犠牲でした。リディの目標は、技術者の小さなチームと協力して、アフリカ全土で生まれつつある良いアイデアイノベーションを、より早く、いや、本当の意味で広めていくことでした。

 

 そのためには、リディの仕事は大変なものでした。特に、アフリカ全土でのインターネットアクセスのばらつきや、2025年には広まっている近視眼的な視点を考えると、その影響を加速させ、拡大させることは容易ではありませんでした。彼女は以前は、良いアイデアをどうやって大陸から大陸へと拡大していくかを心配していましたが、最近では、それを20マイル先まで拡大していくことが大きな成功だと考えています。そして、創造的な冗長性は衝撃的でした。ちょうど先週、マリで、リディは生協が干ばつに強いキャッサバを開発している農家と一緒に過ごしました。彼らは自分たちの努力を非常に誇りに思っていたし、それにはそれなりの理由があった。リディは彼らに、彼らの仕事は確かに素晴らしいものだったが、それはすでに行われていたことだと言う気にはなれなかった。何度か、いくつかの異なる場所で。

 

 何度も飛行機に乗っている間,リディは何時間も窓の外に出て,眼下に広がる村や都市を眺めていた。リディは、それらの場所の革新者たちに、自分たちが発明しているのではなく、すでに使われている道具、商品、プロセス、慣行を独自に再発明していることを知らせる簡単な方法があればいいのにと思っていた。アフリカに欠けていたのは、素晴らしいアイデアや才能ではない。欠けているのは、これらの点をつなぐ方法を見つけることだったのです。だからこそ、彼女は再びこのガタガタした飛行機に乗ってチュニジアに向かったのです。彼女と彼女のチームは今、アフリカ全域でのメッシュネットワークの普及に力を注いでいます。これにより、インターネットにアクセスできない場所でもノードを共有して接続し、最高のイノベーションを共有して拡大できるようになりました。

 

(翻訳ここまで)

 

 

感想などはまた次回。

 

また。

 

↓良ければポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキング